タントのエンジンがかからない?今すぐ確認すべき4つのポイントと解決方法は?

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定ではまさかの 55万!なんと46万もお得に♪

断言します
複数の会社から買取査定の比較をしないと損ですよ

車の査定は、一社だけで見積もると損です
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額で買い叩かれます

それを知らないまま契約すると、相手の思うつぼ…

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれますよ

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!
愛車を無料で査定する ▷

えりか
あ〜ん、タントのエンジンがかからないよ〜!

友達から借りて、意気揚々と運転していたのに・・・もう、どうしたのかしら?

ここあちゃん
それは大変だね。解決方法を調べてみよう。

タントとは?

引用:ダイハツ公式HPより

タントとは、ダイハツ工業が製造・販売している軽スーパーハイトワゴン。

エンジンがかからない理由は?確認すべき4つのチェック項目

ここあちゃん
さて、タントの基本性能を抑えたところで、まず最初に操作方法などに問題がないか確認しよう。

以下の事を確認してみよう。

  1. ガス欠になっていないか。(ガソリンはあるか)
  2. エンジンかける時にブレーキを踏んでいるか。
  3. シフトレバーがPに入っているか。
  4. 鍵が運転席から離れすぎていないか。

えりか
鍵が離れすぎているのが原因になることもあるのね。

ここあちゃん
意外と見落としがちなこのミス。

例えば、ドアポケットに鍵を入れてそのドアを開くと車が鍵を認識しなくなることがあるよ。

リモコン式の鍵の場合は鍵がしっかり近くにあるかどうかも確認しておこう。

えりか
でもやっぱりかからないわ。他に何かないの!?

最初に確認することまとめ
  • ガソリンはあるか。
  • ブレーキを踏んでエンジンをかけているか。
  • シフトレバーがPに入っているか。
  • 鍵を近くに携帯しているか。

ハンドルロックがかかっている場合はどうすればいい?

ここあちゃん
エンジンはかからないけど室内灯などのランプが点灯する場合はハンドルロックがかかっている可能性が高いよ。

えりか
はんどるろっく?

ここあちゃん
エンジンがかかっていない状態でハンドルを動かしたり、ハンドルを切ったままエンジンを止めると盗難防止などのためにハンドルがロックされるんだ。

ハンドルが動かない時はハンドルロックを疑おう。

えりか
ハンドルロックは分かったけどどうやって解除するの?

キーも回せないし。

ここあちゃん
ボタンスタート式のタントの場合はハンドルを左右どちらかに回しながらスタートボタンを押すとエンジンがかかるよ。

鍵式の場合はハンドルを左右どちらかに回しながらキーを差して回そう

えりか
なるほど!

引用:ダイハツ公式HPより

ハンドルロック解除まとめ

ハンドルが動かない場合はハンドルロックの可能性が高い。

愛車を無料で査定する>

ロックされた時はハンドルを左右どちらかに回しながらエンジンをかけると解除される。

バッテリーが上がっている場合はどうしたらいい?

ここあちゃん
エンジンだけでなくヘッドランプや室内灯、カーナビなども起動しない場合はバッテリーが上がっている可能性があるよ。

えりか
バッテリーが上がったらどうしたらいいの!?

ここあちゃん
基本的にはJAFなどのロードサービスを呼ぼう。

でも、自分でやるジャンピングスタートという方法もあるよ。これは正常な車のバッテリーから電気を分けてもらう方法なんだ。

道具と救援車がいれば簡単な方法だけど手順を間違えるとバッテリーが壊れることもあるから間違えないように注意してね

えりか
ちょっと怖いけど一応教えて。

自分でできるバッテリー上がりの対処法

ここあちゃん
ジャンピングスタートと呼ばれる方法を紹介するよ。

まず用意するものはブースターケーブルと救援車(通常の車)だよ。

えりか
協力してくれる車が必要なのね。

それからどうしたらいいの?

ここあちゃん
まずは救援車の電圧に注意しよう。タントの電圧は12Vだから気をつけてね。

ほとんどの一般車は12Vだけどトラックや商用車などのバッテリーは24Vであることがあるのでよく確認しよう。

えりか
バッテリーの電圧はどうやって見分ければいいの?

