フォルクスワーゲンビートルってどんな車?燃費や価格を徹底解説!

車を買い換える時に、そのまま愛車を下取りに出すと100%カモられます。

私がお得に買い替えた一括査定を知らない人は一生損しつづけますよ。
えりか
私も早くこの方法で買い替えていたらなぁ、と思いました。

一括査定はスマホでたった45秒でできますし、何より無料で査定してもらえるんですよ!

しかも複数の買取業車が勝手に競ってくれるので、あれよあれよと買取額が吊り上がり・・・結果的には何の交渉もしなくても最高額で売ることができました(笑)

ディーラー下取りより18万お得に買い替えられましたよ。
あなたも私と同じようにお得に買い替えてみませんか?私が利用したサイトはこちらになります。

《車買取》無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪
えりか
ねぇ、ここあちゃん。

さっきすれ違った丸い形の車はなんていう車なの?

ここあちゃん
ああ、あれはフォルクスワーゲンの「ビートル」っていう車だよ。
えりか
ビートルっていうんだ、かわいいね!
ここあちゃん
でも、今は販売が中止になって新車での購入ができないんだよ。
えりか
えーっ販売中止なんだぁ。

だけど気になるなぁ、乗ってみたいなぁ・・・

中古車ならあるんじゃないの?

ここあちゃん価格を調べて!

それと燃費とかも気になるなぁ、それも調べられる?

ここあちゃん
うん、任せて!

じゃあ、ビートルの価格と燃費、あと購入時に注意することも解説していくね!

ビートルとは?

引用:フォルクスワーゲン公式より

ここあちゃん

「ビートル」の初代モデルは、1938~2003年までの間ドイツの自動車メーカーのフォルクスワーゲンによって生産されていて、四輪自動車としては世界最多の累計生産台数「2152万9464台」の記録を打ち立てた伝説的な自動車なんだよ。

ビートルの名前の由来は、その独特な形がカブトムシに見えることから、ビートル(beetle:日本語でカブトムシ)って名付けられたんだよ。

だから日本ではカブトムシって呼ばれることもあるんだ!

そして、1938年から2019年までの間、何度かモデルチェンジをして、初代から80年の2019年にビートルの歴史に幕を下ろしたんだ。

えりか
そんなに歴史のあるすごい車だったんだね!

ビートルの価格と燃費は?

ここあちゃん
価格と燃費を以下にまとめたよ!
えりか
ありがとう!

いつもご苦労様。

価格

ビートルは2019年に販売を中止していて新車での購入ができません。

ですが、中古車ならに新しいものから古いものまで揃っているのでバリエーションが豊富で選ぶのに困ってしまうくらいです。

以下の表は、参考までの新品での価格についてまとめたものです。

グレード 新品価格
Design 2.839.000
Design Meister 3.095.000
R-Line 3.098.000
R-Line Meister 3.555.000
2.0 R-Line 3.615.000
2.0 R-Line Meister 4.055.000

 

以下の表は、2012年4月からのモデルの中古車の価格についてまとめたものです。

平均価格 1.522.000
価格帯 480.000~3.700.000

古い年式になっていくと値段も比例して下がっていきます

とはいえ、ビートルの独特なデザインなのでどの年式のビートルを乗っても満足できます

燃費

パワートレインに、高効率なダウンサイジングユニットである1.2LのTSIエンジンツインクラッチの7速DSGミッションを採用しているので、デザイン性だけでなく爽快な走りと優れた燃費性能を実現しています。

グレード 燃費(JC08モード)
Design 17.6 km/L
Design Meister 17.6 km/L
R-Line 17.6 km/L
R-Line Meister 18.3 km/L
2.0 R-Line 18.3 km/L
2.0 R-Line Meister 13.4 km/L

ハイブリッド車には見劣りはしますが、普通自動車としては十分です。

えりか
中古車だったら値段も手ごろで購入しやすいね!
ここあちゃん
1つ注意があるんだけど、ビートルはハイオク車なんだ。

ガソリンを入れても大丈夫なんだけど、エンジンに負担がかかってトラブルを避けるためにも、ハイオクを入れるようにしてね!

