【CX-5】マツダの内装は安っぽい?ライバル車フォレスターと比較!!

車を買い換える時に、そのまま愛車を下取りに出すと100%カモられます。

私がお得に買い替えた一括査定を知らない人は一生損しつづけますよ。
えりか
私も早くこの方法で買い替えていたらなぁ、と思いました。

一括査定はスマホでたった45秒でできますし、何より無料で査定してもらえるんですよ!

しかも複数の買取業車が勝手に競ってくれるので、あれよあれよと買取額が吊り上がり・・・結果的には何の交渉もしなくても最高額で売ることができました(笑)

ディーラー下取りより18万お得に買い替えられましたよ。
あなたも私と同じようにお得に買い替えてみませんか?私が利用したサイトはこちらになります。

《車買取》無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪
えりか
ここあちゃ~ん、ちょっと聞いていい?

最近マツダの車に興味がわいてきたんだけどマツダの車どう思う?

ここあちゃん
いい車だと思うよ!

マツダってRX-7とかアテンザアクセラロードスターもあって

ロータリーエンジンとかディーゼルの技術力も高い企業だよね!

えりか
そうだよねぇ、、

なんかマツダってほかの車に比べて高級感がないとか内装が安っぽいとか

そういうウワサが多いんだよね…

ここあちゃん
じゃあ今日はマツダについて調べてみよっか!

まずはマツダの特徴から調べていくね♪

えりか
今日もお願いここあちゃん!!

マツダの特徴や歴史は?

マツダロゴ

引用:マツダ公式HPより

マツダの歴史

1984年5月1日 マツダ株式会社に社名変更した。

1920年に「東洋コルク工業」として創業して、1927年の事業変更にともなって「東洋工業」に社名変更しました。

一方で、自動車のブランド名は1931年から一貫して「マツダ」。

社名とブランド名の違いにより、当初はなかなか社名が浸透しないという問題がありました。

そこで、世界でも一層親しまれる企業を目指して、約57年間使ってきた「東洋工業株式会社」という社名を「マツダ株式会社」に変更した経緯があります。

マツダは東洋コルク工業株式会社(現在:東洋コルク株式会社)という会社から始まった企業で自動車の生産は1931年から開始しています。

トヨタ自動車はおよそ1933年、日産自動車はおよそ1936年から自動車の製造を開始しているので自動車業界に参入した会社として歴史的にみるとマツダは後から参入したわけではないということがわかります。

また、マツダはエンジン開発において、常識では不可能とされていた「14」という圧縮比を実現させました。

そして、昨年発表した次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」では、世界初となる量産用の圧縮着火技術の開発を成功させました。

このようにマツダはロータリーエンジンをはじめとした自動車の技術もほかの企業に劣っていない企業だとわかります。

マツダの特徴と歴史まとめ
  • 1931年から自動車の生産を開始している。
  • マツダは後から参入したわけではない
  • 自動車の技術力は劣っていない
えりか
マツダって初めから自動車作ってたわけじゃないんだ!

技術力も劣ってる感じは全然しないね!

ここあちゃん
そうだね、、

だから逆になんでこういわれちゃうのか気になるね…

ここあちゃん
じゃあ次は実際に内装を見比べて比較しながら確かめてみよっか!
えりか
ならCX-5と比べてほしいな!
ここあちゃん
わかった!

まずはCX-5の特徴から調べるね♪

CX-5とは?

CX-5

引用:マツダ公式HPより

CX-5はマツダ車のクロスオーバーSUV車で2011年にモーターショーに出品され2012年から販売を開始しています。

今年2019年に特別仕様車としてsilk beige selection(シルクベージュセレクション)が追加され、色もポリメタルグレーメタリックという色が追加されました。

またCX-5はガソリン車と軽油車(クリーンディーゼル車)がありクリーンディーゼル車では普通のディーゼル車とは音や乗り心地が大きく違い車検などの費用面でも違いが出てきます。

CX-5に乗るメリットデメリット

メリット
  • ディーゼル車は燃費が優秀
  • パワーがあるのに静かで快適
  • 視点が高く視界が広い
  • 室内空間が広くて快適
デメリット
  • ディーゼル車は購入時値段が張る
  • 車高が高いので立体駐車場には駐車できない
  • 子どもや高齢者の乗り降り、重い荷物の積み下ろしが大変

やはりクリーンディーゼルの存在が大きく購入時の金額はかさんでしまうかもしれませんが、燃費や維持費に大きくつながるので、メリットのほうが大きくなると思います。

クリーンディーゼルについては他に詳しく書いている記事がありますのででそちらもご覧ください

えりか
いいでしょ~CX-5いいでしょ~

最近特別使用車でシルクベージュセレクションも追加されたしね☆

ここあちゃん
なんでえりかが自慢してるみたいになってるの…

でもいい車だね!

あと気になるのはやっぱり内装の質だよね、、、

ここあちゃん
じゃあさっそく内装を見ていこっか!

