ボルボV40とスマホをブルートゥース接続!説明動画をご紹介!!

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する
ここあちゃん
えりか、インフォテイメントシステムって知ってる?
えりか
いんふぉてい・・え?なに??
ここあちゃん
そうだよね、聞き慣れないよね。

インフォテイメントシステムって、初めて聞く言葉かもしれないんだけど、実はすでに使ったことがあるかもしれないよ。

えりか
へーそうなんだ、どんなものなの?
ここあちゃん
音楽再生や、道案内や、ハンズフリー通話とかの、ココ最近のクルマはだいたい搭載しているシステムだよ。
えりか
えっ、最近の車?

うーん、例えばどんな車についてるのかなぁ?

ここあちゃん
そうだね・・・

あ、ちょうど良かった!

最近えりかがチェックしていたボルボV40で説明してみるね。

ボルボV40とは?

引用:ボルボ公式HPより

ボルボV40とは?

ボルボV40とは、スウェーデンの自動車メーカー「ボルボ・カーズ」が開発・販売をするステーションワゴンタイプの乗用車です。

ボルボV40は1995年に販売され、2012年に2代目が登場。

5ハッチバックモデルに改良され、クーペC30やセダンS40、ワゴンV50を統合した後継車種として人気を集めている。

えりか
うんうん、流線型のデザインはうっとりするほど綺麗だわ。

この車にいんふぉてーが搭載されているんだね!

ここあちゃん
インフォテイメントシステムだよ。

それじゃ早速、インフォテイメントシステムの説明に入るよ。

最近のクルマに搭載されているインフォテイメントシステムとは?

 

情報と娯楽を集めて、操作をカーナビを中心に一体化させた、まるでクルマ全体をスマートフォンのようにするシステムです。

  • 地図を表示して道案内をしてくれたり、渋滞情報を表示したりするインフォメーション(情報収集)部分
  • 車内で音楽を再生したり、ハンズフリーで電話ではなしたり、DVDを再生したりとかできるエンタテイメント(娯楽)部分

これらの2つ(インフォメーションとエンタテイメント)を組み合わせて作られた言葉がインフォテイメントシステムです。

ここあちゃん
クルマとスマートフォンをBluetooth(ブルートゥース)でつなぐことでスマートフォンの中の音楽や、電話帳にアクセスしてクルマの中にいながら、一体的に操作することができるんだよ。
えりか
わぁすごいね!

車内でスマホを操作するのは危ないから、だんだんとこのいんふぉていめっとがメジャーになっていくかも!

ここあちゃん
惜しい、インフォテイメントだよ。

Bluetooth(ブルートゥース)とは?

引用:Bluetooth公式HPより

この青いマークがブルートゥースのマークです。

パソコンのマウスやキーボードやイヤホン、ゲームコントローラーなどたくさんの製品があるので、みなさんも一度は見たことがあると思います。

ブルートゥースとは、近距離無線通信規格のひとつです。

えりか
近距離ってどれくらいなの?
ここあちゃん
近距離っていうのは数メートルから10メートルぐらいまでの距離のことだよ。

その範囲の中で、ペアリングした機器同士を無線でつなぎます。

一度ペアリングという作業をしてしまえば、あとは自動的に接続してくれるのでとても便利です。

ペアリングとは?

 

ペアリングとは、接続したい機器同士を一組のペアとして認識させることです。

ペアリングをすることで、他のブルートゥース機器が乱入したり、混線したりすることがありません。

例えばワイヤレスヘッドホンはブルートゥースで、ポケットやカバンの中のスマートフォンとつながって、耳に音楽を流しています。

電車の中で何人もワイヤレスヘッドホンを使っている人がいますが、そんな狭い空間の中でも混線しません。

それは、それぞれがペアリングしているからなんです。

もちろん街中でボルボV40同士がすれ違っても、ブルートゥース上の問題はまったくありません。

ペアリングの方法

よくあるペアリングの方法としては、次の手順で行われることが多いです。

  1. 機器Aのブルートゥース設定をオンにする
  2. 機器Bの電源ボタンを長押しする
  3. 機器Bのランプが点滅して、(相手を探しています)という状態に入る
  4. 機器Aの画面に機器Bの型番や製品名が表示されるので、その機器との接続を選択する。
  5. 機器Aの画面に接続済みと表示されて接続完了!

大体以上のような方法で、簡単に接続できます。

また、繰り返しになりますが、ペアリングは最初の一回だけ行えば、次回からは近くに行けば自動的に接続しれくれます。

うまくいかないときは。。。

ブルートゥースは、無線通信ですから、つながっているかどうかは私達の目には見えませんよね。

そのため何度やっても、ディスプレイに「相手が見つかりませんでした」と表示されてしまう、というようなこともあります。

怒りたくもなりますが、ココは一旦落ち着いて。

そんな場合は、上記の例でいうとAとBの機器の役割を反対にして試してみることができる場合があります。

ボルボでの接続方法とは?

ボルボ公式HPより引用

ボルボV40をスマートフォンと接続して使う場合、iPhoneとAndroidでは設定方法が異なります。

さらに、インフォテイメントシステム(ボルボのナビ)にはSensus ConnectとSensusの2種類のバージョンがあります。

2つの違いは、

接続ボタン の有無で確認することができます。

上の地球マークのボタンが有る場合はSensus Connect、ない場合はSensusです。

操作方法を解説している公式ホームページの動画をご紹介します。

iPhoneの場合

※引用:Volvo Of Oakville公式HPより

Androidの場合

※引用:Volvo Of Oakville公式HPより

スマートフォンで、Bluetoothをオンにします。

スマートフォンのブルートゥースを使って、クルマをインターネットに接続するには、あなたのスマートフォンがテザリングに対応していて、テザリングの機能が有効になっていることを確認してください。

テザリングについて
iPhoneではテザリングと呼ばれます。インターネット接続が確立されるまではテザリングメニューを開いておく必要があります。
Androidではインターネット共有と呼びます。

ブルートゥースでボルボV40と接続するメリットとは?

 

では、ブルートゥース接続をすることで、どんなメリットがあるのでしょうか?

  • 無線で接続だから、コードがごちゃごちゃからまったりしない
  • カバンやポケットの中に入れたままでもいい
  • 一度ペアリングの設定をすれば、次からは自動的につながる
えりか
コードのごちゃごちゃもそうだけど、カバンの中のごちゃごちゃも気にしなくていいのがいいよね。

もうカバンの中の整理なんてする必要なし!

ここあちゃん
整理整頓は、大事だよ。。。

ボルボV40とスマホをブルートゥース接続!説明動画をご紹介!! まとめ

 

今回の話をまとめます。

  • カーナビを中心にスマートフォンとブルートゥース接続をすることで、インフォテイメントシステムを使える
  • ブルートゥースはペアリングという設定を最初に一度だけすることで、あとは自動的につながる
  • ペアリングをすることで、ほかの機器と混線しない

ボルボV40との接続の操作は少し分かりにくいかもしれません。

ですが、紹介した動画を見てもらえば、そんなに難しくないのです。

ボルボV40とスマートフォンを接続させて、快適なドライブをしてみてくださいね。

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

本当に得する保険会社をチェックする↓
自動車保険ランキング