スズキジムニーの名前の意味は?歴代の型式も紹介!

車を買い換える時に、そのまま愛車を下取りに出すと100%カモられます。

私がお得に買い替えた一括査定を知らない人は一生損しつづけますよ。
えりか
私も早くこの方法で買い替えていたらなぁ、と思いました。

一括査定はスマホでたった45秒でできますし、何より無料で査定してもらえるんですよ!

しかも複数の買取業車が勝手に競ってくれるので、あれよあれよと買取額が吊り上がり・・・結果的には何の交渉もしなくても最高額で売ることができました(笑)

ディーラー下取りより18万お得に買い替えられましたよ。
あなたも私と同じようにお得に買い替えてみませんか?私が利用したサイトはこちらになります。

《車買取》無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪

1970年から市販され現在も大人気の日本が誇る名車スズキ・ジムニー。

名前の由来から歴代、ジムニーの型式などを解説します。

ジムニー好きならもちろんのこと、ジムニーに少しでも興味ある方にも知ってもらいたい、日本を代表する車です。

ジムニーのネーミング

引用:スズキ公式HPより

ジムニーは、ジープ型の「Jeep」と小型「Mini」そして小さい「Tiny」を掛け合わせて命名された

ものであり、メーカー公式発表では「発音のしやすさ、覚えやすさなどから作った造語である」とされている。

普通自動車の「シエラ」は、英語で山脈を意味する「SIEERA」と「ジムニー」を合わせて「ジムニー・シエラ」となっています。

えりか
ジムニーって軽自動車の本格的なオフロードってイメージだよね。
ここあちゃん
そうそう。

軽自動車ながら高い悪路走破性能を備えた四輪駆動車なんだよ!

そして普通自動車モデルもあるんだ。

えりか
へぇ、それは知らなかった!

ジムニーと言えば軽自動車だけかと思ってたよ。

なんだかジムニーの歴史も興味が湧いてきちゃった!

教えてここあちゃん!

ここあちゃん
それじゃ、今回はジムニーの歴史を振り返ってみようか。

まずは、海外輸出モデルから見てみよう!

海外輸出モデルの歴史「ブルート」から「サムライ」まで

 

海外輸出は1971年「ブルート」(LJ10型)2000台がアメリカへ輸出されたのは始まりです。

海外へ輸出されたモデルは

LJ10型 1971年頃 初代第1期「ブルート」
LJ50型 1975年~ 輸出専用550ccエンジンを搭載
LJ80型 1977年~ LJ50型よりも大きい800ccエンジンを搭載
SJ410型 1981年~ 輸出専用1000ccエンジンを搭載
SJ413型 1985年~ 輸出専用1300ccエンジンを搭載「SAMURAI」ジムニー1300ccワイドトレッドモデル

となります。

えりか
結構古くから海外に輸出されているんだね!

SAMURAIってネーミングも日本って感じで良いよね。

ここあちゃん
そうなんだよ。

海外から見た日本のイメージの一つ「侍」、その名前をつけるところが日本代表って感じで良いね。

ジムニーの型式と歴史は?

ここあちゃん
それじゃジムニーの形式と歴史を振り返るよ。

結構長いけど、一挙にみていくよ!

