アウディA3スポーツバックってどんな車?燃費や歴史も徹底解説!

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する
えりか
ここあちゃん!

アウディA3スポーツバックが新しく生まれ変わったっていうニュースがきたよ!

ここあちゃん
えりか情報がはやいね。

そうだよ、アウディがA3スポーツバックがフルモデルチェンジをして、1996年にアウディのコンパクトモデルとして誕生してから4代目になるんだよ。

えりか
へぇそうなんだ!

どんなところが変わったの?

今日はアウディA3のスポーツバックについて教えてよ!

ここあちゃん
いいよ。

特にどんなところが知りたい?

えりか
燃費とか性能のことを知りたいな。
ここあちゃん
OK!

じゃあ、アウディA3のスポーツバックの燃費や性能について解説していくね!

アウディA3スポーツバックの性能

ここあちゃん
じゃあ早速、4代目の「A3スポーツバック1.5TFSI」と3代目の「A3スポーツバック1.4TFSI」を比較していくね。
えりか
ここあちゃん、いつもありがとう。
A3スポーツバック1.5TFSIA3スポーツバック1.4TFSI
総排気量1498cc1394cc
燃費19.5㎞/ℓ19.5㎞/ℓ
最高出力[ネット]150ps/5000-6000pm122ps/4500-6000pm
全長/全幅/全高 ㎜4343/1820/14494310/1780/1425
車両重量(㎏)不明1,320〜1,520kg
乗車定員(名)55
ここあちゃん
比較すると、ボディーのサイズがわずかに大きくなっているんだよ。

ボディーサイズが大きくなることで、ラゲッジルームが広くなっているんだ。

燃費は19.5km/ℓほぼ変わらないよ。

えりか
少し大きくなったんだね。

燃費も結構いいねぇ。

ここあちゃん

A3の燃料タンクは50ℓ~55ℓなので975~1072.5㎞は走れるよ。

東京から山口県まで行ける計算だよ。

えりか
そんなに走ることができるんだ!

アウディA3ってどんな車?

えりか
アウディって言ってるけど私アウディのこと何もしらないよぉ…。
ここあちゃん
そんなこと気にしなくていいよ。

アウディA3の歴史を少し見てみよう。

初代 アウディA3 (1996年-2003年)

ここあちゃん

1996年に「小さな高級車」をコンセプトに発売されたんだよ。

引用 Wikipediaより

ここあちゃん
縦置きエンジンFFがアウディーのスタイルだったんだけど、横置きエンジンFFとより一般的なスタイルに変更したのがA3なんだよ。
えりか
エンジンを横置きにすることでコンパクトな形にすることができたっていう事ね。
ここあちゃん

そうなんだよ。

縦置きのエンジンはA4やA5に採用されていてA3と比べるとボディーのサイズが大きくなるんだよ。

初代のA3は3ドアハッチバックFFの4速ATだったんだけど、1999年に4WD であるクワトロ・5速MTが加わり、NAモデルに5ドアボディになったんだよ。

2代目 アウディA3 (2003年-2012年)

ここあちゃん
2003年に2代目が発売されたよ。

基本的なメカニズムやシャーシ、エンジンは先代と同じでゴルフと共有しているんだ。

引用 Wikipediaより

ここあちゃん

ボディスタイルが当初3ドアハッチバックのみだったんだけど、2004年に5ドアのスポーツバックが登場したんだ。

名称が「スポーツバック」なのは、ハッチバックでもワゴンでもない新感覚のスポーツユーティリティカーだからみたいだよ。

えりか
ここではじめてスポーツバックが登場したんだね。

3代目 アウディA3(2012年‐2020年)

ここあちゃん
そして、少し前までのモデルの3代目A3は2012年にジュネーブモーターショーで発表されたんだよ。

引用 Wikipediaより

ここあちゃん

先代と比べて多少大型化され室内と後席のスペースが広くなったんだ。

代替ごとに少しづつ大きくなって、車内も広く快適な空間に変化していったんだよ。

えりか
時代に合わせて形が変化していったんだぁ。
ここあちゃん
そうなんだよ。

でも、シャーシはどのA3もフォルクスワーゲンのゴルフと同じものが採用されているんだよ。

アウディはA3だけじゃない

えりか
アウディってA3だけではないんでしょ?ほかにどんな車があるの?
ここあちゃん
アウディにはAが1から8まであるんだよ。

えりか
そんなにあるんだぁ。

どうしてAなの?

