ボルボ社の安全への取り組みとは?チャイルドシートの知識をご紹介!

車を買い換える時に、そのまま愛車を下取りに出すと100%カモられます。

私がお得に買い替えた一括査定を知らない人は一生損しつづけますよ。
えりか
私も早くこの方法で買い替えていたらなぁ、と思いました。

一括査定はスマホでたった45秒でできますし、何より無料で査定してもらえるんですよ!

しかも複数の買取業車が勝手に競ってくれるので、あれよあれよと買取額が吊り上がり・・・結果的には何の交渉もしなくても最高額で売ることができました(笑)

ディーラー下取りより18万お得に買い替えられましたよ。
あなたも私と同じようにお得に買い替えてみませんか?私が利用したサイトはこちらになります。

《車買取》無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪
えりか

ねえねえ、ここあちゃん。

このあいだ出産のお祝いで見に行った友達の赤ちゃん、可愛かったよねー。

ここあちゃん

うんうん!

途中からスヤスヤ寝ちゃって、とても癒やされたね。

えりか
そうそう、どんなに機嫌悪くて泣いてても、クルマに乗せてドライブすると、すぐ寝ちゃうんだって。
ここあちゃん
赤ちゃんって、そうらしいねー。

チャイルドシートがよっぽど気持ちいいのかな。

えりかも小さい頃そうだった?

えりか

うーーん。

あんまり覚えてないけど、私が赤ちゃんの頃にはまだチャイルドシートってなかったと思うなぁ。

日本でのチャイルドシート
チャイルドシートは、日本では2000年4月の道路交通法改正によって導入された安全装置です。
運転者は、6歳未満の幼児をクルマに乗せるときにはチャイルドシートに乗せることが義務付けられました。

えりかは30歳なので、まだ子供の頃にはチャイルドシートは一般的ではありませんでした。

ここあちゃん
ところで、チャイルドシートや子供の安全のことをメチャクチャよく考えている自動車メーカーがあるんだけど、どこのメーカーか知ってる?
えりか
ええー、どこどこ?

友達にも教えてあげたい!

ここあちゃん
それはね、「世界一安全なファミリーカー」のメーカーと評価される、ボルボだよ。

ボルボは昔から、チャイルドセーフティを研究し、純正のチャイルドシートの開発も続けています。

この記事ではボルボの安全への取り組みについて、チャイルドシートを中心にご紹介していきます。

安全性最優先のクルマメーカー ボルボ

 

ボルボは、スウェーデンの自動車メーカーです。

どこの自動車メーカーも安全性能をおろそかにしている所は無いと思いますが、

その中でもクルマづくりにおいて、安全性を最も大切にしているメーカーとして有名です。

北欧のメーカーらしいなと感じるのは、開発段階からヘラジカとの衝突を考慮した設計を行っていたりするところです。

また、次のようなエピソードもあります。

今では世界中のどのクルマにもついている3点式シートベルトですが、1959年にボルボが発明して特許を取りました。

しかし、「安全は独占されるべきものではない」と考え、この特許を無償で公開しました。

これによって、他のクルマメーカーにもこの安全装備が採用されるようになり、全世界に普及しました。

このエピソードからも、ボルボが安全性について非常に高い意識を持って研究をしていることが想像できます。

えりか
本当は特許を売ったりすればお金儲けは出来たはずなのに、それよりもみんなの安全を広めることを考えたんだね。

ボルボ尊敬しちゃう!

ここあちゃん
自動車メーカーの鏡だね!

ボルボは後ろ向きのチャイルドシートを推奨

引用:ボルボ公式HP

今では、いろいろなメーカーからチャイルドシート(ベビーチェアと呼んだりもする)が発売されています。

チャイルドシートのタイプ
  • 前向きに座るタイプのもの
  • 横に倒してベッドになるタイプのもの
  • 後ろ向きに座るタイプのもの
  • ベッド ⇒ 後ろ向き ⇒ 前向き、と変えられるタイプのもの

