アクアの自動ブレーキ搭載車の安全性能は?その実態に迫る!

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する
えりか
ねぇ、ここあちゃん。

トヨタのアクアってやっぱり人気よね。

今日も通勤途中に何台もすれちがっちゃった。

ここあちゃん

アクアはプリウスのミニ版として、2011年12月に発売され、女性にも大人気なんだよ。

えりか
へぇ~。

確かにコンパクトでかっこ良いし、走りも軽快な感じ!

何色がかっこいいかな~。

やっぱりブルーかな~。

ここあちゃん
えっ、えりかもしかしてアクアに買い替えるの?
えりか
いやー、まだ何にするかは決めてないよ。

でも、想像するのはタダでしょ?

もしアクアに乗り換えたらどうかなーって。

それに友達も欲しそうだったしね。

ここあちゃん、他にもアクアの人気の秘密って何かあるの?

ここあちゃん
そうだねー。

アクアはハイブリットカーならではの燃費の良さ加速の良さも人気の秘密なんだよ。

あとは安全装備がパーフェクトなら、もう言うことないんだけれどね。

えりか
えっ!安全装備パーフェクトじゃないの?
ここあちゃん
そんなことはないよ!

アクアもセーフティサポートカーだから自動ブレーキなどの安全装備は付いてるんだよ。

えりか
ちょっと待って、ここあちゃん。

セーフティサポートカーって何?

ここあちゃん
オッケー!!

さっそくセーフティサポートカーの意味とアクアの自動ブレーキの安全性についてこれから一緒に調べてみよう!

アクアとは?

引用:トヨタ公式HPより

アクアとは、トヨタ自動車が製造・販売しているハッチバック型のハイブリッド車。

アクアの語源はラテン語で水を意味している。

トヨタアクアのセーフティセンスとは?

引用:トヨタ公式HP

交通死亡事故の7割は、歩行者との接触、車の正面衝突、車線はみ出しや追突によるものです。

それに加えて最近、高齢者による事故も後を絶ちません。

そんな中、政府が交通事故防止対策の一環として積極的に製造を勧めている車をセーフティサポートカーと言います。

セーフティサポートカーとは自動ブレーキなどの安全装置が備え付けられている車のことです。

えりか
へー。

自動ブレーキなんて、昔は夢みたいな話しだったのにね。

今は悲惨な事故から守るために欠かせないものなのね。

ここあちゃん
そうなんだよ。

今や自動ブレーキは、とんどの車の標準装備の一つとして欠かせないものになってきているんだよ。

アクアの自動ブレーキの性能について調べてみたよ。

アクアセーフティセンスについて《ここあちゃん検索》

アクアは発売後2回のマイナーチェンジを行い、その際“トヨタセーフティセンス”という安全装備を一部グレードにのみ、標準装備化しました。

セーフティセンス”とは一体、何なのでしょうか?

順を追って見ていきましょう。

トヨタセーフティセンスとは先進予防安全装備の事で、自動ブレーキを含む最新の安全装備です。

えりか
つまり、“トヨタセーフティセンス”には自動ブレーキ以外の機能も含まれてるってことなのね。
ここあちゃん
その通り!

”セーフティセンス”の機能にはどんなものがあるのか、さっそくみてみようか!

セーフティセンスで一番の注目機能《ここあちゃん検索》

引用:トヨタ公式HP

  • プリクラッシュ セーフティ

昼間の先行車、歩行者を検出し、警報ブザーを鳴らし、ブレーキアシストをしてくれます。

自動ブレーキで衝突回避します。

警報が鳴る条件

対車両 約15km/h~140km/h

歩行者 約15km/h~65km/h

この条件下で走行中、危険を警報ブザーで知らせてくれます。

ブレーキを踏むと、ブレーキアシストをしてくれ、衝突せずに止まることができます。

自動ブレーキが作動する条件

対車両 約10km/h~80km/h

歩行者 約15km/h~65km/h

この条件下で走行中、危険を察知すると、自動ブレーキが作動し、衝突回避又は被害軽減となります。

えりか
へー、すごい!

このスピード条件だったら、警報で危険を知らせてくれたり、自動ブレーキがかかるのね。

ここあちゃん
そうなんだよ。

とっても賢い機能なんだよ!

その他の安全装置の種類
  • レーンディパーチャーアラート

走行中、白線や黄線をウィンカー無しで越えようとした時に、ブザーとディスプレイ表示で知らせてくれる機能です。

脇見運転や居眠り運転による事故防止になります。

  • オートマチック ハイビーム

暗い夜道でハイビームに調整することにより、歩行者や障害物を感知し

事故防止につながると共に、先行者や対向車を感知すると自動的に

ハイビームからロービームへ角度を調整してくれ

ハイビームにより相手の視界を阻む事を防止してくれます。

  • 先行車発進告知機能

信号待ちや渋滞で停止している時、前の車の発進をブザーとディスプレイ表示で知らせてくれる機能です。

えりか
トヨタセーフティセンスって、安全で便利な機能が満載で、なんかお得パックって感じね!
ここあちゃん
そうでしょ!

