フィアット・パンダ Easyはどんな車?口コミや評価も徹底解説!

車を買い換える時に、そのまま愛車を下取りに出すと100%カモられます。

私がお得に買い替えた一括査定を知らない人は一生損しつづけますよ。
えりか
私も早くこの方法で買い替えていたらなぁ、と思いました。

一括査定はスマホでたった45秒でできますし、何より無料で査定してもらえるんですよ!

しかも複数の買取業車が勝手に競ってくれるので、あれよあれよと買取額が吊り上がり・・・結果的には何の交渉もしなくても最高額で売ることができました(笑)

ディーラー下取りより18万お得に買い替えられましたよ。
あなたも私と同じようにお得に買い替えてみませんか?私が利用したサイトはこちらになります。

《車買取》無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪

えりか

ここあちゃん、フィアット社といえば、かわいいコンパクトカーで有名よね!

国産車にはない愛らしい魅力にひかれ、いつか手に入れてみたい・・・という方も多いんじゃないかしら?

ここあちゃん

でも、外車ってなんか手が出しにくいし、何となく不安に思ってる人も多いんじゃないかな?

そこで今日はそんな方にこそおススメの「3代目フィアット・パンダ Easy」の特徴を、世の中にある口コミや評価も交えながら徹底解説しちゃうよ!

フィアット社とはどんなメーカー?

 

フィアットは、1899年にイタリアトリノに設立された自動車メーカーです。

「陸に、海に、空に、」というスローガンを掲げているように、鉄道や船舶、航空機などの製造もしている大手メーカーです。

実は、あの「フェラーリ」や「アルファロメオ」などを傘下に持つイタリア最大の自動車メーカーなんです!

パンダってどんな車?

FIAT 公式HPより

FIAT 公式HPより

フィアット社が製造するコンパクトカー

1980年に初代モデルが製造され、現行モデルは3代目になります。

カクカクとしたデザインが、とてもユニークで、同じフィアット社が製造しているコンパクトカー「フィアット500」とはまた違う魅力がありますね。

ここあちゃん
実はアニメ「シティーハンター」に登場した車としても有名なんだよ♪

パンダ Easyってどんな車?

 

前述した通り、フィアット社で作られているパンダの3代目にあたるのが「パンダ Easy」

歴代のパンダの愛らしさも残しつつ、実用性も兼ね備えたバランスの良い車です。

えりか
じゃあ、具体的にどんな進化を遂げたのか!

パンダ Easyの魅力を徹底解説していきましょう♪

パンダ Easyのエクステリア

FIAT 公式HPより

えりか

親しみやすく、どこにでもありそうなのに、なんだかおしゃれよね!

さすがかわいいの代名詞、フィアット社ね!

