ハイエース立体駐車場には入るのか?適した駐車場はどこ?

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する
えりか

ここあちゃん、聞いて!

この前モコちゃん達とハイエースに乗って、川に行ったの。

その途中、買い出しに行くためにスーパーの立体駐車場にハイエースを停めようとしたら、結構狭くて大変だったんだ。

ここあちゃん

ハイエースは大きいもんね~。

だから駐車を頑張ったと。

えりか

そうなの。

それでまた今度、ハイエースを借りてお出かけする予定なの。

ハイエースを停めるのに適している駐車場があったら教えてほしいな~、ここあちゃん。

ここあちゃん

そう来たか…。

よし、えりかの安全運転のために、調べてみよう!

ハイエースのサイズ感は?

 

ハイエースは、トヨタから発売されている車で、ボディタイプが3種類あります。

  • バン」
  • ワゴン」
  • コミューター」

ハイエース「バン」

https://toyota.jp/hiacevan/grade/grade3/

引用:トヨタ公式HPより

グレード ボディ・ルーフ・フロア 乗車人数(人) 全長(㎜) 全高(㎜) 車幅(㎜)
ロングバン スパーGL 標準 7 4695 1980 1695
ワイドボディ×ミドルルーフ 4840 2105 1880
DX・DX”GLパッケージ” 標準 3・9 4695 1980 1695
ジャストロー 1985
ハイルーフ 9 2240
ハイルーフ×ジャストロー 2245
スーパーロングバン ワイドボディ 7~9 5380 2285 1880

「バン」ボディの大きさや屋根の高さに種類があり、サイズ感が異なってきます。

前方席が2人乗りの7人乗りと、3人掛けができる9人乗りがあります。

後方席がない3人乗りがあるのも特徴で、車いすの乗降機を付けることもできます。

福祉施設などの送迎車として見かけたことがあるかもしれません。

ハイエース「ワゴン」

https://toyota.jp/hiacewagon/gallery/

引用:トヨタ公式HPより

グレード 定員(人) 全長(㎜) 全高(㎜) 全幅(㎜)
グランドキャビン 10 5380 2285 1880
GL 4840 2105
DX

「ワゴン」ミニバンに分類されます。

全幅は「バン」と変わらないものの、ボディが一回り大きくなっており、グランドキャビンは5mを超える大きさです。

大勢が1台に乗ってワイワイ楽しく移動できるので、若い方でもハイエースをレンタルして遠出をしたことがある人も少なくないでしょう。

「コミュータ」

https://toyota.jp/hiacecommuter/

引用:トヨタ公式HPより

グレード 定員(人) 全長(㎜) 全高(㎜) 全幅(㎜)
GL 14 5380 1880 2285
DX

「コミューター」は、上の写真のように14人乗りのハイエースです。

芸能人が現場移動の際に乗っている車と例えるとイメージが付きやすいでしょうか。

乗車できる人数が多い分、他のハイエースよりボディも大きいのが特徴です。

普通免許では運転ができないので注意が必要です。

えりか

ハイエースの大きさにこんなにも種類があるなんて知らなかったよ。

ここあちゃん

そうだね、同じに見えて大きさが違うよね。

使用目的に合わせて使えるから、自家乗用車としてよりは「働くクルマ」のイメージが強いかもしれないね。

立体駐車場にハイエースは入るのか?

https://toyota.jp/hiacevan/style/

引用:トヨタ公式HPより

立体駐車場の広さ

一般的な1台あたりの収容スペースは、幅2.5m×長さ5mとなっています。

「一般的な」というのは、スーパーなどの商業施設や、コインパーキングを含みます。

立体駐車場は、屋根のない平面の駐車場と違い、高さ制限があります。

高さは2.0~2.3mとバラつきがありますが、さ制限2.1m」という表記が多いようです。

ですが実際は「高さ制限2.1m」と表記があったとしても0.1m程度余裕がある造りが多いので、全高2.2m以下のハイエースなら駐車可能となります。

よって「幅2.5m×全長5m×全高2.2m以下」であるハイエースは下記となり、これらは駐車に問題ありません。

  • 「バン」の「標準、ワイドボディ×ミドルルーフ、ジャストロー」
  • 「ワゴン」の「GL、DX」

しかし、その他の種類だと、全長や全高的に立体駐車場への駐車は難易度が上がります。

ハイエースに適した駐車場とは?

では、ハイエースを駐車するのに適しているのはどのような駐車場なのでしょうか?

やはり、屋根のない平面駐車場が一番かと思います。

グレードによって立体駐車場への駐車が可能な種類ももちろんあります。

ですが、安全に且つ確実に駐車するのであれば、敷地が広く、車との間隔に余裕のある平面の駐車場へ駐車するのが一番です。

えりか

市街地へ向かうときはあまり向いていない車かもしれないね。

視界が開けた土地の広い駐車場があるところを選んだ方がよさそう。

ここあちゃん

目的地で困らないように、予め使いたい駐車場の制限サイズを確認した方がいいね

ハイエース立体駐車場には入るのか?適した駐車場はどこ? まとめ

ここあちゃん

今日の話をまとめるよ。

ボディタイプ グレード・ルーフ 立体駐車場 理由
(幅2.5m×長さ5m×※高さ2.0~2.3m)
「バン」 標準・ジャストロー
ワイドボディ×ミドルルーフ
ハイルーフ 全高が2.2m以上。高さ制限要確認
ワイドボディ 全長が5m以上
「ワゴン」 グランドキャビン 全長が5m以上
GL、DX
「コミューター」 GL、DX 全長が5m以上

高さ制限2.1m(表記なので実際は2.2m)の駐車場が多いので注意

ハイエースは立体駐車場に入るのか?
  • 一般的な駐車場の1台分のスペースは幅2.5m×長さ5m
  • 立体駐車場の高さは2.0~2.3mだが、高さ制限は2.1m(表記なので実際は2.2m)が多い
  • 全高2.2m以下のハイエースは、「バン」の「標準、ワイドボディ×ミドルルーフ、ジャストロー」、「ワゴン」の「GL、DX」は駐車可能
  • それ以外のサイズは、全長や全高が一般的な立体駐車場のスペースを超えることが多い
  • ハイエースの駐車は、屋根の無い平面駐車場がお勧め
えりか

ここあちゃん、ありがとう。

次の目的地周辺の駐車場を調べておこうっと!

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

憧れの車を買うため、限界値引きの体験談を無料公開!

「車を買い換えよう!」

と思った時に、多くの人はディーラーや販売店に向かいますよね。
えりか
この時、あなたも「できるだけ安く買いたい!」と思いますよね?
私もそうでした。

ちょうどその頃、私も車の買い替えを検討していました。

ですが、私の妹が大切にしていた愛車がタダ同然で引き取られたのを聞いたり、私が以前買い替えた時、自分で中古車販売店を回っていたのがかなり疲れた経験があります。

そういった妹の失敗や自身の経験を教訓にして、
今回はできるだけお得に車を買い換える方法を徹底的に調べ、偶然友人から教えてもらったマル秘テクニックも実践した結果、非常に満足する買い替えができました。

えりか
販売員に言われるままに契約したら絶対に損します。

ほんの少しの工夫で、私は46万円もお得に買い替えられました。

ここまで見てくれたあなたにだけ、こっそり私のテクニックを公開しちゃいます!


私が実践したマル秘テクニックについてはこちらで詳しく紹介しております。

ディーラー下取りは損!?お得に車を買い換えるマル秘テクニックとは?

2020年2月13日


自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

→本当に得する保険会社をチェックする
自動車保険ランキング