レクサスLX570の乗り心地を徹底チェック!ランクルとの違いとは?

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する
えりか
ねえ、ここあちゃん。

レクサスのLXって知ってる?

ここあちゃん
知ってるけど、詳しく調べたことはないかな。
えりか
すごく大きくて、乗り心地が良さそうだなぁ。
ここあちゃん
どうなんだろう。

一緒に調べてみよう!

レクサスLXとは

LX570(スターライトブラックガラスフレーク)

引用:LEXUS公式HPより

レクサスLXは、トヨタで販売されている「ランドクルーザー」の姉妹車で、初代モデルから3代目の途中までは北米を中心とした海外市場専用モデルでした。

日本では、LXの2代目モデルに相当するランドクルーザーの上級グレード「ランドクルーザーシグナス」がトヨタから販売されていましたが、2度目のマイナーチェンジの実施に合わせ、日本でも2015年9月14日にレクサス「LX570」が販売されました。

また、2017年8月には、従来から設定されている3列シート・7人乗り仕様に加え、新たに「2列シート・5人乗り仕様」を設定し、ラインナップを拡充しました。

引用:LEXUS公式HPより

安全性と走行性

 

では安全性と走行性はどうでしょうか。

最新モデルでチェックしてみましょう。

安全性

  • 歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ「プリクラッシュセーフティ」
  • 車線逸脱の可能性を運転者に知らせる「レーンディパーチャーアラート」
  • 先行車や対向車を遮光し、ハイビームを照射する「アダプティブハイビームシステム」
  • 高速道路で先行車との車間距離を、適切に保ちながら追従走行ができる「レーダークルーズコントロール」(全車速追従機能付)

以上をパッケージ化して、安全運転支援の強化を図っています。

他にも、車両周囲の状況確認を4つのカメラでサポートする「マルチテレインモニター」やドライバーの死角になりやすい車両周囲6エリアの路面状況が確認できる機能オフロードだけでなく、オンロードでのい道の走行や、路肩への幅寄せをサポートする機能も搭載しています。

また、LEXUSで初めてオフロード走行時の車両下の状態やタイヤ位置の確認ができる「アンダーフロアビュー」も設定されました。

走行性

エンジンは、V型8気筒5.7L「3UR-FE」型、トランミッションはスーパーインテリジェント8速オートマチック(8 Super ECT)を搭載しています。

オフロード走行をサポートする機能として、

  • アクセルやブレーキ操作することなくステアリング操作のみで極低速走行が可能な「クロールコントロール」
  • トラクションやブレーキを最適制御しAWD性能を高める「マルチテレインセレクト」

を採用しました。

その他の機能

先進の空調システム「レクサス クライメイト コンシェルジュ」では

  • オートエアコン
  • ステアリングヒーター
  • 運転席・助手席・セカンドシートのシートヒーター
  • シートベンチレーション

の各機能を一括して連動・作動させるクライメイトコンシェルジュスイッチを世界で初搭載しました。

さらに、助手席とセカンドシートにおいては、着座乗員の有無を検知し、各機能を自動的に作動または停止させることが可能となっています。

また、レクサス初採用となる「VICS WIDE」対応により、渋滞情報の精度を高めるなどの利便性を向上させた新型ナビゲーションシステムに、12.3インチワイドディスプレイが採用されています。

引用:LEXUS公式HPより

乗り心地はどうなのか

 

では気になる乗り心地の口コミをチェックしてみましょう。

良い口コミ
アクセルを踏み込まなくてもぐんぐん進むので、長距離でも楽に運転出来ます。
かなり静かで、以前のランクルよりも快適に運転できる。
シートが非常に良く静粛性に優れているし、シートエアコンも便利。

レクサスならではの、オーナーズデスクの利便性と安心感が良い。

エアコンも素晴らしくて、全て自動的に管理してくれるコンシェルジュ機能が良かった。
シートが非常に良く、長時間運転・乗車しても体に疲れや痛みを感じないシート。
3列目を外さなくても4名程度のゴルフバックは何とか積むことが可能でした。
良くない口コミ
ナビなどの操作はリモコンなのですが、とにかく使いづらく感じます。
オンロードでは、ゆっくり走るのが1番。

ハンドルの遊びも多く、高速での安定感はないし、ブレーキの効きも甘い。

走行モードはエコ、コンフォート、ノーマル、スポーツ、スポーツ+と5段階の設定があったが、コンフォートを選んでも乗り心地はあまりよくない。
跳ね上げ式のため、荷室はランクル同様狭い。
トランク以外のオートクローザーも欲しい。
乗り降りが大変。
ゴンドラ、パレット式の移動タイプの駐車場は無理。

自走式でも狭いところでは車幅が広いためドアが開かない恐れがある。

他にもこんな口コミがありました。

  • 低速域で時たま唸るエンジン音は耳触り
  • フロントガラスに速度などが表示されますが、表示位置が左過ぎて見えにくい
  • ドリンクホルダーも離れ過ぎて届かない
  • デザイン先行のため、使い勝手が悪い
  • クルーザーみたいな感じ
  • ランクル200やプラドからの乗り換えなら、とても良い車だと思いますが、悪く言えば、ランクルの内装良くしただけ
  • 値段を考えると、ランクルやプラドでも充分

使い勝手の悪さも目立ちますが、シートの座り心地・乗り心地や空調システムは良い評価を得ているようです。

レクサスLX570の乗り心地を徹底チェック!ランクルとの違いとは? まとめ

 

  • レクサスLXは、レクサスが販売するフラッグシップSUVである
  • トヨタで販売されている「ランドクルーザー」の姉妹車
  • シートの評価がよく、座り心地が快適
  • 空調システムが高評価
  • 長距離でも楽に運転が可能
  • ランクルやプラドよりも値段が高く、内装が良い
  • デザインは良いが、使い勝手に不安がある

 

えりか
長距離の運転や静かさは、かなりいい感じだね!
ここあちゃん
シートの乗り心地はいいみたいだけど、使い勝手が、イマイチなところもあるみたいだね。
えりか
大きい分駐車場にも困るよね。
ここあちゃん
大きな車に乗りなれた人や、金銭面で余裕のある人には良い車かもしれないね。

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

憧れの車を買うため、限界値引きの体験談を無料公開!

「車を買い換えよう!」

と思った時に、多くの人はディーラーや販売店に向かいますよね。
えりか
この時、あなたも「できるだけ安く買いたい!」と思いますよね?
私もそうでした。

ちょうどその頃、私も車の買い替えを検討していました。

ですが、私の妹が大切にしていた愛車がタダ同然で引き取られたのを聞いたり、私が以前買い替えた時、自分で中古車販売店を回っていたのがかなり疲れた経験があります。

そういった妹の失敗や自身の経験を教訓にして、
今回はできるだけお得に車を買い換える方法を徹底的に調べ、偶然友人から教えてもらったマル秘テクニックも実践した結果、非常に満足する買い替えができました。

えりか
販売員に言われるままに契約したら絶対に損します。

ほんの少しの工夫で、私は46万円もお得に買い替えられました。

ここまで見てくれたあなたにだけ、こっそり私のテクニックを公開しちゃいます!


私が実践したマル秘テクニックについてはこちらで詳しく紹介しております。

ディーラー下取りは損!?お得に車を買い換えるマル秘テクニックとは?

2020年2月13日


自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

→本当に得する保険会社をチェックする
自動車保険ランキング