えりか
そうなんだ!

細かいところまで調べてくれてありがとう!

ビートルの特徴と購入時に注意すること

えりか
ここあちゃん、ビートルのデザインだけで選ぼうとしているけど、ビートルのここが良いっていうところは他にないの?
ここあちゃん
あるよ!

外装もいいんだけど内装のデザインは日本車には無いくらい個性的なんだ。

内装の運転席・助手席の前に広がる一面のパネルがボディカラーと同色となっていて非常にお洒落度が高いんだよ。

引用 フォルクスワーゲン公式より

えりか
わぁーほんとだ!

すごくお洒落な内装だね。

デザイン以外での特徴って何かある?

ここあちゃん
もちろんあるよ!

以下にまとめたよ。

  • エンジン

ポロやゴルフにも搭載される、1.2リッターのターボエンジンで走るため軽快にキビキビした走行をしてくれます。

  • ハンドリング

スポーツカーのような鋭さはなく、運転手の操作に正確に反応してイメージ通りのラインを素直に走ることができ一体感を感じられます

えりか
軽快に操作できるっていいね!

ここあちゃん
でも、いい面ばかりじゃなくて、ビートルのユーザーでもイマイチと思っていることもあって

  • 外観はいいですが、内装はあまり良くない。狭く感じる、トランクも小さい。
  • 小回りがあまり利かないので車庫入れや駐車に気をつかいます。
  • 故障した時の部品が国産よりは高い。
  • 燃費が悪い。

といった意見もあるよ。

えりか
イマイチな意見がでるのは、しょうがないね。

それだけ愛着があるという裏返しだね!

ここあちゃん
イマイチといいながら乗り続ける人がリカイデキマセン…。

フォルクスワーゲンビートルってどんな車?燃費や価格を徹底解説! まとめ

  • 2019年に販売中止になり新車の購入ができない
  • 中古車での購入は約48万円から購入できる
  • 燃費は13.4 km/L~18.3 km/Lグレードによって多少変わる
  • ハイオク車
  • 歴史があり、見た目に特徴がある車
  • エンジン性能やハンドリング性能が良い
  • 一部イマイチな意見も存在する
えりか
ビートルっていう車はなかなか歴史のある車なんだねぇ。

ビートルに出会うのが遅かったなぁ。もっと早く知っていたらなぁ。

ビートルって色んなタイプがあるんだぁ、次はビートルの種類を調べてみてよ。

ここあちゃん
うん、任せて。

次はもっと詳しくビートルをみていこう!

ただ、今日は疲れたからもう寝ます…。

えりか
AIって疲れるんだ…。

お、おやすみ。

「車を買い換えよう!」

と思った時に、多くの人はディーラーや販売店に向かいますよね。
えりか
この時、あなたも「できるだけ安く買いたい!」と思いますよね?
私もそうでした。

ちょうどその頃、私も車の買い替えを検討していました。

ですが、私の妹が大切にしていた愛車がタダ同然で引き取られたのを聞いたり、私が以前買い替えた時、自分で中古車販売店を回っていたのがかなり疲れた経験があります。

そういった妹の失敗や自身の経験を教訓にして、今回はできるだけお得に車を買い換える方法を徹底的に調べ、偶然友人から教えてもらったマル秘テクニックも実践した結果、非常に満足する買い替えができました。

えりか
販売員に言われるままに契約したら絶対に損します。

ほんの少しの工夫で、私は18万円もお得に買い替えられました。

ここまで見てくれたあなたにだけ、こっそり私のテクニックを公開しちゃいます!


私が実践したマル秘テクニックについてはこちらで詳しく紹介しております。

ディーラー下取りは損!?お得に車を買い換えるマル秘テクニックとは?

2020年2月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です