レガシーアウトバックの意味とは?歴史から見えてきた意味を解説!

車を買い換える時に、そのまま愛車を下取りに出すと100%カモられます。

私がお得に買い替えた一括査定を知らない人は一生損しつづけますよ。
えりか
私も早くこの方法で買い替えていたらなぁ、と思いました。

一括査定はスマホでたった45秒でできますし、何より無料で査定してもらえるんですよ!

しかも複数の買取業車が勝手に競ってくれるので、あれよあれよと買取額が吊り上がり・・・結果的には何の交渉もしなくても最高額で売ることができました(笑)

ディーラー下取りより18万お得に買い替えられましたよ。
あなたも私と同じようにお得に買い替えてみませんか?私が利用したサイトはこちらになります。

《車買取》無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪
えりか

ねぇ、ここあちゃん。

「レガシーアウトバック」の意味って知ってる?

ここあちゃん

知ってるけど、えらいマニアックな質問だね。

さては最近流行りのオンライン飲み会で、その話題で盛り上がったとか?

えりか

ここあちゃん、正解!

それで私は車の名前程度しか知らないのに、「名前は何故アウトバックにしたんだ?どんな意味が?」という話になったの。

そりゃもう全然話についていけなかったけど、結局答えが出ないで終わっちゃったんだよね。

えりか

それで話についていけなかったのが悔しいから、もっと詳しくなってやろうと思っているの。

ここあちゃん

なるほど、なかなか勉強熱心だね!

よし、それじゃあレガシーアウトバック」の意味と歴史を調べてみようか。

レガシーアウトバックとは?

引用:スバル公式HPより

レガシーアウトバックはスバルで販売されているメイン車種「レガシィ」の派生車種で、ステーションワゴンとSUVを合体させたクロスオーバーSUVです。

いわば普通の乗用車であるセダンの荷室スペースを拡大したステーションワゴンをベースに、悪路走行に優れたSUVの足周りを装備した車となります。

ここあちゃん

レガシーアウトバックはステーションワゴン並みに荷物が載って、SUVの4WD特性も併せ持つから、実用性バツグンの車と言えるね。

えりか

それって、すごく良いね!

普段の買い物で荷物もいっぱい載せれるし、四駆だからキャンプとかに行っても山道へっちゃらって事だね。

アウトバックの意味とは?

アウトバック(Outback)とは未開拓の奥地という意味があり、オーストラリアの未開の荒野を表しています。

実際オーストラリアの人口の90%は国土の5%しかない海岸部に集中し、残り10%は国土の95%を占める内陸部にばらけています。

えりか

へぇ、オーストラリアの海岸周辺は賑わっているけど内陸部は超過疎っているんだね。

ここあちゃん

過疎というか、国土が日本と比べて大きすぎるというのが正確かな?

えりか

そうなんだ。

ところでアウトバックの意味は分かったけど、「レガシーアウトバック」にとっての「未開拓の奥地」って何を指しているの?

ここあちゃん

おっ、良い所に目を付けたね。

それじゃ、「レガシーアウトバック」の歴史を紐解きつつ、その謎に迫ってみよう!

レガシーアウトバックの歴史とは?

スバル倒産の危機!?

1980年代のスバルはアメリカ向けに「レオーネ」という車を販売していました。

レオーネは「レガシー」や「インプレッサ」の先祖であり、当時では4WDの乗用車は珍しく、悪路も走れる車としてアメリカの農家に人気がありました。

そのため、アメリカ人には「レオーネ=農家の車」という地味なイメージも定着してしまいました。

引用:Wikipediaより

えりか

地味でも人気があったのなら、そのまま販売してて良かったんじゃない?

ここあちゃん

そうなんだけど、時代がそれを許さなかったのさ。

当時のスバルはアメリカへの輸出中心の経営に満足しており、新しい事にチャレンジするという精神も無くなりつつありました。

そこへ1985年の「プラザ合意」という急激に円高になる出来事があり、アメリカ頼みだったスバルは倒産の危機に瀕しました。

えりか

「プラザ合意」って、確かタレントのDAIGOのおじいちゃんが出席した会合だよね?

ここあちゃん

お~良く知っているね。

ま、当時のアメリカが各国の財務大臣をプラザホテルに集めて「アメリカが不景気だから助けてくれ!」って、お願いしたんだ。

ここあちゃん

それで尻拭いを日本がしたから、90年代初めにバブル崩壊が起こるワケだけど…。

えりか

アメリカのお尻が大き過ぎたから、日本がもたなかったのね。

スバルの救世主、レガシーの誕生

そんな危機的状況に陥ったスバルは経営を大幅に見直し、1989年に誕生させたのが「レガシー」です。

レガシー(legacy)とは「大いなる伝承物」という意味で、スバルが持つ伝統的な高い技術力を受け継ぎながら、それを次世代へ向けて洗練し続けるという思いを込めて名付けられました。

このレガシーの登場で、スバルは立ち直りました。

引用:Wikipediaより

えりか

「レガシー」のお陰で、スバルは復活したのね♪

ここあちゃん

そうだよ♪

ただ、この「レガシー」の登場で別の課題を生む事になるんだ。

ユーザー要望に応えたアウトバックの誕生

「レガシー」の成功も束の間、アメリカでは「シボレー・ブレイザー」「ジープ・チェロキー」といったSUV需要が依然としてありました。

下の画像は、現在の「シボレー・ブレイザー」です。

引用:シボレー公式HPより

えりか

キャア~かっこいい!