ここあちゃん
見分け方はとっても簡単!

バッテリーが2つ付いてる車は24V、1つしか付いていない車は12V。

つまり、救援車のバッテリーが1つであれば大丈夫だよ。

ここあちゃん
次にブースターケーブルで救援車のバッテリーとタントのバッテリーをつなぐんだけど繋ぎ方に注意が必要だよ。

最初に救援車のバッテリーとブースターケーブルを繋ごう。赤色のケーブルをプラス端子、黒色のケーブルがマイナス端子になるように繋いでね。

えりか
繋いだよ。次にどうすればいいのかしら?

ここあちゃん
次に赤色のケーブルをタントのプラス端子に繋いで、黒色のケーブルはタントの未塗装の金属部につなぐんだ。

未塗装の金属部はどこでもいいけどバッテリーから十分に離れた位置にすること!おすすめはボンネットのボルト部分だよ。

繋いだら救援車のエンジンを始動させてそのまま3〜5分程度そのままの状態で充電しよう。

その後ケーブルを繋いだままタントのエンジンも始動させて始動したら成功だよ。始動しなければもう少し充電しよう。

エンジンの始動が確認できたらエンジンを停止して繋いだ時とは逆の順番でケーブルを外そう

つまり、タント→救援車の順番で外せばいいよ。

えりか
おー!エンジンがかかったわ! 成功ね!

ここあちゃん
まだ安心しないで。あくまで応急処置だからこの状態だとバッテリーに充電がないんだ。

だから、30〜1時間程度は車を走行させてバッテリーを充電しよう

ジャンピングスタートまとめ

用意するもの:ブースターケーブル、救援車(12Vバッテリー)

  1. ブースターケーブルを救援車につなぐ。赤色ケーブルはプラス端子、黒色ケーブルはマイナス端子
  2. ブースターケーブルをタントにつなぐ。赤色ケーブルはプラス端子、黒色ケーブルはバッテリーから十分に離れた未塗装の金属部分。
  3. 救援車のエンジンを始動して3〜5分程度放置する。
  4. ケーブルをつないだままタントのエンジンが始動するか確認する。
  5. エンジンを停止してタント→救援車の順番でケーブルを外す。
  6. 30〜1時間程度走行してバッテリーを十分量充電させる。

ここあちゃん
そんなに難しい作業ではないけど、方法を間違えると車が故障することもあるから不安がある人はロードサービスの利用を検討しよう。

普段からバッテリーの点検はこまめにしよう

ここあちゃん
こうならない為に普段からバッテリーの状態はこまめに点検しておこう。

一般的にバッテリーの寿命は2〜3年だと言われているけど寒い地域など環境によってはそれよりも短くなることがあるよ。

ヘッドライトが暗く感じたり、ウインドウの開くスピードが遅くなったりしたらバッテリーが弱っている可能性があるからそういった兆候も見逃さないようにするといいよ。

タント エンジンがかからない!?対処法とは? まとめ

 

  • タントとはダイハツ工業が製造・販売する軽スーパーハイトワゴン
  • タントのエンジンがかからないとき、以下の操作方法に問題がないかチェックする
  1. ガス欠になっていないか。(ガソリンはあるか)
  2. エンジンかける時にブレーキを踏んでいるか
  3. シフトレバーがPに入っているか
  4. 鍵が運転席から離れすぎていないか
  • バッテリーが上がっている場合もある
  • 自分でできるバッテリー上がりの対処法はブースターケーブルなどを使用する

 

エンジンがかからないのはとても焦りますよね。

鍵が近くに無かった・ブレーキを踏んで無かったなど操作方法に誤りがあることも多いのでまずは焦らずに確認しましょう。

もし今回紹介したいずれにも当てはまらない場合は自分で対処できる問題ではない可能性が高いのでロードサービスなどを使って専門の方に診てもらって下さい。

大切な愛車を長く使っていく為に普段からこまめに点検をしましょう。

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する ▷

自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

本当に得する保険会社をチェックする↓
自動車保険ランキング