ここあちゃん

国産には無いデザイン力だよね

四角を多用していた歴代パンダとは違い、四角と丸の間の形「スクワークル」を多用することで、今までのパンダよりも、柔らかく、親しみやすい印象を与えているんだ。

そして外車では珍しい5ドアも嬉しいポイントだね♪

サイズは先代よりもやや大きくなっているんだ。

パンダ Easyのインテリア

FIAT 公式HPより

使用されている材料は安価なものが多いとのことでした。

しかし、デザイン性が高いことによって安っぽさを全く感じさせません

外装と同じように「スクワークル」が多用されており、ユニークな印象を与えています。

えりか

口コミには、内装に関して女性からの支持が高く、奥さんが一目ぼれしたので購入したっていう話もあったわ。

確かに魅力的な内装だよね。

それでいて、操作性もきちんと配慮されたデザインとなっているのが、ますます素敵♪

ここあちゃん

座席もホールド感が強くて、長時間の運転でも疲れを感じさせない仕様になっているんだ。

ただ、マニュアルエアコンであったり、後部座席の窓が今どき珍しいハンドル仕様であったりなど、国産車に比べると劣る点はいくつかあるみたいだね。

でも、総じて今までのパンダに比べると、デザインの秀逸さと操作性の高さのバランスが優れた内装であると言えるだろうね。

パンダ Easyのエンジン性能

エンジンは、歴代のパンダと同じツインエア、2気筒の875ccターボエンジンです。

ここあちゃん

ただ本当に2気筒?と疑いたくなるほど力強いんだ。

町中や田舎道はもちろんのこと、高速や山道でも全く不安を感じないよ。

日常使いから遠出まで幅広く使いやすい車といえるよね。

パンダ Easyの走行性能

えりか

乗り心地に関しては、安心して運転できるという口コミが多いみたいね。

特に直進の安定性は高く、しっとりしなやかに走行できるみたい。

ただ、車高が高い影響で、コーナーを連続曲がる際は少し後ろが流れる感じをうけるという話も聞いたわ。

パンダ Easyの燃費

外車は何となく燃費が悪そう…そんなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

ここあちゃん

でも、実際調べてみるとフィアット社のカタログ燃費は18.4となっているんだ。

これは国産のコンパクトカー、トヨタ・ヤリスが20.2であるのと比較しても、国産車にそれほど劣っているわけじゃないんだ。

実際に走行している人も、街中で15~17㎞、長距離や高速では18kmという意見が多いみたいだよ。

えりか
外車は燃費が悪いってイメージがあるかもしれないけど、パンダ Easyはそんなことないって言える車かもしれないわね!

パンダ Easyの価格

パンダ Easyの価格は2,240,000円となっています。

えりか
さっき燃費の項目で比較したトヨタ・ヤリスが1,455,000円であるのと比較すると、少し高額かもしれないわね。

パンダ Easyの安全性機能 シティーブレーキコントロールとは?

FIAT 公式HPより

パンダ Easyには「シティブレーキコントロール」が標準装備となっています。

ここあちゃん

これは、レーザーセンサーを使用した衝突被害軽減ブレーキシステムで、30km/h未満で走行中に前方の車両に追突すると検知した場合、自動的にブレーキを作動するんだ。

これにより追突は回避されて、追突した場合も衝撃が緩和されるんだよ。

えりか
毎日使いする車には、とっても嬉しい機能よね♪

フィアット・パンダ Easyはどんな車?口コミや評価も徹底解説! のまとめ

 

  • フィアット社はイタリア最大の自動車メーカー
  • フィアット社で作られているパンダの3代目にあたるのが「パンダ Easy」
  • エクステリアは「スクワークル」を多用することで、今までのパンダよりも、柔らかく、親しみやすい印象
  • 内装はデザインの秀逸性が高く、操作性とのバランスも優れており、女性の支持率も高い
  • エンジン性能は日常使いから遠出まで幅広く使いやすいパワーを持っている
  • 安心して運転できるが、少しコーナーに不安がある
  • 燃費は国産車にも引けを取らない
  • 価格は少し高め
  • シティーブレーキコントロールなど安全性にも配慮されている
えりか
パンダ Easyはフィアット社が得意とするデザイン性の高さはもちろんのこと、高い機能性も兼ね備えた車と言えるわね!
ここあちゃん

価格が少し高めなのが気になるけど、それでも国産車にはない魅力がたくさん詰まった車といえるんじゃないかな?

ぜひ、初めての外車に選んでみてよね!

「車を買い換えよう!」

と思った時に、多くの人はディーラーや販売店に向かいますよね。
えりか
この時、あなたも「できるだけ安く買いたい!」と思いますよね?
私もそうでした。

ちょうどその頃、私も車の買い替えを検討していました。

ですが、私の妹が大切にしていた愛車がタダ同然で引き取られたのを聞いたり、私が以前買い替えた時、自分で中古車販売店を回っていたのがかなり疲れた経験があります。

そういった妹の失敗や自身の経験を教訓にして、今回はできるだけお得に車を買い換える方法を徹底的に調べ、偶然友人から教えてもらったマル秘テクニックも実践した結果、非常に満足する買い替えができました。

えりか
販売員に言われるままに契約したら絶対に損します。

ほんの少しの工夫で、私は18万円もお得に買い替えられました。

ここまで見てくれたあなたにだけ、こっそり私のテクニックを公開しちゃいます!


私が実践したマル秘テクニックについてはこちらで詳しく紹介しております。

ディーラー下取りは損!?お得に車を買い換えるマル秘テクニックとは?

2020年2月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です