セレナe-Powerの実燃費が悪いって本当?燃費が改善する乗り方は?

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する

えりか
最近ミニバンの車が欲しいと思っているんだ!

でも維持費が高そうだしやっぱり燃費ってすごく大事だと思うんだよね!

ここあちゃん
えりかもミニバンに興味を持ち始めたんだね!

ミニバンに乗っている女性ってかっこいいよね。

でも確かに軽自動車やコンパクトカーに比べたら維持費はどうしても高くなってしまうよね。

でも最近日産からセレナのe-Powerというものが出たんだよ!

えりか
e-Powerってなんだか聞いたことがある!

ここあちゃん
日産のコンパクトカーとして人気のノートから始まりミニバンであるセレナにも搭載されたんだよ!

ではまず日産セレナe-Powerとはどんな車か見ていこう!

セレナe-Powerってどんな車なの?

”e-Power”とはガソリンエンジンで発電した電力を利用してモーターの力で走行するシステムです。

簡単にいうと半分ガソリン半分電気自動車といった感じです。

充電が充分で”駆動用バッテリー”が動くときは電力の力のみで車を走行させます。

充電が不十分の場合”ガソリンエンジン”を使って発電し、その電力を利用してモーターの力で走行します。

このように発電のみを行うガソリンエンジンで電気を作り出し

その電気を使用して電気モーターで駆動するシステムで100%モータードライブであること、

更には転がり抵抗の低い低燃費タイヤを装着していることで高いレベルの低燃費を実現しています。

カタログ燃費にはJC08モードで26.2km/Lというミニバンの中ではかなり良い数字となっています。

また100%モータードライブであることにより静粛性の高いところも魅力です。

セレナ e-POWERの特徴としてもう一つ”e-POWER Drive”が搭載されています。

”e-POWER Drive”とはブレーキペダルを踏まずに減速、停止が可能なシステムのことです。

アクセルペダルからブレーキペダルへの踏み替え回数が大幅に減るため、長時間のドライブによる疲れも軽減します。

えりか
セレナ e-POWERってすごいんだね!

どんどん自動化も進んでいってる感じがするね!

燃費もいいみたいだし、かっこいいし良いところしかないじゃん!

ここあちゃん
本当にどんどん進化しているよね。

ただカタログ燃費と実燃費ではやはり差が出てくるとは思うんだ。

ネット上では実燃費が悪いというマイナスな意見も多々あるんだよ!

えりか
そうなの?

でもカタログ燃費は指標にしか過ぎないっていうのは聞いたことあるかも・・・

ここあちゃん
3割未満に収まっていれば平均的な数値なんだけどね。

では次にカタログ燃費と実燃費について比較していこうか

セレナe-Powerの実燃費は悪い?

 

実燃費の平均は15.46km/Lとなります。

カタログ燃費の26.2km/Lから10km/L以上の差になります。

実燃費とカタログ燃費との差が3割であれば平均的と言われている中、これほどの差があるとやはり

「実燃費が悪い」と言われてしまうのも仕方がないのかなと思ってしまいますね。

しかし、実燃費が平均15.46km/Lという数字はミニバンの中では燃費はかなり良いです。

低燃費であることは間違いないです。

口コミを調べてみた

実燃費とカタログ燃費との差が約10km/Lもあるという結果でしたが

実際に購入された方たちの意見はどうなのか口コミを調べてまとめてみました。

口コミ

  • かっ飛ばして一般走行、高速走行15~16km/L。もうこの車重で十分です。
  • エアコン常時ON、町乗り、ECOモード 15.5km/L。 燃費に関しては優秀だと思う。
  • 納車後100Km程走行し、エアコンを快適に利用して平均12.3~12.9km/Lの表示です。
    ミニバンにしてはよいのでは?と思ってしまいます。
  • 平均実燃費21km/L。運転の仕方で変わるが、かなり燃費は良いと思います。

と口コミでは好評のようです。

乗り方次第で燃費が変わるという方は平均燃費21km/Lと驚愕の数値です。

やはりミニバンにしては燃費が良いのではないかという意見が多くみられましたね。

特に高速に乗った時に燃費が悪い?

セレナのe-Powerはエンジンで発電しモーターで走行するシステムです。

高速道路ではモーターが高回転で回しっぱなしになり消費電力が大きくなってしまいます。

そのためどうしても燃費が悪くなってしまうのです。これが電気自動車やe-Powerのデメリットといえます。

ちなみに”e-Power”にはCVT(変速機)がついていません。

CVTによりギヤをいつでも最適なものに選択できるため、エンジンの動力を効率よく伝達し燃費を向上することが出来ます。

今のガソリン車やハイブリッド車ならCVTは常識ですが、

逆に言えば”e-Power”は電気モーター駆動のため内燃エンジンと比べるとトルクバンドが格段に広いので不要なのです。

しかしそうした燃費向上が見込めないことから高速道路では燃費が悪いのではないかと言われています。

では実際の口コミはどうでしょうか?

