ボルボV60 旧型と現行型の違いは? 歴史も教えて!

車を買い換える時に、そのまま愛車を下取りに出すと100%カモられます。

私がお得に買い替えた一括査定を知らない人は一生損しつづけますよ。
えりか
私も早くこの方法で買い替えていたらなぁ、と思いました。

一括査定はスマホでたった45秒でできますし、何より無料で査定してもらえるんですよ!

しかも複数の買取業車が勝手に競ってくれるので、あれよあれよと買取額が吊り上がり・・・結果的には何の交渉もしなくても最高額で売ることができました(笑)

ディーラー下取りより18万お得に買い替えられましたよ。
あなたも私と同じようにお得に買い替えてみませんか?私が利用したサイトはこちらになります。

《車買取》無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪

えりか
ねえ、ここあちゃん。

友達がボルボV60に乗ってるんだけど、すごくどっしりしててかっこいいんだよね〜。

ここあちゃん
うん、2018年にフルモデルチェンジしてから人気が徐々に出てきてるらしいんだ。

2019年では日本で販売されている輸入車Dセグメントのステーションワゴンでも、1位のメルセデスベンツのCクラスワゴンの次に売れているらしいよ。

えりか
へえ、そうなんだ~。

ボルボV60ってフルモデルチェンジする前と、した後ではどう変わったの? 

ここあちゃん
いくつか変わってるところがあるから、見てみよう。

その前にまずボルボV60はどんな車か紹介するね! 

ボルボV60ってどんな車?

引用:ボルボ公式より

ボルボV602010年からスウェーデンで製造販売するV70V50に続く3番目の5人乗りのステーションワゴンです。

現在のボルボV60 では、ガソリンエンジンとプログインハイブリッドシステムを搭載し、圧倒的な燃費効率をもつT8、またはT6 Twin Engine が搭載されているグレードもあります。

これにより、排出ガスを全く発生させない、電力のみによる走りが可能です。

また、ラゲージスペースはリアシートのシートバックまでの高さで529Lが確保されており、クラストップレベルの大容量です。

公正な立場で調査されたレビューには5つ星が評価されていて、

快適さ、製造品質、性能、運転の楽しさ、実用性、機能性では80%以上の満足度が得られています。

えりか
顧客の満足が高いってことが、人気の理由でもあるのね!   

旧型ってどんな感じ?!

ここあちゃん
では、2010年に発売されたときのボルボV60をまずはスペックから見てみよう!!

旧型のスペック
全長×全幅×全高 4635× 1865× 1480mm
車両重量 1560kg
エンジン型式 B4164T
最高出力 180ps(132kW)/5700rpm
最大トルク 24.5kgm(240Nm)/16005000rpm
総排気量 1595cc
種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブICターボ
内径×行程 79.0mm×81.4mm
圧縮比 10.0
過給機 IC付きターボ
燃料供給装置 電子燃料噴射式(直噴)
燃料タンク容量 67リットル
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
10モード/1015モード燃費 12.6km/リットル
JC08モード燃費 11.4km/リットル

 

ここあちゃん
旧型ではボルボ独自の衝撃吸収式リクライニング付きフロントシート(WHIP

安全性ではESPやフロント&再度エアバックなどの安全装備横転保護システム(ROPS)が装備されてるんだ。

えりか
確か、外装のデザインは、今とは少し違うかなあ、少し丸みを帯びているよね。

ここあちゃん
当時のチーフデザイナーのピーター・ホールバリーにより、外観がデザインされたものなんだ。

えりか
なるほどね、時代にあったデザインと機能を持っていたのね。

新型ボルボV60はどう変わった??

ここあちゃん
2018年にフルモデルチェンジしてから今に至るよ。

まずね、ボルボ・カーズのデザイン担当のT.ジョン・メイヤー氏が外装のデザインはオリジナルを残しつつ、

新型ボルボV60は、バランスを取ったプロポーションを目指してデザインしなおされたんだよ。

引用:ボルボ公式より

えりか
なんか、新型ボルボは横から見るとしなやかに見えるね! 

