スバルレヴォーグのカタログ燃費と実燃費は?

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する
えりか
ここあちゃ~ん、助けて~!
ここあちゃん
ど、どうしたの?
えりか
今日ね、友達が車を買い替えるからって燃費の話になったの。

そしたら、なぜか私が燃費の事調べる事になっちゃって・・・

ここあちゃん
何でそうなったのさ。
えりか
たぶん私が「すぐに調べられるんじゃない?」って言ったからだと思うけど・・・
ここあちゃん
あ~・・・そういう事。

で、どんな車の事、調べる事になったの?

えりか
スバルのレヴォーグ・・・です。

ここあちゃん、教えてくれる?

ここあちゃん
仕方ないなぁ。ここあちゃんが助けてあげよう!
えりか
ありがとう!

ここあちゃん!

スバルのレヴォーグってどんな車?

引用:スバル公式HPより

ここあちゃん
それじゃあまずは、スバルのレヴォーグの事からね。

レヴォーグはSUBARU(旧 富士重工業)が生産・販売をしているステーションワゴンです。

レヴォーグ(LEVORG)の名前3個の英単語「LEGACY」(受け継いだもの)「REVOLUTION」(変革)「TOURING(ツーリング)の組み合わせで出来た造語になります。

スバルのステーションワゴンのモデルは元々レガシィが担っていたのもあり、この名前にはそのレガシィの後続車として、新しい時代を切り拓くという意味があります。

レヴォーグは2013年11月に東京モーターショーで日本向けの車種として販売する事を明らかにしました。

2014年4月にレヴォーグ(初代)を発表して、同じ年の6月に発売2020年まで販売されていました。

2014年10月には「グッドデザイン賞」を受賞しています。

スバルの車としては2012年の「インプレッサスポーツ/G4」と「SUBARU XV」2013年の「フォレスター」に続いて3年連続で受賞しました。

2020年から販売を開始した新型レヴォーグが2代目となり、現行車です。

キャッチフレーズは「すべての移動を感動に変えるクルマ」で、そのパワフルな走りは旅行や高速道路などの長距離を走行するのに向いています。

「BOLDER」という新しいデザインコンセプトエクステリアに量産車としては初めて採用されました。

初代のレヴォーグに2種類あったエンジン新しく開発された1.8L直噴ターボ”DIT”エンジンのCB18型のみとなりました。

「平成30年排出ガス基準25%低減レベル(☆☆☆)」認定も取得しています。

「2020年~2021年の日本カー・オブ・ザ・イヤー」も受賞しました。

レヴォーグはスバルの中でも発売から今もなお人気が高い上品でスポーティな車です。

えりか
スゴイ!レヴォーグっていろんな賞を受賞してるのね!

レヴォーグのグレードには何がある?

 

グレード駆動式乗車人数エンジン
GTAWD5人1,800cc
GT-EXAWD5人1,800cc
GT-HAWD5人1,800cc
GT-H EXAWD5人1,800cc
STI SportAWD5人1,800cc
STI Sport EXAWD5人1,800cc

レヴォーグの価格は一番スタンダードの「GT」で310.2万円(本体価格)~最上級モデルの「STI Sport EX」で409.2万円(本体価格)となっています。

ボディーカラーのバリエーションも多くGTグレードは7色STIグレードは8色となっています。

えりか
カラーバリエーションが豊富にあるのは嬉しいポイントよね!

レヴォーグのボディーサイズは?

引用:スバル公式HPより

レヴォーグのボディーサイズと室内サイズは次の通りです。

全長全幅全高
ボディーサイズ4,755mm1,795mm1,500mm
室内サイズ1,900mm1,515mm1,205mm

この室内サイズはカーゴルームのサイズが含まれていない事が多いそうです。

そのカーゴルームのサイズ

荷室の開口幅1,055mm(最も広い場所の幅1,120mm)

荷室の高さ(リアシートの直ぐ後ろ)771mm

4:2:4のリアシート(2の部分を倒して出来る幅)220mm

となっています。

カーゴルームの容量VDA法で561L、その内訳は、カーゴルームの床面が492L、サブトランク(床の下の部分)69Lとなっています。

カーゴルームは広い開口部なので、荷物の積み下ろしも楽に出来ると思います。

そのカーゴルームを開きたい時に、荷物などで手が塞がっている時などに便利な機能として、「ハンズフリーオープンパワーリアゲート」というものがあります。

これはアクセスキーを持っている状態で、後部の六連星オーナメントに腕や肘などの体の一部を近づけるとリアゲートが自動で開いてくれます

引用:スバル公式HPより

えりか
リアゲートを開く時に使うのがスバルのオーナメントだなんて面白いね!
ここあちゃん
そうだね。

レヴォーグの燃費ってどうなの?

