プリウスの寿命はどれくらい?走行距離や各パーツまで徹底解説!

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する
えりか
ねえねえここあちゃん、ハイブリッド車って最近よく聞くじゃない。
ここあちゃん
燃費が良く環境にもいいから最近どんどん増えてるね。
えりか
そうなんだ。
普通の車と比べて寿命ってどうなのかなと思って。
ここあちゃん
じゃあ今日は代表的なハイブリッド車のプリウスを例として、ハイブリッド車の寿命についてみていこうか!

最近日本でもよく見かけるようになったハイブリッド車。

そんなハイブリッド車の中でも、トヨタのプリウスと言えば1997年に発売された世界で初めての量産ハイブリッド車です。

そのためハイブリッド車と言えば、プリウスという方も多いのではないでしょうか。

ハイブリット車

複数の動力源を持つ車の事。

プリウスではガソリンエンジン電気モーター」の二つの動力源が採用されています。

今回はそんなプリウスの寿命について、走行距離やパーツなどの観点から解説していきます。

本体の寿命は20年以上!?

プリウス本体

引用:トヨタ公式HPより

一口に車の寿命といってもはパーツ毎の寿命等様々な要素があります。

ここではまず、その車に乗れなくなるまでを本体の寿命とします。

実は初代のプリウスはまだ動いている車も多く、中古車店でも見ることができます。

初代の発売が1997年の為、そこから現在(2020年)までと考えると20年以上は寿命があると言えます。

ここあちゃん
ただパーツ修理は高額なものもあるの。
だから、長く乗る場合はそれなりの費用が必要なんだ。
えりか
それでも20年以上ってなかなかすごいわね。

走行距離の目安は?

内装

引用:トヨタ公式HPより

ここあちゃん
車の寿命を決めるうえで大きな要素の一つは走行距離なんだ
えりか
やっぱりたくさん走るとその分消耗しそうね。

一般的に100,000km~150,000kmぐらいが一つの目安と言われています。

これは、特にメンテナンスなどを行わなかった場合の値です。

後述のバッテリーなどのメンテナンス次第では200,000km、300,000km』でも十分に走ることが可能です。

実際プリウスは一般車より遥かに走行距離の長いタクシーに採用されており200,000km以上走っている車も多いです。

ハイブリッドシステムについて

ハイブリッドシステム

引用:トヨタ公式HPより

ここあちゃん
ハイブリッドシステムは主に3つの主要パーツからできているんだ。

  • 駆動バッテリー(ハイブリッドバッテリー)
  • インバーター(パワーコントロールユニットに含まれている)
  • モーター(高回転モーター)
えりか
何となく名前は聞いたことあるわね。
ここあちゃん
じゃあ、一つ一つ解説していこうか。

駆動バッテリーの寿命は?

バッテリー

引用:トヨタ公式HPより

ここあちゃん
まずは駆動バッテリーから見ていくよ。
えりか
通常のガソリン車のバッテリーとは違うの?
ここあちゃん
ガソリン車のバッテリーは補機バッテリーと呼ばれるもので、駆動バッテリーとは違うものなんだ。

補機バッテリーについても後で解説するね。

駆動バッテリー

モーターを動かすための電力をためる部分です。

ハイブリッド車は

  • 電気モーター
  • エンジン

を組み合わせて走行します。

電気モーターの走行に使う電力はこの駆動用バッテリーから供給されています。

走行の際にの放電と蓄充電を繰り返すため、走れば走るほどバッテリーが劣化してしまいます。

プリウスのパーツの中でも最も寿命に直結してくるのがこの駆動バッテリーです。

プリウスの駆動用バッテリーの寿命は走行距離が大きくかかわっており
『100,000km』が一つの目安と言われています。

そのため『100,000km』前後でバッテリーを交換することになります。

交換費用は15万~20万円ほどとなっています。

インバータの寿命は?

パワーコントロールユニット

引用:トヨタ公式HPより

ここあちゃん
次はインバーターだね。
えりか
こっちはあまり聞かないわね。
ここあちゃん
これもハイブリッド特有のパーツでガソリン車にはないからね。
インバーター

主にモーターの回転数の制御を行っています。

走行中は回路に高い電圧がかかっており、発熱も大きく経年劣化が起きやすくなっています。

冷却用にウォーターポンプとセットになっていますが、こちらもトラブルが出やすいと言われています。

ハイブリッドシステムの中でも最も故障しやすいのがこのインバーターと言われています。

こちらも走行距離が一つの目安になっており
『100,000km~150,000km』で故障が増えてくると言われています。

修理は可能で費用は10万~15万ほどとなっています。

モーターの寿命は?