LJ10型 1970年~1972年 初代第1期型360cc空冷エンジン 軽自動車初のオフロード車として発表
LJ20型 1972年~1976年 初代第2期型水冷エンジン 雪国や寒冷地で販売数を増やす バンタイプ追加
SJ10型 1976年~1981年 初代第3期型 水冷直列3気筒2サイクル 排気量539cc(550ccクラス)に拡大
SJ20型 1977年 SJ10型車両に800ccエンジン搭載 スズキ4輪車では初めての4サイクルエンジン
SJ30型 1981年~1987年 2台目第1期 初のフルモデルチェンジ 女性ユーザーを意識し快適性と操作性改善
SJ40型 1982年~1984年 SJ30型を元にF10Aエンジンを搭載970cc ピックアップトラックモデルも登場
JA51型 1984年~1987年 ジムニー1300 G13Aエンジン搭載 普通車ジムニー初の5ナンバー登録車が登場(乗用) 1985年にはパノラマフーフも追加される
JA71型 1986年~1990年 2台目第2期 軽規格のジムニーでは初めての電子制御燃料噴射装置および4サイクルターボエンジン搭載
JA11型 1990年~1995年 2台目第3期 軽自動車の新規格により660ccになる 限定車「ワイルドウインリミテッド」には初のパワーステアリングが装備される 3型になり3速AT車が装備される
JB31型 1993年~1995年 1300ccジムニー「シエラ」誕生!トレッドのワイド化、燃料供給のインジェクション化などの改良をし、北米市場に合わせた「サムライ」がベースとなる「シエラ」
JA12/JA22型 1995年~1998年 サスペンションにコイルスプリングを採用しオンロード走行に操縦安定性と快適性を向上させる 乗用車(5ナンバー)中心のラインナップに改めた
JB32型 1995年~1998年 ジムニーシエラもサスペンションにコイルスプリングを採用 G13型エンジンは4バルブ化され出力が向上した
JB23型 1998年~2018年 3代目ジムニーは軽自動車規格改定に伴いフルモデルチェンジ パワーウインドウや集中ドアロック、エアバックやABSなどの装備が採用された 外観は丸みのおびたものに大きく変更された
JB33型 ジムニーワイド 1998年新規格 幌やバンモデルは無く、5ナンバーのみの設定となる
JB43型 ジムニーシエラ 2000年~2018年 エンジンを新開発のM13Aへ変更された 当初「ジムニーワイド」で発売されるが2002年1月に「ジムニーシエラ」に改名される
JB64W型 2018年~現在 4台目フルモデルチェンジされたジムニーはジムニー史上初の専用チューニングされたR06A型ターボエンジンを搭載 安全装備では「デュアルセンサーブレーキサポート」などを装備 より安全に走れる 外観は2代目に近いスクエアー型になった
JB74型 2018年~現在 ジムニーシエラもエンジン換装、排気量がアップされ1.5Lの直列4気筒DOHC16バルブのK15B型になる オーバーフェンダーとサイドアンダーがニッシュが追加され装備された
えりか
さすがジムニー!

長い歴史があるんだね。

なんだかジムニーに詳しくなったような気がするよ。

ここあちゃん
ざっと紹介してみたけど、えりかはジムニー好きになったかな?
えりか
ここあちゃんには黙っていたんだけど、いつか一人キャンプをしてみようかと思ってたんだよ。

ジムニーは女性にも運転しやすそうだし、考えてみようかな。

ここあちゃん
そうだね。

キャンプにも使えるしタウンでも使える万能な車だし、おすすめだよ!

スズキジムニーの名前の意味は?歴代の型式も紹介!まとめ

 

  • ジムニーの名前はジープ型の「Jeep」と小型「Mini」小さい「Tiny」を掛け合わせて命名
  • 海外輸出の歴史も長い
  • ジムニーの歴史は 1970年〜現代まで続いている
  • 歴史は長いが基本的な特徴は変わらない

 

いかがでしたか?

ジムニーの歴史に改めて触れて、その魅力も再発見したのではないでしょうか?

本記事以外にも様々な車について書かれた記事がありますので、良かったらみていってくださいね。

「車を買い換えよう!」

と思った時に、多くの人はディーラーや販売店に向かいますよね。
えりか
この時、あなたも「できるだけ安く買いたい!」と思いますよね?
私もそうでした。

ちょうどその頃、私も車の買い替えを検討していました。

ですが、私の妹が大切にしていた愛車がタダ同然で引き取られたのを聞いたり、私が以前買い替えた時、自分で中古車販売店を回っていたのがかなり疲れた経験があります。

そういった妹の失敗や自身の経験を教訓にして、今回はできるだけお得に車を買い換える方法を徹底的に調べ、偶然友人から教えてもらったマル秘テクニックも実践した結果、非常に満足する買い替えができました。

えりか
販売員に言われるままに契約したら絶対に損します。

ほんの少しの工夫で、私は18万円もお得に買い替えられました。

ここまで見てくれたあなたにだけ、こっそり私のテクニックを公開しちゃいます!


私が実践したマル秘テクニックについてはこちらで詳しく紹介しております。

ディーラー下取りは損!?お得に車を買い換えるマル秘テクニックとは?

2020年2月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です