口コミ

  • 高速中心の走行で燃費がkm/l前後、燃費重視の日本人向けにこれ以上燃費の上がりそうなパワートレインは期待できないのではないか
  • e-Powerは高速走行が苦手なのかと最初は思っていたが、プロパイロットで100km/h固定で全車に追いつけば追い越しをするだけの走行で20kmくらい走行してくれる。ECOモードを使えばさらに稼げます。
  • 高速は18~km/l/(冷暖房なし、プロパイロット使用のSモード)
  • 普通に走っていれば高速も問題なく走れる。燃費も普通に走って19km/lくらいでした

といったように高速道路でもミニバンにしてはやはり燃費が良く、走り方やドライブモードでも変わってくることが分かりますね。

他社のミニバンと比較してみた

ミニバンの中では燃費がいいと言っているが、他のワゴン車とどのくらい差があるのかと疑問に思う人も多いでしょう。

そこで他社のミニバンと比較してみました。

トヨタ シエンタ(ハイブリッド)

トヨタ シエンタ(ハイブリッド)セレナ e-Power
カタログ燃費カタログ燃費
JC08モード 27.2~28.8km/LJC08モード 26.2km/L
実燃費実燃費
平均17.96km/L平均15.46km/L

 

トヨタのハイブリッドのシエンタは今ミニバンの中でNO.1の低燃費と言われています。

それだけあってカタログ燃費実燃費ともにシエンタが上回っています。

ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴンセレナ e-Power
カタログ燃費カタログ燃費
JC08モード 25.0km/LJC08モード 26.2km/L
実燃費実燃費
平均15.77km/L平均15.46km/L

カタログ燃費ではセレナe-Powerのほうが良いですが、実燃費はステップワゴンのほうが良いですね。

トヨタ ヴォクシー

トヨタ ヴォクシーセレナ e-Power
カタログ燃費カタログ燃費
JC08モード 23.8m/LJC08モード 26.2km/L
実燃費実燃費
平均15.46km/L平均15.46km/L

 

老若男女問わず人気のヴォクシーにはカタログ燃費実燃費ともに上回っていますね。

フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン

フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーランセレナ e-Power
カタログ燃費カタログ燃費
JC08モード 18.5~19.3km/LJC08モード 26.2km/L
実燃費実燃費
平均14.39km/L平均15.46km/L

フォルクスワーゲンの代表的なワゴン車であるゴルフ!結構な差が出ましたね。

セレナe-Powerの燃費を改善する乗り方は?

 

口コミでもあったように、ドライブモードの設定次第で燃費に大きな差を生じることが分かりました。

他にも燃費向上方法はあるのでしょうか?燃費をよくする方法をまとめてみました。

ドライブモードの設定

セレナe-PowerにはNormalモード、ECOモード、Sモードの3種類のドライブモードがあります。

燃費に貢献するモードはECOモードとSモードの2つです。

まず”ECOモード“は、必要以上に加速がないよう加速力を抑えたマイルドな走りをし、低燃費にも貢献してくれます。

e-Power特有の踏み込むと一気に加速する快感は無くなりますが、市街地の運転であれば満足な乗り心地です。

次にSモードには右左折を繰り返す交差点やカーブの多い山道のような減速を繰り返す運転の際もECOを意識しつつスムーズな走りをしてくれます。

様々なシーンに合わせて設定することでストレスなく低燃費を実現してくれます。

ブレーキをなるべく使わずに運転する

e-power drive”というアクセルから足を離すだけで減速するというe-powerの特徴の一つです。

出来るだけブレーキを使わずに運転することで燃費が良くなり、さらにはブレーキの踏み間違いや運転疲れも防ぐことが出来ます。

セレナe-Powerの実燃費が悪いって本当?燃費が改善する乗り方は?まとめ

 

  • セレナe-Powerは日産が開発、発売しているミニバン
  • e-Powerとは、ガソリンエンジンで発電した電力でモーターを回す、ハイブリッドシステム
  • セレナe-Powerの実燃費の平均は15.46km/Lとなる
  • ミニバンの中ではかなり良い燃費といえる
  • 口コミでも高評価
  • 他のミニバン(シエンタ、ステップワゴン、ヴォクシー)と比較しても燃費は優秀な部類に入る
  • セレナe-Powerの燃費を改善する為には、以下の2つを心がける
  • ECOモードにすること
  • ブレーキをなるべく使わず運転すること

 

ここあちゃん
今回セレナe-powerの燃費について調べてみてえりかはどうだった??
えりか
やっぱりカタログ燃費と実燃費の差が出るのは分かったけど、乗り方次第で変わってくるし、低燃費であることは変わりないと思ったよ!
ここあちゃん
えりかに伝わったみたいで良かったよ!
えりか
よし!じゃあ早速実際に見にいかなくちゃね!

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

憧れの車を買うため、限界値引きの体験談を無料公開!

「車を買い換えよう!」

と思った時に、多くの人はディーラーや販売店に向かいますよね。
えりか
この時、あなたも「できるだけ安く買いたい!」と思いますよね?
私もそうでした。

ちょうどその頃、私も車の買い替えを検討していました。

ですが、私の妹が大切にしていた愛車がタダ同然で引き取られたのを聞いたり、私が以前買い替えた時、自分で中古車販売店を回っていたのがかなり疲れた経験があります。

そういった妹の失敗や自身の経験を教訓にして、
今回はできるだけお得に車を買い換える方法を徹底的に調べ、偶然友人から教えてもらったマル秘テクニックも実践した結果、非常に満足する買い替えができました。

えりか
販売員に言われるままに契約したら絶対に損します。

ほんの少しの工夫で、私は46万円もお得に買い替えられました。

ここまで見てくれたあなたにだけ、こっそり私のテクニックを公開しちゃいます!


私が実践したマル秘テクニックについてはこちらで詳しく紹介しております。

ディーラー下取りは損!?お得に車を買い換えるマル秘テクニックとは?

2020年2月13日


自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

→本当に得する保険会社をチェックする
自動車保険ランキング