日産・セレナC27の前期と後期ではどこが違う!?徹底比較!

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する
えりか
ねえねえ、ここあちゃん。

このまえ運転してたら、セレナC27型の後期を見かけたんだけどなんだかマイナーチェンジしてすごく変わったよね。

ここあちゃん
そうだね。

パッと見でも分かるくらいフロントの顔つきも変わったし、マイナーチェンジによって安全性能もさらに良くなったり新しいボディカラーも追加されたんだ。

えりか
確かにマイナーチェンジ後はなんだかいかつい顔つきになってた気がする。

そのセレナC27型の前期と後期では他にどこが違うのかもっと詳しく知りたいな。

ここあちゃん
それじゃあセレナC27型の前期と後期の違いについて教えていくね。

日産・セレナってどんな車?その魅力や特徴とは⁉

引用:日産公式HPより

えりか
セレナっていえば居住空間の良さで有名だよね。

家族や友達大人数で乗るのにピッタリな車だね。

ここあちゃん
日産・セレナは2019年の1月から12月に累計9万2,956台も販売して、

2018年に続いて2連連続でミニバンの販売台数1位を獲得していて、ミニバンの中でも特に人気があるんだ。

日産・セレナとは?
  • 居住性に特化した5ナンバーサイズのミニバンとして長年の人気を得ている。
  • 1991年に日産『バネット セレナ』として初代C23型がデビュー。
  • 1995年に『ハイウェイスター』というグレードが加わり、当初は特装モデルとして扱われていたが、多くの支持を得てカタログモデルに昇格。
  • ハイウェイスター』の登場を機に”クルマ好きが満足できるミニバン”という新たなジャンルが生まれた。
  • 2016年8月24日にフルモデルチェンジした5代目であるセレナC27型が販売開始。

多様なシートアレンジで車内空間をより快適に!

ここあちゃん
まず日産・セレナの特徴として大きいのが居住空間の良さだよ。

セレナの室内の長さが3240mm幅が1545mmと定員が7~8人乗りのミニバンの中ではトップクラスの広さなんだ。

引用:日産公式HPより

えりか
乗っている人全員がゆったり過ごせるから、長旅でもあまり疲れることもなさそうでいいね。
ここあちゃん
ちなみに、8人乗りのスマートシンプルハイブリッド車には、

シートの1列目にも2列目にもセットできる『スマートマルチセンターシート』が標準装備されていて、多様なシートアレンジをすることが出来るんだ。

【中央のシートを1列目にセットすると2列目と3列目の間のウォークスルーが可能に】

引用:日産公式HPより

 

【中央のシートを2列目にセットすると2列目は3人乗りに】

引用:日産公式HPより

えりか
そんなことが出来るんだ。

7人で乗る場合は中央のシートを1列目にセットすればウォークスルーも出来るしより広く感じるね。

ここあちゃん
他にもシートアレンジによって様々な場面でとっても役立つよ。
多様なシートアレンジ
  • 2列目シートを一番後ろまでスライドさせることにより大人でもゆったり足を伸ばすことが出来る空間に。
  • 2列目と3列目のシートをフルフラットにすることにより、寝転んで仮眠や快適な車中泊に。
  • 中央シートを2列目より少し後ろにスライドさせることにより3列目用のテーブルに。
  • 運転席とチャイルドシートを装着した2列目シートを近づけることにより、運転中でも小さい子供を見ることが出来る上、2列目シートの後ろにはベビーカーを置くことも可能。
えりか
大人数で乗るときだけでなく、子どもと2人で乗る場合にも子育てママは安心して運転することが出来るね。

3列目シートを収納することにより大きな荷室スペースに

ここあちゃん
また、セレナの荷室の広さはミニバンクラスの中では1番広いんだ。

ラゲッジルームには広くて深さもある、大容量の収納スペースも確保されていてね。

細かい荷物とかも収納することが出来るよ。

引用:日産公式HPより

えりか
すごい!