ここあちゃん
そうそう、それで全体的にサイズも変わったよ。

サイズが変わった‼︎

現行型サイズ
全長×全幅×全高 4760× 1850× 1435mm
車両重量 1700kg

ここあちゃん
これは、日本の道路事情や立体駐車場の取り回しが影響していると言われているんだよ。

旧型と比べて全幅が15mm、 全高が35mm減少してて、全長は125mmも増加してるんだ。

えりか
確かに日本の道路は他の国と比べて狭い気がするなあ。

これはありがたいね‼︎ 

安全性が高まった‼︎

引用:ボルボ公式より

ここあちゃん
そして、16種類以上の先進安全、運転支援機能を標準装備に加え、以下のものが追加されていて安全性を高めているんだ。

  • ステアリング・アシスト付BLISTM (後車衝突回避支援機能付ブラインドスポット・インフォーメンション・システム)

車線変更または無意識に自車線から脱してしまった時に、隣の車線の車両と衝突する危険性を察知した場合、

元の車線へ戻るようにステアリングを自動修正して衝突回避を支援します。

  • 衝突回避・被害軽減ブレーキ機能付 CTA(クロス・トラフィック・アラート)

これは駐車スペースから後退して、出庫するときの安全を確保するための装備です。

リアバンパーに内蔵されたレーダーによって、接近する車両、歩行者やステアリング・アシストが加わり、衝突被害の低減をサポートします。 

環境にも優しくなった!!

引用:ボルボ公式より

ここあちゃん
グレードによっては、ハイブリッドシステムも搭載しているし、日本発売においてはディーゼル使用のモデルは無くなったよ。

えりか
ハイブリッドシステム搭載によって、燃費効率が大幅に増加するのね!

ここあちゃん
うん、これからは環境に優しくする時代だからね。

新型スペック
エンジン型式 B420
最高出力 254ps(187kW)/5500rpm
最大トルク 35.7kgm(350Nm)/15004800rpm
種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブICターボ
総排気量 1968cc
内径×行程 82.0mm×93.2mm
圧縮比 10.8
過給機 IC付きターボ
燃料供給装置 電子燃料噴射式
燃料タンク容量 55リットル
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン無鉛プレミアムガソリン
10モード/1015モード燃費 -km/リットル
JC08モード燃費 12.9km/リットル

 

ボルボV60 旧型と現行型の違いは? 歴史も教えて! のまとめ

 

  • ボルボV60はスウェーデンで製造販売する5人乗りのステーションワゴン
  • 購入者の評価は非常に高く5星を獲得している
  • 旧型は2010年に発売されている。
  • 2018年フルモデルチェンジした現行型は、プロポーションバランスに重視してにデザイン
  • 安全性に対する機能は旧型より2システム追加されている
  • ハイブリッド搭載型のエンジン搭載のグレードもある

えりか
なるほどね、ボルボV60自体は歴史は浅いけど、大きな変更があって今に至るんだね。

ここあちゃん
うん。

2020年も、もっと人気が上がると思うから要チェックだよ!!

「車を買い換えよう!」

と思った時に、多くの人はディーラーや販売店に向かいますよね。
えりか
この時、あなたも「できるだけ安く買いたい!」と思いますよね?
私もそうでした。

ちょうどその頃、私も車の買い替えを検討していました。

ですが、私の妹が大切にしていた愛車がタダ同然で引き取られたのを聞いたり、私が以前買い替えた時、自分で中古車販売店を回っていたのがかなり疲れた経験があります。

そういった妹の失敗や自身の経験を教訓にして、今回はできるだけお得に車を買い換える方法を徹底的に調べ、偶然友人から教えてもらったマル秘テクニックも実践した結果、非常に満足する買い替えができました。

えりか
販売員に言われるままに契約したら絶対に損します。

ほんの少しの工夫で、私は18万円もお得に買い替えられました。

ここまで見てくれたあなたにだけ、こっそり私のテクニックを公開しちゃいます!


私が実践したマル秘テクニックについてはこちらで詳しく紹介しております。

ディーラー下取りは損!?お得に車を買い換えるマル秘テクニックとは?

2020年2月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です