じゃぁ今度は、アクアのどのグレードにそのお得なパックが付いているのか、徹底調査だよ!

トヨタのアクアのグレードと安全装備はどんなラインナップ?

引用:トヨタ公式HP

えりか
アクアのグレードはどんなラインナップなのかな?
アクアのグレード4種類《ここあちゃん検索》
  • 低価格のL
  • 備わったS
  • 高級グレードのG
  • スポーツタイプのCrossover
ここあちゃん
アクアのグレードは大きく分けるとこの4種類あるんだよ。

そして最近新たに、特別仕様車S”Style Black”が加わって5つになったよ。

えりか
それで、どのグレードを選ぶとお得な“トヨタセーフティセンス”が付いてるのかな?
ここあちゃん
えりか、いい質問だね!

“トヨタセーフティセンス”は、L,S以外の高級グレードには標準装備されているよ。

グレードS,Lにはオプションとして付けることができるんだよ。

えりか
ううっオプションかぁ・・・。
ここあちゃん
まぁまぁ、えりか、そうがっかりしないで・・・。

特別仕様車S”Style Black”は、えりかのお友達が好きそうなお得感満載の一台だよ。

基本グレードSに、“トヨタセーフティセンス”と、“インテリジェントクリアランスソナー”つまり

低速時に静止物が近付くと自動ブレーキをかけてくれる装備が付いてるんだ。

えりか
“インテリジェントクリアランスソナー”って車庫入れの時にぶつからないようにサポートしてくれるんでしょ。

そんな機能までついてるんだ!

ここあちゃん
そう、その機能までついて

なおかつハイグレードGやCross ovreよりも低価格だからとってもお得だよ!

えりか
わぁお!
ここあちゃん
アクアのどのグレードにどの安全機能が付いているのか、よく分かったかな?

アクアの自動ブレーキ搭載車の安全性能は?その実態に迫る! まとめ

トヨタアクアのセーフティセンスとは?
  • セーフティサポートカーとは自動ブレーキなどの安全装置が備え付けられている車
  • アクアは発売後2回のマイナーチェンジを行い、その際“トヨタセーフティセンス”という安全装備を一部グレードにのみ、標準装備化
  • トヨタセーフティセンスとは先進予防安全装備の事で、自動ブレーキを含む最新の安全装備です
セーフティセンスの種類
  • プリクラッシュ セーフティ
  • レーンディパーチャーアラート
  • オートマチック ハイビーム
  • 先行車発進告知機能
アクアのグレード4種類
  • 低価格のL
  • 備わったS
  • 高級グレードのG
  • スポーツタイプのCrossover
ここあちゃん

アクアの自動ブレーキは、アクア発売時からこれまで確実に進歩してきたんだよ。

えりか
ほんとだね。

見た目のスタイリッシュさだけじゃなくて、安全面も充実してきたのね。

ここあちゃん
でもその一方で、アクアの自動ブレーキ機能は、昼間の歩行者や先行者のみに有効だったり

車庫入れ時などの低速時に働く自動ブレーキは、静止物に対してのみ反応するなど

まだまだ機能の限界があるとも言えるんだよ。

えりか
そうなのね。

私達ドライバーの側も、車の安全機能だけに頼らずにきちんと安全運転しないといけないわよね!

ここあちゃん
いいこと言うね、えりか!!

えりかの言う通り、ドライバーの安全運転あっての車の安全機能だね。

でも、高齢者によるアクセルとブレーキの踏み間違えによる重大事故や

歩行者を巻き込む死亡事故の多くが、自動ブレーキなどの最新安全装置によって

減少したり被害の軽減につながることは間違いないよ!

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

憧れの車を買うため、限界値引きの体験談を無料公開!

「車を買い換えよう!」

と思った時に、多くの人はディーラーや販売店に向かいますよね。
えりか
この時、あなたも「できるだけ安く買いたい!」と思いますよね?
私もそうでした。

ちょうどその頃、私も車の買い替えを検討していました。

ですが、私の妹が大切にしていた愛車がタダ同然で引き取られたのを聞いたり、私が以前買い替えた時、自分で中古車販売店を回っていたのがかなり疲れた経験があります。

そういった妹の失敗や自身の経験を教訓にして、
今回はできるだけお得に車を買い換える方法を徹底的に調べ、偶然友人から教えてもらったマル秘テクニックも実践した結果、非常に満足する買い替えができました。

えりか
販売員に言われるままに契約したら絶対に損します。

ほんの少しの工夫で、私は46万円もお得に買い替えられました。

ここまで見てくれたあなたにだけ、こっそり私のテクニックを公開しちゃいます!


私が実践したマル秘テクニックについてはこちらで詳しく紹介しております。

ディーラー下取りは損!?お得に車を買い換えるマル秘テクニックとは?

2020年2月13日


自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

→本当に得する保険会社をチェックする
自動車保険ランキング