キャンプとかのアウトドアだったり、写真のように靴や濡れた服とかを入れたりすることもできるね。

ここあちゃん
また、3列目シートを収納することによってさらに荷室を広くすることが出来るんだ。

引用:日産公式HPより

ここあちゃん
このように中央シートも1列目にセットすれば、サーフボードと荷物も余裕で置くことが出来るよ。
えりか
これなら自転車も楽に運ぶこともできるし、キャンプに行くときとかも荷物を沢山乗せることが出来るからすごく便利だね。

ウィンドウ部分のみで開閉が可能なデュアルバックドア

ここあちゃん
5代目のセレナC27型から上半分だけで開閉することが出来る『デュアルバックドア』が採用されて、

バックドアを開くスペースがあまりなくても後ろの荷物も取り出すことが出来るんだ。

引用:日産公式HPより

えりか
特に駐車場とかでラゲッジルームの荷物を取り出したい時、

開けるスペースがないと車動かしたりしないといけなかったりするからその手間も省けてすごく良いね。

プロパイロットの採用により運転をアシスト

ここあちゃん
セレナC27型にマイナーチェンジしてからは、

運転手の代わりに高速道路でアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動制御してくれるプロパイロット(同一車線自動運転技術)が採用されたんだ。

プロパイロット(同一車線自動運転技術)

高速道路で走行している時に、運転手の代わりにアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動制御するシステム。

運転手はステアリングを握るだけで、前車との車間距離を調整しながら車線の中央を走行

えりか
これなら、長距離を運転する時も疲労を軽減することが出来て、事故にもつながりにくくなるからすごく便利だね。

アラウンドビューモニターにより駐車時も安心

ここあちゃん
セレナでは、メーカーオプションで車を真上から見ているような映像を見て

周りの状況を確認しながら駐車することが出来るアラウンドビューモニターを搭載することが出来るよ。

アラウンドビューモニター

車を真上から見たような映像をディスプレイに映し、周りの状況を運転手が把握しやすくするシステム

衝突しそうな時など、危険な場合はアラームで警告。

えりか
特にセレナのようなミニバンで駐車をする時ってルームミラーや後ろを見ても、

周囲の状況を把握しきれなくて難しいから、これなら安心して駐車をすることが出来るね。

日産・セレナC27の前期と後期では何が違うの⁉徹底比較!

