ホンダのステップワゴンとフリードのサイズを徹底比較!!

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する
えりか
ねぇここあちゃん♪

ホンダのファミリー向けのミニバンってどんな車があるの?

ここあちゃん
ファミリー向けだったらフリードやステップワゴンが有名だよ。
えりか
へぇ、フリードやステップワゴンかぁ。

でもファミリーカーだったらやっぱりサイズが気になるポイントだよね!

その辺りってどうなんだろう??

ここあちゃん
じゃあ今日は、ホンダのファミリーカーとして有名なフリードとステップワゴンのサイズについて詳しく見ていこうか!!

フリードってどんな車?

引用:Honda公式HPより

フリードはホンダの”コンパクトミニバン“という位置付けで人気の車です。

“コンパクト”という名前の通り、ミニバンクラスの中でもボディサイズが小さいことが特徴で、

コンパクトゆえに取り回しのしやすい小回りの良さもフリードの特徴として挙げられます。

また、コンパクトながらラゲッジスペースや車内が広く、普段使いからアウトドアまで様々な場面でオールマイティに活躍してくれる車となっています。

ステップワゴンってどんな車?

引用:Honda公式HPより

ステップワゴンはホンダの”2Lミニバン“でファミリーカーの定番として人気の車です。

ミニバンクラス最大級の室内空間大開口のテールゲートなど、ファミリーユーザーにとって、嬉しい機能がたくさんあります。

また現行ステップワゴンの大きな特徴は、なんと言っても”わくわくゲート

後ほど詳しくお伝えしますが、個性溢れる装備たくさんのステップワゴン、こちらもホンダの人気車として多くの人から愛されています!

フリードとステップワゴンのサイズ比較

 

それでは、フリードとステップワゴンのサイズを比較していきましょう。

分かりやすく表にまとめました。

フリード(コンパクトミニバン)ステップワゴン(2Lミニバン)
全長4.265m4.690m
全幅1.695m1.695m
全高1.710m1.840m
最低地上高0.135m0.155m
最小回転半径5.2m5.4m
ホイールベース2.740m2.890m

※一部グレードによって寸法が異なります。

こうして見てみると、“コンパクトミニバン”と”2Lミニバン”という、クラス分けによる差がよく分かりますね。

ここあちゃん

続いて、フリードとステップワゴンを上の表のサイズ数値の違いから見える2台の特徴にアプローチしていくよ!!

唯一無二!?ステップワゴンのわくわくゲート!

 

ミニバンクラスの車は、荷室のサイズの広さが魅力の1つであることは、間違いありません。

ステップワゴンも全長サイズ4.690mが示すように荷室は広く作られています。

ただ、荷室にアクセスするテールゲートを開けるために、後方にスペースが必要というネガティブなポイントミニバンクラスにはあります。

それを解消したのがステップワゴンの”わくわくゲート“。
下の写真をご覧ください。

引用:Honda公式HPより

一般的にテールゲートを開けるためには後方に、1m前後のスペースを開けて駐車する必要があります。

それが、わくわくゲートを搭載したステップワゴンについては、わずか640mmのスペースラゲッジスペースへのアクセスが可能となっています!

ここあちゃん

サイズが大きいミニバンクラスにもかかわらず、こうした装備が搭載されているのは非常に嬉しいポイントだよ!

ミニバンだけど運転しやすい!?小回りの良さも魅力のフリード!

 

フリードの特徴として挙げられるの1つが運転のしやすさです。

ンパクトと言ってもミニバンクラスですから、運転に不安を感じる人もいるでしょう。

引用:Honda公式HPより

上の写真はフリードの運転席です。

フロントガラス横の三角窓が特徴的な形で広くレイアウトされているのがわかります。

運転席から見える視界が広いことで運転に安心感が増すのは言うまでもありません。

引用:Honda公式HPより

続いて上のイラストをご覧ください。

先ほどの表でも確認いただきましたが、フリードは全幅サイズがステップワゴンと同じ1.695mあるのに対して、

最小回転半径が5.2mと、ステップワゴンより短いのがわかります。

これはつまり、取り回しがしやすく小回りが良いということを表しています。

さらに、タイヤ角度モニターも搭載しているので、自分がどのくらいハンドルを切っているかがすぐにわかります。

ここあちゃん

このようにサイズはしっかりと確保しつつ、運転しやすい工夫がたくさんあるのがフリードの嬉しいところだね!

ホンダのステップワゴンとフリードのサイズを徹底比較!!まとめ

 

  • フリードは、ホンダが販売する人気のコンパクトミニバン
  • ステップワゴンとは、ホンダが販売する家族向けの2Lミニバン
  • サイズを比較すると、それぞれのクラス分けによる差が比較できる
  • 大型ミニバンの欠点でもある、後方にスペースがないと荷室にアクセスできない点を、わくわくゲートの導入によって、ステップワゴンは克服している
  • フリードは運転席の視覚が広く、運転しやすい
  • また、フリードの最小回転半径がステップワゴンより短く、取り回しが優れている

 

いかがでしたでしょうか?

本日はホンダのミニバン、フリードとステップワゴンについて、

サイズに注目しながら見てきました。

サイズの大小を単純に比較するのは簡単ですが、

  • “こことここのサイズの数値が違うのはなんでだろう?”
  • サイズは大きいけど何かそれをカバーするような工夫はあるのかな?”

など、一歩踏み込んでみると面白い発見があるかもしれません。

車を選ぶ上で価格や安全性能、デザインなどポイントはたくさんありますが、

サイズについても注目してみると違った視点からその車の良さが見えてきますので、

是非注目してみてください!

えりか
フリードとステップワゴン、同じホンダの車だけどそれぞれ色々な特徴があるんだね!
ここあちゃん
車の決め手は人それぞれだけどサイズからも特徴がたくさん見えるよ!
えりか
サイズについては、数値で見る以上に実車を見たときのギャップが大きそうだよね!
ここあちゃん
そうだね!ここで勉強したことを踏まえて実車を見てみると、また違った気付きがあるはずだよ、えりか!

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

本当に得する保険会社をチェックする↓
自動車保険ランキング