その中でボルボは、子供が小さいうち(少なくとも生まれてから3~4歳まで)は後ろ向きにチャイルドシートを使用することを非常に強くオススメしています。

もちろんボルボ社は、自社が開発した商品を自信を持って勧めています。

ですが、他のメーカーの物を使う場合でもどうか、後ろ向きをできるだけ長く使ってほしいという思いが伝わってくるほどです。

その理由とは

乳幼児や小さな子供は怪我をしやすい存在です。

引用:ボルボ公式HP資料より

上の図を見ると子供は大人に比べて、体に対して頭の大きさの割合が大きい事がわかりますよね。

「子供の身体は大人の縮小版ではない」と言われることがあります。

新生児は体の4分の1の部分が頭ですが、それに対して成人は8分の1ほどしかないのです。

ここでちょっと想像してみてください。

クルマが正面衝突の事故を起こしたとき、乗っている人が前を向いて座っていれば、衝撃で前方に体が投げ出されることになります。

実際にはシートベルトやチャイルドシートで体は固定されているので、頭だけが前に行こうとしてしまいます。

その場合、体と頭をつなぐ部分である首に衝撃が集中してしまいます。

子供の首は自分の大きな頭を支えられるほど、まだ強くないのです。

これらのことから、前向きのチャイルドシートでは、首一点に非常に大きな力がかかりとても危険です。

一方、後ろ向きのチャイルドシートなら、その力は背中全体と頭にかかり、広い面積に分散され、負担を減らすことができます

また、一般的に後ろからの追突事故は体が受ける衝撃はそれほど強くないと、ボルボは言っています。

つまり、正面衝突の事故に全力で備えましょう、後ろ向きチャイルドシートがどう考えても一番安全ですよと声を大にして叫んでいます。

チャイルドシートを設置する座席は?

えりか
後ろ向きのチャイルドシートが安全なのはわかったよ。

設置する座席はどこが一番いいの?

ここあちゃん
日本ではよく後部座席に設置されているよね。

でも、助手席につけたい場合もありそうだね。

運転手のママ・パパの立場にたって考えると、何かあったときのために赤ちゃんはすぐ見えて手の届くころにいたほうが安心です。

そうなると、運転中はバックミラー越しにしか確認できない後部座席よりも、助手席のほうが都合がいいと思うこともあると思います。

チャイルドシートを助手席につけたい理由
  • 赤ちゃんを見える位置におきたい(運転中に振り向くのは危ない)
  • 手の届くところにおいてあやしたい
  • いつ吐くかわからないからサッと拭ける範囲におきたい
  • 後部座席だと赤ちゃんが不安がって泣き止まない
  • 事故の時に助手席のほうが安全だと聞いたことがある、など

法律的には後部座席に設置しなければいけないという決まりはないので、助手席につけることも可能です。

しかし、トヨタなど国内のメーカーは後部座席につけることを推奨しています。

これには理由があります。

助手席のエアバッグとの関係です。

チャイルドシートを助手席に設置していると、事故の時、衝撃を感知して出てくるエアバッグとの距離が近すぎることになり、エアバッグに挟まれて怪我や窒息の危険があるのです。

そのため国産車ではチャイルドシートは助手席につけずに、後部座席につけることを呼びかけています。

子供の人数の関係などでどうしても助手席につけなければならないときは、一番後ろまで座席をスライドさせた上でつけるようにしましょう。

助手席に後ろ向き設置は絶対にやめてください。

えりか
今のは国産車の場合だよね?

じゃあ、輸入車なら助手席につけてもいいの?

ここあちゃん
いいところに気づいたね。

輸入車なら助手席に取り付けることができる車種もあるんだよ。

ボルボをはじめ、いくつかの海外のメーカーでは、助手席のエアバッグを発動させないようにするスイッチが付いているクルマがあります。

エアバッグスイッチ

引用:ボルボ公式HP

助手席にチャイルドシートをつける場合はこのスイッチを操作して、エアバッグをキャンセルした上で行いましょう。

ボルボ車であれば、全てのシートに同等の安全性があるので、どこでも安心して装着できるようです。

えりか
助手席にチャイルドシートをつけたい場合は、クルマ選びから考えるのも一つの方法だね。

ボルボ社の安全への取り組みとは?チャイルドシートの知識をご紹介!まとめ

 

今回の話をまとめます。

  • ボルボは安全に最も力を入れている自動車メーカー
  • 子供と大人では体に対して頭の大きさの割合が違う
  • チャイルドシートは後ろ向きに設置するのが一番安全
  • 少なくとも3~4歳ぐらいまでは後ろ向きに座らせよう
  • 助手席につけるのは法律違反ではないが、推奨はされない
  • 助手席につけるときはエアバッグを停止できるクルマを選ぼう
ここあちゃん
安全面の対策はバッチリして、家族で楽しくお出かけしたいね。
「車を買い換えよう!」

と思った時に、多くの人はディーラーや販売店に向かいますよね。
えりか
この時、あなたも「できるだけ安く買いたい!」と思いますよね?
私もそうでした。

ちょうどその頃、私も車の買い替えを検討していました。

ですが、私の妹が大切にしていた愛車がタダ同然で引き取られたのを聞いたり、私が以前買い替えた時、自分で中古車販売店を回っていたのがかなり疲れた経験があります。

そういった妹の失敗や自身の経験を教訓にして、今回はできるだけお得に車を買い換える方法を徹底的に調べ、偶然友人から教えてもらったマル秘テクニックも実践した結果、非常に満足する買い替えができました。

えりか
販売員に言われるままに契約したら絶対に損します。

ほんの少しの工夫で、私は18万円もお得に買い替えられました。

ここまで見てくれたあなたにだけ、こっそり私のテクニックを公開しちゃいます!


私が実践したマル秘テクニックについてはこちらで詳しく紹介しております。

ディーラー下取りは損!?お得に車を買い換えるマル秘テクニックとは?

2020年2月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です