初代アウディTTはどんな車?憧れの名車のオーナーになるには?

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する

ここあです。

この記事にたどり着いたあなたは、初代アウディに興味がおありですね?

初代アウディTTは、アウディに不動の地位を与えた名車中の名車。

そのアウディに興味を持たれたあなたは、きっと車に対して並々ならぬ思い入れがあると思います。

ですが、そのオーナーになる機会がいずれ失われてしまう・・・そのことに、あなたは気づいてますか?

この記事にたどり着いたあなたは、本当にチャンスですよ。

2度とその勇姿を拝めなくなる前に、この記事を読んで、あなたの願望を

現実にしようではありませんか。

人生を無駄にしない為に、どうすればいいか?

本当の価値は誰が決める?

公道を走れば行き交う車。

猫も杓子もワンボックスかコンパクトカーばかり。

今の時代は実用性重視の味気ない世界に染まっています。

確かにアウトドアやレジャーを楽しむために、家族が多ければワンボックスカーは便利です。

燃費や小回りを挙げればコンパクトカーが優位に決まっています。

それらを選ぶ理由の陰には、家族を大切にしたいという思いが詰まっているのでしょう。

あるいは、それらが時代の最先端をいっている、というイメージも影響しているとも考えられます。

つまりファッション的に捉えても、それらが格好いいから良い、可愛いから良いと、大多数の人がそれらの価値観に染まっているのです。

そのため、街にはワンボックスやコンパクトカーが溢れているのでしょう。

でも、本当の価値とは一体誰が決めるのですか?

車のカッコ良さは、多数決で決まるのでしょうか?

皆がいいと言うものを、無条件で良いと言わなければいけないのでしょうか?

僕はそうは思いません。

本当の価値とは他人が決めるものではありません。

あなた自身が決めるものです。

確かに、本当の価値とは、大多数に理解されるものではないかも知れません。

ですが、あなた自身の感性を押し殺してまで、多数の意見に従うべきでしょうか?

あなた自身の感性に従ってこそ、本当の価値にたどり着けるのではないでしょうか?

行動を起こさない理由とは?

僕のご主人、えりかの知り合いに、いつも「もし、〇〇だったら、●●するんだけど」とボヤいている方がいます。

彼は何かと理由をつけて行動を起こす事を避けているのです。

でも、僕はその方が3年前も同じ事を言っていたのをしっかりと記憶してるんです。

つまりは彼は自分の願望を叶える行動を起こす勇気がないようです。

恐らく願望を叶えられる条件が10のうち9揃ったとしても、彼は残りの一つを理由にして、行動を起こさないでしょう。

そして、この先3年後も同じセリフを口にするのでしょう。

僕はそれを「何ともったいない事か」と思っています。

なぜなら、行動を起こせば、その瞬間から新しい世界が開けて人生が輝き出す事を知っているからです。

勿論、どんな行動にも結果があり、その結果が必ずしも良いものになるという保証はありません。

ですが、十分に検討を重ねて導き出した決断であれば、その先の未来は本人にとって満足できるものになります。

仮に予想に反した結果が出たとしても、その時の自分にとって、最良の選択をしたと思えるなら後悔はしない筈です。

それよりも、たった一度の人生何も行動を起こさず、自らの願望に目を背けて生きる方が余程、後悔が残るでしょう。

豊かな人生を送るという事

あなたは現在、豊かな人生を送っていますか?

余計なお世話だと言われるかも知れませんね。

  • 自分の思い通りに生きている
  • 周囲の人間関係にも恵まれている
  • 仕事も充実し、自由になるお金もある

もし、そうだとすれば、世間的に見て、あなたは豊かな人生を送られていると言えるでしょう。

人生とは、人が生まれて死ぬまでの時間です。

つまり「豊かな人生を送る」とは「豊かな時間を過ごす事」だと思うのです。

では「豊かな時間」とは一体何でしょう?

それは、心を満たす時間を過ごす事です。

それが「豊かな人生を送る」ことに繋がるのではないでしょうか?