ここあちゃん
Audiの頭文字であるとともに、「ものごとの始まり」という想いを込めた「Attractive(魅力的)」という単語に由来しているとも言われているんだ。

このAが表すのが車のグレードであり日本で言うところの名称なんだよ。

欧州のメーカーはアウディのようにローマ字と英数字を組み合わせたものや、英数字だけで表すことがネーミングの主流になっているんだよ。

えりか
名前を見ただけで車のグレードがわかっちゃうんだね?
ここあちゃん
そういうことだよ、日本にはまず考えられないネーミングなんだよ。

良くも悪くも国民性の違いだね。

えりか
A以外にも他にあるっていうこと?
ここあちゃん
うん、あるよ。

基本的なアウディのグレードは「A」A1~A8までのラインナップがあるんだ。

そのそれぞれのグレードに「S」が用意されていて、全車4WDで、エンジンもハイパワーになっているんだ。

排気量も出力も倍以上にアップするんだよ。

 S3セダン/スポーツバック
エンジン種類直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ
総排気量1,984 cc
最高出力[ネット]213 (290) / 5,400-6,500  kW(PS) / rpm
最大トルク[ネット]380 (38.8) / 1,850-5,300  Nm(kgm) / rpm
ここあちゃん
これがS3のスペックだよ。
えりか
倍じゃないけど…すごくパワーアップしてる…。
ここあちゃん
値段は633万円となっているよ。

車のサイズは変わらないけど、全く違う車になるんだよ。

この違いを明確にする為か「S」という名前になっているんだ。

えりか
この違いはすごいね!

見た目は同じでも中身は全然別だし、名前も別にしたいよね。

ここあちゃん
ちなみに「RS」っていうのもあって、それは更にその上をいくんだよ。

えりか
えっ!

まだ上があるの?

ここあちゃん
A3からは「RS」が存在するんだよ。

  • 400PSの高性能を発揮する5気筒エンジン
  • 0-100km/h加速4.1秒、最高速280km/h。驚異的なその運動性能
  • RS専用機能付きAudiバーチャルコックピット
  • RS3はなんと756万円~

えりか
もはや、A3とは違う車だね。
ここあちゃん
RSシリーズは7まで存在していて、これが最高スペックの「RS7」だよ。

引用 YANASE HPより

RS7 スポーツバック
全長 (mm)5,010
全幅 (mm)1,910
全高 (mm)1,425
最高出力 [ネット]412kW (560PS) / 5,700 – 6,600rpm
最大トルク [ネット]700Nm (71.3kgm) / 1,750-5,500rpm
ここあちゃん
価格は1400万~になっているよ。
えりか
一度は乗ってみたいなぁ…。
ここあちゃん
うーん、頑張ればなんとかなるんじゃない?

きっと…。

アウディA3スポーツバックってどんな車?燃費や歴史も徹底解説! まとめ

えりか
今回はアウディの「A3」がフルモデルチェンジをしたということで、アウディのことを色々調べてもらったよ。
ここあちゃん
今日調べたことを以下にまとめたよ。
  • アウディA3スポーツバックのスペック
    • ボディが従来よりわずかに大きくなり、ラゲッジルームが広くなった
    • 燃費は19.5km/Lで従来と変わらない
    • タンク容量は50ℓ~55ℓで、東京から山口まで行ける
  • アウディA3の歴史
    • 1996年に「小さな高級車」をコンセプトに発売した
    • 2020年にフルモデルチェンジして、第4世代になった
  • A3以外のアウディ
    • アウディはA1~A8まである 
    • ちなみにアウディA3の「A」はグレード
    • Aよりも上の「S」や「RS」といったクラスが存在する
えりか
A3は満タンで東京から山口まで移動できるくらい燃費がよかったんだよね。

それとアウディの車の歴史や、グレードについてわかったから街で見かけるアウディを語りたくなるかもね。

ここあちゃん
アウディに関する知識は僕には負けるけどね♪

えりか
負けず嫌いか?

次はどんな車をしらべてもらおうかなぁ。

その時はまたお願いするねぇ。

ここあちゃん
うん、任せて!

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

本当に得する保険会社をチェックする↓
自動車保険ランキング