こんな車で彼氏に迎いに来てもらったら、テンション上がっちゃう!

ここあちゃん

はいはい、そうですね(汗)

1990年代にはこうしたSUVを街乗りするのが流行っていましたが、街乗りするには「デカい・重い・燃費が悪い」という欠点が目立ちました。

また、現地の代理店からホンダから『パスポート』というSUVが販売されているのに、スバルは造らないのか?」という不満も続出していました。

こうした要望に応える形で1994年に誕生したのが「アウトバック」です。

ここあちゃん

当時のスバルにはアウトドア趣味の開発社員が多くいて、こうしたユーザーのツボを押さえた商品開発が出来たみたい。

そのお陰で、特につまずく事もなくスムーズに販売までいったみたいだね。

えりか

へェ~そうなんだ。

もし開発社員が私みたいなインドア派ばかりだったら、「アウトバック」が世に出なかった可能性もあるという事ね。

そしてレガシーアウトバック誕生へ

スバルは「アウトバック」の成功を機に、今度は日本向けの開発に乗り出しました。

それで1995年に誕生したのが「レガシーグランドワゴン」です。

ここあちゃん

「レガシーグランドワゴン」、「アウトバック」より居心地を確保する為に車内を大きめにしたり、シートを改良したりしたんだよ。

ただ、その分重くなってしまったけどね。

その後、1998年のフルモデルチェンジで「レガシィ・ランカスター」が、2006年のマイナーチェンジで遂に「レガシーアウトバック」が誕生しました。

引用:スバル公式HPより

えりか

そういえば、なんで海外は「アウトバック」なのに、日本では「レガシーアウトバック」なんだろ?

ここあちゃん

海外では「スバルのSUV=アウトバック」というイメージが定着していたけど、日本ではスバルの救世主「レガシー」の名をどうしても遺したかったから「レガシーアウトバック」にしたと考えられるね。

レガシー(legacy)には遺産という意味もあるから、尚更だね。

えりか

確かに「レガシー」が生まれていなかったら、今のスバルは倒産していたかもね。

これだけの功績があるんだから、英雄の名を遺すのは当たり前か。

レガシーアウトバックの意味とは?歴史から見えてきた意味を解説 まとめ

 

ここまでの内容まとめます。

レガシーアウトバックとは?
  • スバルで販売されているメイン車種「レガシィ」の派生車種
  • ステーションワゴンとSUVを合体させたクロスオーバーSUV
アウトバックの意味
  • アウトバック(Outback)とは「未開拓の奥地」という意味で、オーストラリアの未開の荒野を表す
レガシーアウトバックの歴史
  • 1985年の「プラザ合意」で急激に円高し、アメリカ頼みのスバルは倒産寸前に
  • 1989年に「大いなる伝承物」という意味を持つ「レガシー(legacy)」が誕生してスバル復活
  • 1994年にアメリカのSUV需要に応えた「アウトバック」が誕生
  • 1995年に日本向けアウトバックである「レガシーグランドワゴン」が誕生
  • 2006年のマイナーチェンジ「レガシーアウトバック」が誕生
  • スバルの救世主「レガシー」の名をどうしても遺したかったからレガシーアウトバック」にした
えりか

それで「レガシーアウトバック」にとっての「未開拓の奥地」って、何を指しているの?

ここあちゃん

おっと、僕としたことが忘れてたよ…。

「未開拓の奥地」、つまり海外市場という名の「未開拓」の地へ、スバルが初めて本格SUVを開発・投入した車というのを指していると思うよ。

えりか

なるほど、さすがここあちゃん!

今度オンライン飲み会で、自慢しよっと♪

ここあちゃん

自慢もいいけど、し過ぎるとみんな白けるからホドホドにね。

「車を買い換えよう!」

と思った時に、多くの人はディーラーや販売店に向かいますよね。
えりか
この時、あなたも「できるだけ安く買いたい!」と思いますよね?
私もそうでした。

ちょうどその頃、私も車の買い替えを検討していました。

ですが、私の妹が大切にしていた愛車がタダ同然で引き取られたのを聞いたり、私が以前買い替えた時、自分で中古車販売店を回っていたのがかなり疲れた経験があります。

そういった妹の失敗や自身の経験を教訓にして、今回はできるだけお得に車を買い換える方法を徹底的に調べ、偶然友人から教えてもらったマル秘テクニックも実践した結果、非常に満足する買い替えができました。

えりか
販売員に言われるままに契約したら絶対に損します。

ほんの少しの工夫で、私は18万円もお得に買い替えられました。

ここまで見てくれたあなたにだけ、こっそり私のテクニックを公開しちゃいます!


私が実践したマル秘テクニックについてはこちらで詳しく紹介しております。

ディーラー下取りは損!?お得に車を買い換えるマル秘テクニックとは?

2020年2月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です