プジョー308の人気色はこれだ!迷わないカラー選びとは!

車を買い換える時に、そのまま愛車を下取りに出すと100%カモられます。

私がお得に買い替えた一括査定を知らない人は一生損しつづけますよ。
えりか
私も早くこの方法で買い替えていたらなぁ、と思いました。

一括査定はスマホでたった45秒でできますし、何より無料で査定してもらえるんですよ!

しかも複数の買取業車が勝手に競ってくれるので、あれよあれよと買取額が吊り上がり・・・結果的には何の交渉もしなくても最高額で売ることができました(笑)

ディーラー下取りより18万お得に買い替えられましたよ。
あなたも私と同じようにお得に買い替えてみませんか?私が利用したサイトはこちらになります。

《車買取》無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪

車が走っている姿を眺めていて、あなたは最初にどこを魅力を感じますか?

車体のカッコよさ、限界まで上り詰めた速さの性能、急なカーブでも曲がれる安定感・・・色々な部分を見ていると思います。

それらの魅力を引き立てるのに重要な役割をしているのが「色」です。

しかし、車の色の種類は何通りもあって、どれが自分に合っているのか迷ってしまいますよね?

私もどれだけ「良い車を見つけた!」と思っても色の違いが分からなくて困っていました。

  • 車種は決めているが、色が決められない
  • この色の名前は、どういう意味なのか
  • 色によって、値段は違うのか

長く検討して車を買おうと決心した人達にとって、色を選ぶ問題は最後の壁です。

その中で、プジョー308を選んでくださった方々に、その壁を超えていける方法を教えます。

今回の記事では、皆さんの背中を押していける一歩となる、カラーの選び方についてご紹介していきます。

プジョー308とは?

引用:プジョー公式HPより

プジョー308とは

308とは307の後継車という位置づけです。

プジョーは、独自のボディをした猫のつり目しているのが個性的です。エンブレムであるライオンのシンボルマークが、「猫足」と呼ばれるイメージを裏付けます。

フランス車の魅力は日本車やドイツ車と違い、走りの安定感が重視されていることです。

フランスの道路は凹凸した複雑な地形が多いので、その環境に合わせた車内の座席シートの技術は、世界でもトップクラスです。

詳しい解説はプジョーのイメージや魅力とは?

国内での人気カラーの状況は?

えりか
ねぇ、ここあちゃん。

車のカラーって、どの色が人気なのかな?

ここあちゃん
そうだね。

新車で販売されるクルマの多くで、人気があるカラーは

  • 「ホワイト」
  • 「ブラック」
  • 「シルバー」

上位ランクを独占しているよ。

これは日本だけの傾向ではなく、海外でも同じ結果なんだ。

えりか
えっ、でも車のCMとかは赤とかオレンジとか鮮やかな色をよく見かけるけど・・・?
ここあちゃん
それは、CMや広告ではクルマの個性をアピールするために、あえて定番の色を使わずに目立つ色を使っているんだよ。