これは何においても言える事かと思います。

「心を満たす」

その心とは勿論、あなた自身の心以外の何ものでもありません

他の人の要求を満たすことでもなく、あなた自身の心です。

そして人生における「時間」とは有限です。

その「限りある時間」の中で、いかに

「あなた自身の心を満たす」か。

それこそが「あなたの人生を豊かにする」事に繋がるのです。

では、どうすれば、あなたの心を満たせるのでしょうか?

それは他人には分かりません。

あなた自身にしか、その方法は分からないのです。

言い換えれば、他人ではなく、あなた自身が好きだと思う事、楽しいと感じる事、嬉しいと思える事が全てです。

それらを行い、手に入れる事だけがあなたの心を満たすのです。

もし、他人の意見に惑わされ、自らの心を置き去りにして物事を選択したならあなたはきっと「豊かな人生」を送る事ができないでしょう

それは間違いありません。

だって、あなたは皆とは同じ人ではないのですから。

あなたは、あなたなのです。

あなたの心だけが知っている満たされる時間とは何か?

真剣に考える必要があります。

本当に初代アウディTTのオーナーになれるのか?

 

ここに初代アウディT Tという選択肢があります。

言わずと知れた名車です。

もし、そのオーナーに、今ならまだなれると言われたら、あなたはどう思われますか?

現実的ではない、そう思われますか?

そんな事はありません。

まさに今、この記事を読まれている今こそが、オーナーになるベストタイミングなのですよ。

今なら初代アウディTT車両価格100万円以下でも、走行距離2万km台から5万km台までの条件見つかる可能性があるんです。

マイナーチェンジした以降のアウディTTと比較してしまえば、走りでは見劣りする点はあるかもしれません。

しかし、その走り自体は現在でも十分通用します。

やはり初代アウディA3と共通のプラットフォームですので、充分な走りを見せてくれます。

気になるメンテナンスコストも、古い輸入車を維持するのとほぼ同一と考えられます。

整備履歴さえしっかりチェックしておけば、その点は問題ないですね。

勿論、猫に小判という言葉があるように、どんなに価値があろうと、それを理解できない方にとっては、この話は何の値打ちもありません。

価値とは結局、そういうものです。

  • 何を美しいと感じるか?
  • 何が心地よいと思うか?
  • 何に心を踊らせるか?

全て人それぞれ。

ただ、どんなに望んでも、物事にはタイミングがあります。

そのタイミングさえ整えば、人は行動を起こす事ができるのです。

しかし、そのタイミングは何度も訪れる訳じゃありません。

常にアンテナを張り、自らにとって必要な事柄におけるタイミング鋭くキャッチできる人が、豊かな人生を送る事ができるのかも知れませんね。

初代アウディTTの魅力って何?

初代アウディTT良いところは数えればキリがありません。

まず初代アウディTTの最大の特徴と言えるのは「円」のモチーフをリピートさせる事で得られる「調和という美」を創造している事でしょう。

エクステリア(外装)とインテリア(内装)

アウディの証シングルフレームグリル「four silver rings」のエンブレムを掲げたフロントフェイス。

優麗な丸みを帯びたアーチ状のルーフラインに、ボディと融和するフラットなヘッドライト

高めにウエストラインをとったスタイリングと、くっきり張り出した前後のフェンダー

エキゾーストパイプも「円」を主張するが如くシンメトリーにレイアウト。

TTのロゴが標されたアルミ製のフューエルキャップ。

インテリアでも「円」というモチーフあらゆる箇所に繰り返す事で整然とした美しさを作り上げています。

ステアリング中央に配された「four silver rings」の外縁、エアーベント、ハザードスイッチ、シートヒータースイッチ、シフトレバーのべースなど。

オーディオの収納蓋であるアルミにはTTのロゴ

アルミニウム部分は削り出しという拘りで高級感を生み出しています。

これらが言葉にできる初代アウディTTの魅力と言えます。

勿論、これは初代アウディTTの魅力の一部に過ぎません。

恐らく実際に運転した方だけが、初代アウディTT更なる魅力や真の価値を体感されるのでしょう。

初代アウディTTが生まれた背景は?