引用:日産公式HPより

ここあちゃん
次に、セレナC27型の前期と後期の違いについて説明していくね。

特に外観ボディカラー安全性能が大きく違うよ。

パッと見ただけで分かるほどのフロントグリルのデザインを変更

ここあちゃん
まず、前期は柔らかい印象のフロントグリルが後期ではフロントグリルの面積も広くなって顔つきがいかつい印象になっているよ。

【セレナC27型 後期フロント ハイウェイスター】

引用:日産公式HPより

えりか
C27型後期のフロントグリルは面積がかなり広くなっているから前期に比べて迫力が増しているね。

何となくアルファードにも似ている気がする。

前期と後期のフロントグリル

前期・・・フロントフェイスがシンプルで優しい印象

後期・・・フロントグリルの面積が広くなり、いかつい印象に。

また、後期ではエンブレムの本体表面がアクリルのような樹脂で覆われており、上質さがアップ。

後期ではヘッドライトの点灯方式を変更

ここあちゃん
前期の上級グレードではLEDヘッドライトを採用していたけど、後期のロービームはリフレクター反射式になったよ。
前期と後期のヘッドライト

前期・・・上級グレードではLEDヘッドライトを採用。

後期・・・LED本体を直接視認することが不可能な場所へ設置し、リフレクターに光りを反射することによって照射させるシステムに点灯方式を変更。

そのため、バルブ式のようにLEDの交換が不可能

えりか
最近出てきている新型車にはこのリフレクター反射式が多いよね。

フォグランプをハロゲンバルブからLEDに変更

ここあちゃん
前期のフォグランプはハロゲンバルブだったけど、後期ではフォグランプをLEDに変更したよ。
前期と後期のフォグランプ

前期・・・ハロゲンバルブ。

後期・・・LEDに変更。ただし、ヘッドライト同様にバルブの交換が不可能。

えりか
LEDの方が明るいから夜道も快適に走行できるね。

ただ、フォグランプにこだわって交換したい場合は、考えたほうがよさそうだね。

後期ではテールランプが縦長の形状に

ここあちゃん
e-POWERとハイウェイスターのみ後期のテールランプが前期に比べて縦長の形状になっているよ。

また、それぞれのランプの配置も前期と比べて変わっているんだ。

引用:日産公式HPより

前期と後期のテールランプ

e-POWERとハイウェイスターのみ、後期のテールランプが前期に比べて縦長になっている。

また、後期では上の段のブレーキランプをLEDに変更

えりか
テールランプも前期と後期ですごく違いが分かりやすいね。

後期で上段がLEDランプにされたことによって、テールランプもさらに明るくなって良いね。

さらに優れた安全性能

ここあちゃん
セレナC27型のマイナーチェンジでもともと優れている安全性能がさらに進化したんだ。

後期ではセレナの安全性能である『360°セーフティアシストが全車に標準装備されるようになったんだ。

マイナーチェンジで標準装備された『360°セーフティアシスト』
  • インテリジェント エマージェンシーブレーキ・・・フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知し、ディスプレイへの警告表示とブザーで運転手に回避の操作を促す。(後期では昼間に加え、夜間の動作も可能になった。)
  • 踏み間違い衝突防止アシスト・・・ブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み込んでしまったときに、エンジン出力を抑制しブレーキを制御し、衝突の回避をサポート。
  • RCTA(後退時車両検知警報)・・・目で視るだけでは確認しづらい視界の悪い場所で後退する時にも、近づいてくるクルマを検知して警告音で注意を喚起。
  • インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)+LDW(車線逸脱警報)・・・車線の外に出てしまったとき、警告音とともにブレーキを制御することによって、車両をもとの車線内に戻すような力を短時間で発生させて車を車線内に戻すよう運転手のステアリング操作をサポート。
  • インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)+BSW(後側方車両検知警報)・・・警告音とともに、ブレーキを制御することによって車両をもとの車線内に戻すような力を短時間に発生させ、他の車両との接触を回避するように運転手のステアリング操作をサポート。
  • 標識検知機能・・・車両進入禁止・最高速度・一時停止の各標識を検知し、メーター内ディスプレイで警告の表示とブザー(進入禁止標識検知のみ)で運転手に伝え、安全運転をサポート。
えりか
これだけの安全性能が標準装備されているなら、安心だね。

特にセレナは車体が大きいから周囲の状況が把握しきれなかったり、家族向けの車でもあるからより慎重に運転しないといけないからすごく助かるね。

ここあちゃん
ちなみに、メーカーオプションやグレード別オプションによって装備できる『360°セーフティアシスト』はこんな感じだよ。
オプションによって装備できる『360°セーフティアシスト』

【メーカーオプション】

  • プロパイロット・・高速道路での運転で、アクセル、ブレーキ、ハンドルの操作を車がサポート。ドライバーの負担を軽減。
  • インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)・・・車を真上から見下ろしているかのような映像を映し、よりスムーズな駐車が出来るようにサポート。
  • インテリジェント パーキングアシスト(駐車支援システム)・・・インテリジェント パーキングアシスト専用のスイッチを押し、駐車枠を指定するだけでハンドリングをサポートして、枠の中への駐車をサポート。車庫入れにも縦列駐車にも対応。

【グレード別オプション】

インテリジェント ルームミラー・・・車両後方のカメラの映像をミラー面に映し出し、車内の状況や、天候などに影響されずいつでもクリアな後方視界を確保することが出来る。