クルマのデザインや世界観を、見る人にわかりやすく伝えるために、メーカーが工夫しているんだ。

えりか
だからCMには売れ筋のカラーなどはあまり使われないのね。

カラーを彩る3種類の塗装

ここあちゃん
車に色を付ける塗装方法は3種類あるよ。

  • ソリッド
  • メタリック
  • パール

次に紹介するカラーの説明に、この3つの単語が頻繁に出てくるから、まずはそこから解説するね。

ソリッド塗装

ソリッドとは、単色という1つの色だけのカラーです。

ソリッド塗装の上に、色が落ちない耐久性をあげる塗料、表面に磨きをかける塗料などをする、いわば基本となる下敷きです。

このソリッド塗装からのカラーの上に、色の上書きをするのが、次の2つの塗装です。

メタリック塗装

メタリックとは、位置によって色の見え方が変わる塗料の中に、アルミ片と呼ばれる粉末が入っています。

これが光を反射し、影をはっきりと映し出してキラキラさせることができます。

しかし、アルミ片が空気中に絶えず触れたままとなると、酸化(錆)の進行が発生するので、適度なお手入れが必要となる場合があります。

特徴としてはカラーの種類が豊富であり、見る角度によってカラーの色が変化することが挙げられます。

パール塗装

石の雲母(マイカ)と呼ばれる小さい粒が、透明の膜となり何重にも重ねた構造ができます。

その光が当たると、各層ごとに複雑な反射、屈折をして真珠のような輝きを生みます。

代表的なカラーとしては、ホワイト系。これが、一番パールの美しさの表現が出来るカラーです。

メタリック塗装とは違い、マイカは錆びたりせずにブツブツした形のおかげで、虹色の光を放つ輝きを持たせるのです。

パールは上品で美しい塗装ですが、カラーの種類はメタリック塗装と違って少なく、塗装する料金が高いです。

ここあちゃん
だいたいわかったかな?
えりか
うん、わかった。

よーし、それじゃ早速プジョー308のカラーバリエーションを教えて♪

ここあちゃん
了解。

ブジョー308のカラーは10種類

ここあちゃん
色の解説をする前に、ちょっとだけブジョー308のグレードの説明をさせて。

プジョー308のグレードには、いくつか種類があるんだ。

  • 308 Allure
  • 308 GT
  • 308 GT Line
  • 308 GT Line Black Pack
  • 308 GT by PEUGEOT SPORT
  • 308 TECH PARK EDITION

グレードによっては、

  • カラーがない
  • オプション料金が違う

ことがあるから、カラーの選択には気を付けようね。

えりか
はーい。
ここあちゃん
それじゃ、改めて色の紹介をしていくよ。

ビアンカ・ホワイト

(プジョー公式HPより)

対応グレード

  • [308 Allure] 
  • [308 TECH PARK EDITION]

ビアンカ・ホワイトは日本語で、2つの和訳があります。

1つ目は純白、2つ目は白のカラーの中でも最も白らしい意味があるカラーです。

ソリッドなので、白の良さが一番に出せています。

このカラーは先代モデル306に続く、伝統的なモデルでもあります。

パールホワイトに比べると、パールとメタリックにある塗装の特徴が一切なく、シンプルなホワイトとなっております。

「Allure」のときは受注生産なので納期が遅くなるので注意してください。

パール・ホワイトは派手で苦手、より明るいホワイトが欲しいという方にオススメです。

パール・ホワイト

(プジョー公式HPより)
対応グレード
  • [全てのグレード]

オプション使用料81,000円

ご存知の通りパールとは日本語で、真珠という意味です。

真珠のような輝きを放つ白を出せるのは、やはりパール塗装です。

光の当て方で高級感を与えることで、ビアンカ・ホワイトよりも質が高い印象を与えるので、贅沢な白を求める方はパール・ホワイトがオススメです。

日本では特に人気の高いカラーなので、友人が持っている車と同じカラーになるかもしれません。

アルタンス・グレー

(プジョー公式HPより)
対応グレード
  • [308 Allure]
  • [308 GT]
  • [308 GT Line]

オプション使用料59,400円

アルタンスグレーのアルタンスは、フランスの地方から名前がきています。

そこにあるオーヴェルニュ地域圏はヨーロッパ1番の自然保護区とされており、歴史的な建造物と豊かな自然に溶け込むカラーとなっております。

メタリック塗装であり、シルバーよりもグレーに近いカラーをしていますが、天気が曇り空でも色と同化させないので、カラーの厚みが一層と増します。

また、汚れが目立たないので、お手入れが楽に済みますよ。

しかし、他の車と同じ色となってしまい、カラーの見た目が変わってしまう場合がありますので、注意してください。

ペルラ・ネラ・ブラック

(プジョー公式HPより)
対応グレード
  • [308 Allrue]
  • [308 GT]
  • [308 GT Line]
  • [308 GT Line Black Pack]
  • [308 by PEUGEOT SPORT]