今回はよりわかりやすくするためにライバル車、フォレスターと比べてみるよ!

内装の比較(CX-5とフォレスター)

インパネ周り(CX-5 vs フォレスター)

191212_cx5_grd_int_beige_img01.jpg

引用:マツダ公式HPより

kv.jpg

引用:スバル公式HPより

上:CX-5 下:フォレスター

まずインパネ(インストメンタルパネル)です。大きく違うのはナビ周りです。

下、フォレスターは中央に大きく設置しており中央上部のアッパーケース、ナビ、その下のコントロールパネルの幅から縦のラインに目が惹かれるイメージがあります。

対してCX-5はナビを上部に出すことによってサイドレジスター(エアコンの送風部)の幅や中央のラインによって横のラインに目が惹かれます。

また、フォレスターは一パーツ一パーツ形や色などで強調されているイメージですが、CX-5はパッと見てここが目立つというほど強調されていませんが、それにより全体のバランスが取れていてダッシュボードの形なども含めて大人っぽく仕上がっていると思います。

シート周り(CX-5 vs フォレスター)

191212_spec_seatmaterial_cat_a_25s_silk_beige_selection.jpg.jpg

引用:マツダ公式HPより

op_sheet01.jpg

引用:スバル公式HPより

上:CX-5 下:フォレスター

次にシート周りです。

まず下、フォレスターはドア周りシート周りの曲線が多くワクワクするようなデザインだと思います。

特に座席の両端にある曲線のラインや、ドア腕置き上部の斜めのラインなどデザインにこだわった印象があります。

次に上、CX-5ですが、ドア周りと座席周りを見る限りとてもシンプルなデザインに思えます。

ですが、インパネ周りで書いたように内装のデザインを強調するのではなくバランスを持たせた大人のような落ち着いた内装を表現しているものだと思います。

テーマは違う二つの車だと思いますが、どちらも革シートで見た目だけでは甲乙つけられるものではないと思います。 

トランク(CX-5 vs フォレスター)

191212_cx5_fun_tss_img02.jpg

引用:マツダ公式HPより

in_16s.jpg

引用:スバル公式HPより

上:CX-5 下:フォレスター

最後にトランク周りです。

まず両方のサイズの比較です。

CX-5・・・長さ1830mm 幅1040mm
フォレスター・・・長さ1805mm 幅1070mm

CX-5のほうがやや長く、フォレスターのほうがやや幅が広いですが、SUV車の中ではどちらも大きく大した違いではないと思います。

質感ですが、光の当たり具合で変わるとは思いますが写真で見た限りではCX-5のトランクは全体的にマットな質感でフォレスターはプラスチックのような光沢が目立ちます。

ですがどちらもデザインが良く高級感があります。

えりか
どっちもいい車でよかったね!

好みは分かれるかもだけどどっちもデザインよかったし…

私はCX-5かな!

ここあちゃん
大人っぽいデザインでよかったからね!

フォレスターも曲線が多くてワクワクするようなデザインでとてもよかったね☆

ここあちゃん
じゃあ今回の記事をまとめるね!

【CX-5】マツダの内装は安っぽい?ライバル車フォレスターと比較!!まとめ

 

  • マツダの技術力はほかの企業に劣らない
  • CX-5に特別仕様車【silk beige selection】が追加された。
  • マツダCX-5の内装は高級感がある
  • マツダCX-5の特別仕様車は大人っぽいシンプルなデザイン

 

えりか
調べれば調べるほどマツダに惹かれちゃうなぁ~

でもなんであんな噂立ったんだろう、、?

ここあちゃん
もしかしたらほかのメーカーが大好きな人の嫉妬とか妬みだったのかもね、
えりか
なるほど、、

でもしたくなっちゃう気持ちはわからなくはないかな、!

ここあちゃん今日もありがとね!

ここあちゃん
うん!またいつでも聞いてね!

このほかにもいろんな記事があるからみんなも見てみてね!

またね!

「車を買い換えよう!」

と思った時に、多くの人はディーラーや販売店に向かいますよね。
えりか
この時、あなたも「できるだけ安く買いたい!」と思いますよね?
私もそうでした。

ちょうどその頃、私も車の買い替えを検討していました。

ですが、私の妹が大切にしていた愛車がタダ同然で引き取られたのを聞いたり、私が以前買い替えた時、自分で中古車販売店を回っていたのがかなり疲れた経験があります。

そういった妹の失敗や自身の経験を教訓にして、今回はできるだけお得に車を買い換える方法を徹底的に調べ、偶然友人から教えてもらったマル秘テクニックも実践した結果、非常に満足する買い替えができました。

えりか
販売員に言われるままに契約したら絶対に損します。

ほんの少しの工夫で、私は18万円もお得に買い替えられました。

ここまで見てくれたあなたにだけ、こっそり私のテクニックを公開しちゃいます!


私が実践したマル秘テクニックについてはこちらで詳しく紹介しております。

ディーラー下取りは損!?お得に車を買い換えるマル秘テクニックとは?

2020年2月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です