えりか
小さい子どもと一緒に乗る場合にはインテリジェントルームミラーで運転しながら面倒も見れたりするから、子育てママにはピッタリなオプションだね。

駐車が苦手だったり、自分に合ったオプションがあれば、標準装備されてる安全性能に加えて装備するのもアリだね。

2種類のボディカラーを追加

ここあちゃん
セレナC27型の後期では2種類のボディカラーが追加されたよ。

【サンライズオレンジ/ダイヤモンドブラック2トーン】

引用:日産公式HPより

【ダークメタルグレー/ダイヤモンドブラック2トーン】

引用:日産公式HPより

えりか
サンライズオレンジは少し濃いめのオレンジでアクティブな印象だね。

ダークメタルグレーはシンプルでどの場面でも使い勝手が良いけど、光沢があるから高級感も出るね。

セレナC27の前期と後期の違いとは?徹底比較!~まとめ~

日産・セレナってどんな車?その魅力や特徴とは⁉~まとめ

【日産・セレナとは?】

  • 居住性に特化した5ナンバーサイズのミニバンとして長年の人気を得ている。
  • 1991年に日産『バネット セレナ』として初代C23型がデビュー
  • 1995年に『ハイウェイスター』というグレードが加わり、当初は特装モデルとして扱われていたが、多くの支持を得てカタログモデルに昇格。
  • ハイウェイスター』の登場を機に”クルマ好きが満足できるミニバン”という新たなジャンルが生まれた。
  • 2016年8月24日にフルモデルチェンジした5代目であるセレナC27型が販売開始。

【日産・セレナの魅力】

  • 8人乗りのスマートシンプルハイブリッド車には、多様なシートアレンジでより快適な車内空間にする『スマートマルチセンターシート』が標準装備されている。
  • 3列目シートを収納することにより、さらに広い荷室スペースを確保。
  • ウィンドウ部分のみで開閉することが出来る『デュアルバックドア』を採用。
  • 運転手の代わりに高速道路でアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動制御してくれるプロパイロット(同一車線自動運転技術)を採用。
  • 車を真上から見ているような映像を見て周りの状況を確認しながら駐車することが出来る『アラウンドビューモニター』をオプションにより搭載することが可能。
日産・セレナC27の前期と後期では何が違うの⁉徹底比較!~まとめ~
  • 前期に比べ、後期ではフロントグリルの面積が広くなり、顔つきがいかつい印象に。
  • 後期では、LED本体を直接視認することが不可能な場所へ設置し、リフレクターに光りを反射することによって照射させるシステムに点灯方式を変更
  • 前期のフォクランプはハロゲンバルブだったが、後期ではLEDに変更。
  • e-POWERとハイウェイスターのみ後期のテールランプが前期に比べて縦長の形状になっている
  • 後期では、テールランプの上段のブレーキランプをLEDに変更
  • 後期では『360°サポートシステム』を全車に標準装備。
  • サンライズオレンジ/ダイヤモンドブラック2トーンダークメタルグレー/ダイヤモンドブラック2トーンの2種類のボディカラーを追加。
えりか
セレナC27の前期と後期では外観だけでなく、

ミニバンを運転するうえでは特に大事な安全性能がさらに高まったり、新たにおしゃれなボディカラーが追加されたりと、かなり沢山の違いがあるんだね。

ここあちゃん
そうだね。

ただ、ボディカラーについては写真と実物では結構印象が変わったりするから、実際に見に行くことをオススメするよ。

えりか
日産・セレナのシートアレンジやデュアルバックドアにも驚いたよ。

大家族で出かけるにはドライブ中もみんなが楽しく快適に過ごせる日産・セレナがピッタリだね。

車内空間が広く、様々な場面に合わせて多様なシートアレンジが出来るなど

居住空間の良さが長年の人気を呼んでいる日産・セレナ。

日産・セレナC27型では、マイナーチェンジにより

エクステリア・安全性能・ボディカラーが特に大きく変わりました。

ヘッドライトのランプが後期ではLEDランプに変更され

バルブ式のように交換が不可能になったため、ランプにこだわりたい場合は注意が必要です。

また、ボディカラーについても、写真と実物では印象がまた違うと感じることも多いので

実際に見に行って選ぶことをオススメします!

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

本当に得する保険会社をチェックする↓
自動車保険ランキング