オプション使用料59,400円

ベルラ・ネラは日本語で黒真珠と言い、黒よりも深いカラーです。その点では、ビアンカ・ホワイトと似ていますね。

メタリック塗装ですので、光の当たり方によって見え方が変わります。

怖い印象を出させることがあるブラックの短所をなくし、パール・ホワイトのような高級感があるブラックを選ぶなら、こちらがオススメです。

反面に傷や汚れが目立つので、定期的な洗車が必要となるので、1週間に1回はお手入れが必要です。

ダーク・ブルー

(プジョー公式HPより)
対応グレード
  • [308 Allure]
  • [308 TECH PARK EDITION]

オプション使用料59,400円

ブルーですが、ブラックにも見える2種類の色を持つカラーです。

理由としては、メタリック塗装によって見える角度がブルー、ブラックの両方のカラーが映るわけです。

昼夜と問わず、光の射し方で色が変わる感覚を楽しみたい方に、オススメです。

アルティメット・レッド

(プジョー公式HPより)
対応グレード
  • [308 Allure]
  • [308 GT]
  • [308 GT Line]
  • [308 GT by DEUGEOT SPORT]
  • [308 TECH PACK EDITION]

オプション使用料81,000円

パール塗装の、レッドのカラーです。

メタリック塗装との違いは、派手なレッドにブラックを加えたような深みを生み出してることです。このパール塗装の良さが、見る人を落ち着かせる安心感があります。

レッドは好きだけど、目立たなくて控えめなカラーの方を選ぶなら、オススメです。

マグネティック・ブルー

(プジョー公式HPより)
対応グレード
  • [全てのグレード]

オプション使用料59,400円

ダーク・ブルーよりも、明るいブルーのメタリック塗装です。

プジョー308のスリムな車体と、ブルーの明るさが角度によっては紫に見えます。

プジョーの会社のロゴマークはブルーですから、プジョーのファンならばマグネティック・ブルーで間違いありません。

プジョー308に最も似合うカラーですので、プジョーのシリーズ自体が好きなら、オススメです。

ハリケーン・グレー

(プジョー公式HPより)
対応グレード
  • [308 GT]
  • [308 GT Line]
  • [308 GT Black Pack]
  • [308 GT by PEUGEOT SPORT]

完全受注生産扱いという、国内では販売していないソリッド塗装のカラーです。

購入する際は、フランスの工場から発注となりますので、他のカラーよりも車が届く期間が大幅に長いです。

しかし、日本では滅多に見かけることはない希少なカラーですので、レアなカラーをお求めの方は、オススメです。

クープ・フランシュ/マグネティック・ブルー or アルティメット・レッド

(プジョー公式HPより)
対応グレード
  • [308 GT by PEUGEOT SPORT]

オプション使用料300,000円

「308 GT by PEUGEOT SPORT」のみ選ぶことができるカラーです。

ボディの3分の2、残りの3分の1が違うカラーで組み合わせてる豪華な色合いをしてます。

赤色はアルティメット・レッド、青色はダーク・ブルー。

黒色はベルラ・ネラ・ブラックのカラーです。

引用:BMW公式HPより

引用:BMW公式HPより

ここでしか選べない2色の塗装があるカラーは、インパクトは絶大です。

未体験の輝きを乗りたい方に、オススメです。

車のカラーは売る時にも影響あり!!