 

レヴォーグのカタログ値燃費は次の通りです。

グレードJC08モードWLTCモード
GT16.6km/L13.7km/L
GT EX16.6km/L13.7km/L
GT-H16.5km/L13.6km/L
GT-H EX16.5km/L13.6km/L
STI Sport16.5km/L13.6km/L
STI Sport EX16.5km/L13.6km/L

スバルのHPに記載されているカタログ値燃費にはこれ以外に市街地モード、郊外モード、高速道路モードがあります。

グレード市街地モード郊外モード高速道路モード
GT10.2km/L14.4km/L15.6km/L
GT EX10.2km/L14.4km/L15.6km/L
GT-H10.0km/L14.5km/L15.3km/L
GT-H EX10.0km/L14.5km/L15.3km/L
STI Sport10.0km/L14.5km/L15.3km/L
STI Sport EX10.0km/L14.5km/L15.3km/L

レヴォーグの実燃費は、e燃費(日によって変動します)によると11.43km/Lとなっています。

カタログ値燃費と実燃費では、路面の状況や運転の仕方などが違うため、実燃費の方が3割程度低くなるのが一般的と言われています。

レヴォーグが搭載しているエンジン1.8L水平対向4気筒と言って、燃費的に見れば不利と言われているエンジンです。

それでもスバルのレヴォーグがこのエンジンを使う訳は、安全性が高いからです。

重心が低く、左右重量のバランスが優れているので、安全性の基礎となる操縦の安定性や緊急回避の性能にも優れています。

スバルが優先したのは、燃費性能よりも安全性能だと言えるでしょう

生真面目な日本らしいクルマだと言えます。

燃費よりも走りや安全性を重視したい方にはおススメの車だと思います。

えりか
そうかぁ。レヴォーグは燃費よりも安全を大切にしたんだね。
ここあちゃん
そうだね。

車を運転する時に安定性は無くてはならないモノだからね。

レヴォーグの安全性に関する機能は?

 

スバルのレヴォーグには安全テクノロジーとして、運転支援システムの「アイサイト」が搭載されています

これは、人の感覚を中心に置いて開発されたスバル特有の機能です。

準天頂衛星「みちびき」やGPSなどと高精度の3D地図データを合わせて自分の車の位置を正確に把握して、進行方向の先の細かい道路の情報も認識して、運転手をサポートしてくれます。

そして、このアイサイトにさらに機能を加えた「アイサイトX」という機能もレヴォーグには搭載されています。

この機能の1つとして、渋滞の時のハンズオフ機能があります。

アイサイトが対応している高速道路で時速50km/h以下の速度で運転している時にステアリングから両手を離す事が出来るという機能です。

ただし、この機能は自動運転では無いので、運転手は必ず前を注意して見ていなくてはなりません(よそ見をすると、車が検知して警告されます)。

この他にも安全に運転が出来るようにアシストやサポートしてくれる機能がたくさんあります。

えりか
え!?

ハンドルから手を放しても大丈夫なの?

ここあちゃん
そうなんだ♪

もちろんいろんな制限はあるけど、スゴイ事だよね!

スバルレヴォーグのカタログ燃費と実燃費は?のまとめ

 

  • レヴォーグはSUBARU(旧 富士重工業)が生産・販売をしているステーションワゴンであり、レガシィの後続車である。
  • レヴォーグのグレードには6種類あり、1.8L直噴ターボエンジンを搭載している。
  • レヴォーグのボディーサイズは全長4,755mm 全幅1,795mm 全高1,500mmとなっている。
  • レヴォーグの実燃費は、e燃費によると11.43km/Lとなっている。
ここあちゃん
どうだった?

レヴォーグの事、友達に教えられそう?

えりか
ん~・・・。

なんか燃費の事よりレヴォーグの安定性の事を教えたくなってきた。

ここあちゃん
あはは!

じゃあ、安全性の「ついでに」燃費の事教えてあげなよ。

えりか
あはは!

そうしようかな!

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

本当に得する保険会社をチェックする↓
自動車保険ランキング