スバル レヴォーグの内装・インテリアって?お好みのカスタム装備は?

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する
ここあちゃん
おはよう、えりか!

今日は何をして過ごすんだい?

えりか
そうねぇ。

外は雨模様だし、ドライブ日和ってわけでもないしなぁ・・・

今日は、自分のお部屋の掃除でもしようかしら?

ここあちゃん
なるほどね。

お部屋の話が出てきたし、今回は車のインテリアの話でもしようか?

えりか
ほんとにここあちゃんは、車のお話が大好きなのね。

私に何するかを聞いたのも、ホントは車のお話がしたかったからでしょ?

ここあちゃん
バレたか・・・

実は、最近スバルのレヴォーグの情報を仕入れてね。

ぜひ、えりかとお話ししたいなと思っていたんだ!

えりか

なるほどね、仕方ないなぁ。

じゃあ、今回はここあちゃんの提案にのって、スバル レヴォーグのインテリアの話を聞いてあげましょうか。

レヴォーグとは?

引用:スバル公式HPより

レヴォーグは、スバルから2014年に発売が開始された、5ドアハッチバックタイプのステーションワゴンです。

長年にわたりスバルの代表的な車種であったレガシィの後継車として、車体のコンパクト化を図り、日本国内向けのモデルとして開発されました。

車名のレヴォーグ

  • 「LEGACY:伝承」
  • 「REVOLUTION:変革」
  • 「TOURINGの新しい時代を切り拓く」

という意味が込めら入れている造語で、その名前に恥じないスポーティな走行性能を持ち、長距離のドライブでもストレスを感じにくく、実用性も兼ね備えたツーリングカーに仕上がっています。

ここあちゃん
それじゃあ、今回はレヴォーグのインテリアについて、一緒に見ていこうか!

レヴォーグの運転席、インパネ周りは?

えりか
運転席とインパネ周りは、グレードによって標準装備が用意されているモノが違っていて、かなり印象が変わってくるから、順番に詳しく見ていきましょう!
  • 「1.6GT EyeSight」

引用:スバル公式HPより

ここあちゃん
まずは基本となる1.6GT EyeSight だけど、黒を基調としたシックな印象ながら、差し色で使われているシルバーや青が、キレのあるアクセントになっているんだ。

さらにステアリングカバーには本革巻きを採用していて、基本グレードでありながら、上質なインテリアとして仕上がっているね!

  • 「1.6GT EyeSight Smart Edition」/「1.6GT EyeSight V-SPORT」

引用:スバル公式HPより

えりか
ベースグレードから派生させた1.6GT EyeSight Smart Edition / 1.6GT EyeSight V-SPORT は、アルミパッド付きのスポーツペダルが装備されて、スポーティな印象がより強くなっているわね。

各所に施されたシルバーステッチや、インパネのクロームメッキといい感じでマッチしていて、乗り込むのが楽しみになってくるわよね!

  • 「1.6GT-S EyeSight」/「2.0GT-S EyeSight」

引用:スバル公式HPより

ここあちゃん
さらに1.6GT-S EyeSight / 2.0GT-S EyeSight になると、ハンドル周りとダッシュボードの近くにホワイトのパネルが追加されて、さらに明るくなった印象を受けるね!

「白」と「黒」に差し色で使われている「青」のカラーが、スバルらしさを引き出しているね!

  • 「1.6STI Sport EyeSight」/「2.0STI Sport EyeSight」

引用:スバル公式HPより

えりか
派生型であるSTIスポーツ(STI SPORT)の内装・インテリアは、他のグレードとは一味違って、ボルドーカラー(赤色)が目立つ配色になっているわ。

インパネの差し色、各所に使われているステッチにも赤色が使われていて、これまでのGTグレードとはまた違った雰囲気が味わえるわね。

さらに、各所に「STI」のロゴが施されて入れて、往年のスポーティスピリッツを感じることができるわ!

レヴォーグのユーティリティは?

 

  • USB電源(フロント2+リヤ2)

引用:スバル公式HPより

ここあちゃん
フロントとリアのそれぞれの座席には、前面にポータブルデジタルデバイスの充電が可能なUSB出力電源(DC5V)が備え付けられているんだ。

これで、スマートフォンなどのデジタル機器の充電切れの心配がなくなるよね!

  • ドリンクホルダー(前席)

引用:スバル公式HPより

えりか
ドリンクホルダーは、前席用に2個ついているわね。

蓋がついているから、ドリンクを置かない時は蓋を閉めて、小物を上に置くこともできるわね。

横の部分にも細長いポケットがついているから、スマートフォンやちょっとした冊子ならスッキリ入りそうね。

よく、スマートフォンをダッシュボードの上に置いたりしているのを見かけるけど、これならわざわざスペースを作る必要はなさそうね!

  • フロント大型ドアポケット

引用:スバル公式HPより

えりか
運転席と助手席、両方のドアには大きなポケットがついていて、500mlのペットボトルならスッキリ入るくらいの大きさが確保されているわ。

インパネ周りをササっと掃除できるように、私ならここにハンディモップを入れたいわね!

あとは車内の消臭用にボトルタイプのスプレーを入れたり、サイズが大きいからとても便利そう!

  • リヤシートセンターアームレスト

引用:スバル公式HPより

ここあちゃん
さらに、リアシートにはドリンクホルダー付きのアームレストが収納されているんだ。

必要がないときには閉まっておけるし、引き出す時も取っ手の部分にバンドを採用しているから、邪魔にならないように工夫されているね!

スバル レヴォーグの内装・インテリアって? お好みのカスタム装備は?まとめ

 

  1. レヴォーグは、スバルから2014年に発売が開始された、5ドアハッチバックタイプのステーションワゴン。
  2. 同じくスバル レガシィの後継とも呼ばれる車である。
  3. 運転席・インパネ周りは、グレードによって標準装備が用意されているモノが違う。
  4. ユーティリティも充実していて、利便性もバッチリである。
  5. えりかは、意外とキレイ好きな部分があるようだ。

 

えりか
今回の、スバル レヴォーグについての紹介はどうだったかしら?

レガシィの後継車と呼ばれるだけあって走りもスポーティだし、内装やインテリアも充実しているから、お気に入りの車の一つになりそうよね!

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

憧れの車を買うため、限界値引きの体験談を無料公開!

「車を買い換えよう!」

と思った時に、多くの人はディーラーや販売店に向かいますよね。
えりか
この時、あなたも「できるだけ安く買いたい!」と思いますよね?
私もそうでした。

ちょうどその頃、私も車の買い替えを検討していました。

ですが、私の妹が大切にしていた愛車がタダ同然で引き取られたのを聞いたり、私が以前買い替えた時、自分で中古車販売店を回っていたのがかなり疲れた経験があります。

そういった妹の失敗や自身の経験を教訓にして、
今回はできるだけお得に車を買い換える方法を徹底的に調べ、偶然友人から教えてもらったマル秘テクニックも実践した結果、非常に満足する買い替えができました。

えりか
販売員に言われるままに契約したら絶対に損します。

ほんの少しの工夫で、私は46万円もお得に買い替えられました。

ここまで見てくれたあなたにだけ、こっそり私のテクニックを公開しちゃいます!


私が実践したマル秘テクニックについてはこちらで詳しく紹介しております。

ディーラー下取りは損!?お得に車を買い換えるマル秘テクニックとは?

2020年2月13日


自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

→本当に得する保険会社をチェックする
自動車保険ランキング