 

車を売る計画で購入する場合は、選ぶカラーは変わってきます。

また、塗装の違いにも影響はありますので、希少なカラーほど高価で取引されます

日本では多く見かける「ホワイト」、「グレー」、「シルバー」、「ブラック」のカラーは10万円ほどの買取価格が多いです。

しかし、CMや広告で見られる「ブルー」「レッド」「グリーン」のような定番のカラーは、売れ行きが低い金額となっています。

これは、中古車の市場が被ってしまう傾向があるので、中古車販売店にはホワイト」と「ブラック」以外の車が売れ残る可能性があるからです。

私の友人から、車を中古車販売店に売る時の苦いエピソードを聞いたことがあります。

車を売る際に、車のカラーが「ブルー」だったせいで『「ホワイト」か「ブラック」だったら値上がりしてた』と中古車を販売してる方から言われており、自分の好きなカラーが査定に影響した経験を語っていました。

少しでも高く売ろうとする考えなら、人気がある「ホワイト」「ブラック」の色を選んだ方が得策となります。

しかし、フェラーリのような赤い車がイメージカラーとなっている場合は「レッド」のカラーの査定する額は違うので、車のメーカーの違いも注意しましょう。

ですが、カラーの好みは個人差がありますが、自分にとって1番好きな色を選ぶのが、買った後に後悔しない選択です。

プジョー308の人気カラーと迷わないカラー選びのまとめ

 

今回の話をまとめます。

  • ビアンカ・ホワイト
[ソリッド塗装]  [受注生産] ・・・ 「単色の白」

  • パール・ホワイト
[パール塗装] [81,000円] ・・・ 「ビアンカ・ホワイトより高級な色」

  • アルタンス・グレー
[メタリック塗装] [59,400円] ・・・ 「シルバーよりグレーが強い曇り色」

  • ペルラ・ネラ・ブラック
[メタリック塗装] [59,400円] ・・・ 「パール・ホワイトと同じ高級な黒色」

  • ダーク・ブルー
[メタリック塗装] [59,400円] ・・・ 「ブルーとブラックの2つの色」

  •  アルティメット・レッド
[パール塗装] [81,000円] ・・・ 「レッドの中にブラックが混じった色」

  • マグネティック・ブルー
[メタリック塗装] [59,400円] ・・・ 「ダーク・ブルーよりも明るい色」

  • ハリケーン・グレー
[ソリッド塗装]  [完全受注生産]  ・・・ 「国内で販売しない色」

  • クープ・フランシュ/(マグネティック・ブルー、ペルラ・ネラ・ブラック)
[メタリック塗装] [メタリック塗装] [300,000円] ・・・ 「ブルーとブラックの2色に分けられている色」

  • クープ・フランシュ/(アルティメット・レッド、ペルラ・ネラ・ブラック)
[パール塗装] [メタリック塗装] [300,000円] ・・・ 「レッドとブラックの2つに分けられている色」

マイカーは、もう1人の自分です。

  • 「みんなから注目されたい」
  • 「家族に良い思いをさせたい」

車には自分がこうなりたい、という気持ちを表現できる力が備わっています。

プジョー308に乗りたい皆さんへ、この記事がカラーを選ぶヒントになれば幸いです。

「車を買い換えよう!」

と思った時に、多くの人はディーラーや販売店に向かいますよね。
えりか
この時、あなたも「できるだけ安く買いたい!」と思いますよね?
私もそうでした。

ちょうどその頃、私も車の買い替えを検討していました。

ですが、私の妹が大切にしていた愛車がタダ同然で引き取られたのを聞いたり、私が以前買い替えた時、自分で中古車販売店を回っていたのがかなり疲れた経験があります。

そういった妹の失敗や自身の経験を教訓にして、今回はできるだけお得に車を買い換える方法を徹底的に調べ、偶然友人から教えてもらったマル秘テクニックも実践した結果、非常に満足する買い替えができました。

えりか
販売員に言われるままに契約したら絶対に損します。

ほんの少しの工夫で、私は18万円もお得に買い替えられました。

ここまで見てくれたあなたにだけ、こっそり私のテクニックを公開しちゃいます!


私が実践したマル秘テクニックについてはこちらで詳しく紹介しております。

ディーラー下取りは損!?お得に車を買い換えるマル秘テクニックとは?

2020年2月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です