モーター

引用:トヨタ公式HPより

ここあちゃん
次にモータだね。
えりか
駆動バッテリーからの電気で回してるんだったわね。
ここあちゃん
そうだね。
ハイブリッド車はこのモーターを走行に使うことで、エンジンを一部停止させ、燃料消費量を抑ることができるんだ。
エンジンとモーター

エンジン燃料を燃やしその熱から力を取り出します。

そのため燃焼の際に排気ガスを放出します

モーター電力を回転力に変換することにより力を取り出します。

運転時には熱が出るだけで排気ガスは放出されません

発電については回生ブレーキという機構があり

『車の減速時にエネルギーをモーターで回収、発電してバッテリーを充電』

しています。

こちらについては信頼性が高く上記の二つより故障することは少ないようです。

中には『200,000km』以上トラブルなく走行することもあるようです。

故障した際の修理費としては10万円ほどといわれています。

このようにハイブリッドシステムのパーツは故障すると高額な修理が必要となります。

そのため、その時点で別の車に乗り換える場合も、プリウスの寿命の一つといえます。

補機バッテリーの寿命は?

ここあちゃん
最後に補機バッテリーについて見ていこうか。
えりか
こっちはガソリン車と同じなんだっけ?
ここあちゃん
そうだね。
通常車のバッテリーと言った場合このパーツのことを指すんだ。
エンジンとモーター

発電はエンジンの回転を利用して行われており、エンジンが動いている間は常に充電されています。

発電した電気は補機バッテリーへ充電され

  • ライトやオーディオなどの電源
  • エンジンの始動
  • プラグの点火

等に利用されます。

このバッテリーは基本的にはガソリン車でもハイブリッド車でも同じです。

寿命でいえば2年~3年程度で交換が必要と言われています。

費用的にはだいたい1万円~2万円かかります。

プリウスは故障しやすいのか?

引用:トヨタ公式HPより

えりか
ここまで色々数値が出てきたけど、実際ほかの車と比べるとどうなの?
ここあちゃん
結論から言うとプリウスは他の車と比べても故障しにくい車なんだ!

J.Dパワー社という会社が実施しているクルマ耐久品質調査というのがあります。

この調査では実際に報告された不具合や故障などの発生件数を調べてまとめたものです。

同社が発表した2017年のデータでは、プリウスがコンパクトカー部門で1位を獲得しています。

これはプリウスの故障しにくさを裏付ける大きなデータと言えます。

長く乗るためには

引用:トヨタ公式HPより

ここあちゃん
最後にプリウスに長く乗るためのポイント解説するね。
  • 走行距離を抑える
    ハイブリッドシステムの寿命は走行距離に依存するため寿命が長くなります。
  • 点検とメンテナンスをこまめに行う
    トラブルがあった場合、すぐに修理することが車を長持ちさせることに繋がります
  • 消耗品交換をこまめに行う
    通常のガソリン車と同様、消耗品を適切な時期に交換することで寿命を延ばすことができます。
えりか
やっぱりこまめなメンテナンスが寿命を延ばす秘訣ね。

プリウスの寿命はどれくらい?まとめ

 

  • 車本体の寿命は20年以上
  • 走行距離は10万kmが一つの目安、メンテナンス次第で20万km以上も走行可能
  • 駆動バッテリー、インバータは10万km~15kmで交換が必要
  • モーターは比較的故障が少ない
  • 駆動バッテリー、インバータ、モーター交換費用は10万円~20万円と高額
  • 補機バッテリーの寿命は普通車と同様2年~3年、費用は1万円~2万円
  • プリウスはクルマ耐久品質調査にて1位を獲得しており故障しにくい車
  • 長持ちさせるためには点検メンテナンスが重要

いかがでしたでしょうか。

今回はプリウスの寿命についてまとめました。

皆様の車選びの参考になれば幸いです。

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

本当に得する保険会社をチェックする↓
自動車保険ランキング