 

興味を持っていただけた方の為に、初代アウディTTが生まれた背景をお話しします。

アウディの基となる“AUTO UNION(アウト・ウニオン)”の中核メーカーの中に

“DKW(デーカーヴェー)”がありました。

“DKW”はドイツのオートバイと自動車の製造メーカーです。

1932年に“DKW”アウディ、ホルヒ、ヴァンダラーと合併して“AUTO UNION”になりました。

1956年イタリア・モンツァサーキットで5つのワールドレコードを記録した“Monza”の名前をとって長距離レースの為に開発された“DKW Monza”というスポーツカーが生まれました。

現在もアウディミュージアムには“DKW Monza”がAUTO UNIONのレコードモデルとして永久展示されています。

そして、この”DKW Monza”へのオマージュがフリーマン・トーマスのデザインによって、初代アウディTTを生み出したと言われています。

アウディといえば真っ先に皆さんが思い浮かべるのは「4つの輪」ではないでしょうか?

この「four silver rings」のエンブレムアウディ、DKW、ホルヒ、ヴァンダラーの事なのです。

そんな歴史あるエンブレムを掲げたアウディ車の中で、この初代アウディTTあらゆる点で希少な車なのです。

アウディはこの初代アウディTTを発表し、BMWに戦いを挑みました。

それが1998年の事です。

TTという名前は英国王領マン島で始まったバイク・自動車レース「Tourist Trophy ツーリスト・トロフィー」から来ています。

初代アウディTTスポーツカーとしてこのレースを制したのです。

スペック(主要諸元)

気になるあなたのために、アウディTTのスペックをお伝えします。

初代アウディTTの主要スペック
  • プラットフォームは初代アウディA3と共通でホイールベースは約100mm短縮。
  • 4人乗りクーペ・ロードスター:全幅1765㎜、全長4060㎜。
  • 搭載エンジンは1.8Lの直列4気筒20バルブターボ。
  • クーペには3.2LのV型6気筒24バルブユニットも用意。
  • TTクーペ・クワトロ…サスペンション形式:フロントはストラット式、リアはダブルウイッシュボーン式。
  • TTロードスター…サスペンション形式:フロントはストラット式、リアはトレーリングアーム式。
◆TTクーペ 1.8Tクワトロ(6AT)
  • 最高出力164kW(225ps)/5900rpm
  • 最大トルク28.6kgm/2200rpm
◆TTロードスター 1.8T(6AT)
  • 最高出力132kW(180ps)/5500rpm
  • 最大トルク24.0kgm/1950-5000rpm
◆TTクーペ 3.2クワトロSライン(6AT)
  • 最高出力184kW(250ps)/6300rpm
  • 最大トルク32.6kgm/2800-3200rpm

初代アウディTTはどんな車?憧れの名車のオーナーになる為のまとめ

 

  • 人生を無駄にしないためには、あなた自身の感性に従う事
  • 本当の価値を決めるのは他人ではなく、あなた自身
  • 行動を起こさない為の理由を探すのは愚か
  • 「豊かな人生を送る事」とは、あなた自身の「心を満たす時間を過ごす事」
  • 初代アウディTTのオーナーになるなら、今のタイミングしかない
  • 初代アウディTTの真の価値は、実際に体験した人しか理解できない
  • 豊かな人生を送りたいなら、行動あるのみ

大多数の人は、新車や人気の車種へ殺到するでしょう。

私自身も他の記事でそれらの車を勧めていますし、人によっては最善の選択肢だと思います。

しかし、この記事を読まれているあなたは、それらを選んでもきっと満足できないでしょう。

あなたは、あなたの感性の赴くままに、車を選んで下さい。

その選択肢の一つを、僕は提示できたと確信しています。

心を満たす時間の為に、初代アウディTTを中古車市場で探してみてはいかがでしょうか?

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

本当に得する保険会社をチェックする↓
自動車保険ランキング