ミニクーパーとクロスオーバーの雪道性能は?オススメアイテムも紹介!

車を買い換える時に、そのまま愛車を下取りに出すと100%カモられます。

私がお得に買い替えた一括査定を知らない人は一生損しつづけますよ。
えりか
私も早くこの方法で買い替えていたらなぁ、と思いました。

一括査定はスマホでたった45秒でできますし、何より無料で査定してもらえるんですよ!

しかも複数の買取業車が勝手に競ってくれるので、あれよあれよと買取額が吊り上がり・・・結果的には何の交渉もしなくても最高額で売ることができました(笑)

ディーラー下取りより18万お得に買い替えられましたよ。
あなたも私と同じようにお得に買い替えてみませんか?私が利用したサイトはこちらになります。

《車買取》無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪
えりか
ここあちゃん一生のお願い!

ミニクーパーとミニクロスオーバーの雪道走行性能と、ついでにオススメのアイテム調べて欲しい!

ここあちゃん
別にいいけど。

一生のお願いって、前にも聞いたけどなぁ・・・。

一体えりかの一生のお願いはあといくつあるのさ・・・。

えりか
う~ん、あと99回くらい!
ここあちゃん
早くも前言撤回したくなってきた・・・。

まぁ、いいや。

じゃあ、雪道走行性能の調べる上で、先に

  • ミニクーパー
  • ミニクロスオーバー

についての項目から先に読んでね!

もうスマホにデータ表示しておいたからね。

ミニクーパーとは?

引用:mini公式HPより

引用:mini公式HPより

ミニクーパーはドイツの自動車メーカーBMWが設立したブランドの車です。

丸く可愛らしいフォルムが特徴的なサイズの小さめな車で、

カラーは全てのグレードで大体10色あります(※グレードによっては取り扱っていないカラーがございます)

ソリッドカラー
  1. ペッパー・ホワイト・ソリッド
  2. チリ・レッド・ソリッド
メタリックカラー
  1. エメラルド・グレー・メタリック
  2. ソラリス・オレンジ・メタリック
  3. サンダー・グレー・メタリック
  4. ミッドナイト・ブラック・メタリック
  5. ホワイト・シルバー・メタリック
  6. ムーンウォーク・グレー・メタリック
  7. スターライト・ブルー・メタリック
  8. エニグマティック・ブラック・メタリック

こちらの10色とカスタムなどを含めると、さらに選択肢が広がり

自分好みの色を見つけ出すことができます。

そして、ミニは以下の6種類のグレードから選べます。

グレードの種類
  1. MINI 3 DOOR
  2. MINI 5 DOOR
  3. MINI Convertible
  4. MINI Clubman
  5. MINI Crossover
  6. MINI JCW CROSSOVER

今回はこの6種類の中で

  • MINI 5 DOOR(ミニ5ドア)
  • MINI Crossover(ミニ クロスオーバー)

の雪道性能を見ていきます。

えりか
イエーイ!

だけど、5ドアはわかるけど、クロスオーバーのことはわからないよ。

ここあ先生おねがいしまーす!

ここあちゃん
言うと思ったから、さっそく下に項目を出しておいたよ。
ここあ検索結果
  • ミニクロスオーバーとは?
  • 雪道の危険性と危ない場所
  • ミニクロスオーバーとミニクーパー(5ドア)の雪道性能
  • 雪道に使えるオススメアイテム
  • ミニクーパーとクロスオーバーの雪道性能とオススメアイテムのまとめ
えりか
おお!

雪道の危険性もついでに検索してくれたんだ!

さっすがここあちゃん!

じゃあ、早速見てみよう!

ミニクロスオーバーとは?

引用:mini公式HPより

引用:mini公式HPより

日本名はクロスオーバー

欧米ではカントリーマンの名前で販売されているミニクーパーのグレードの一つ。

ボディサイズは全長4,105mm×全幅1,790mm×全高1,550mm

ホイールベースは2,595mmとミニのグレードの中でも最もサイズが大きい種類です。

日本で販売されているクロスオーバーは、日本の独自仕様として機械式立体駐車場に駐車できるように

ルーフアンテナがマウント形状の物を、日本専用に開発され搭載されています。

ミニなのに大きい! っと評価されるほどの大きさと、居心地の良い車内を実現していて

オプションで3人掛けのベンチシートも付けられるなど

カッコイイ&カワイイだけでなく、ファミリー層にも嬉しい機能が搭載されている車です。

えりか
ルーフアンテナがマウント形状のやつを日本専用に作ってくれたり、こうして見るとドイツって中々商魂たくましいね。

仕事に関する考え方も日本と少しだけ似てるって言うし、そこが信頼出来るところだね!

ところで、ここあちゃん私もファミリー・・・。

ここあちゃん
ファミリーを作りたかったらまず、ちょっとでもいいから休日に化粧して外に出てよ・・・。

まぁ、その他にも、ドリンクホルダーやオーディオ機器とか自由に装着できるようになってるから。

その気になれば、家より居心地の良い車にできると思うよ!

雪道の危険性と気をつけるべき場所とは?

雪道は年に何度も死亡事故が起こるほどに、運転が難しい道です。

冬に雪が降る地域では切っては離せない雪道の危険な場所を、クロスオーバーとミニクーパー(5ドア)の雪道性能の前にご紹介します。

雪道で気をつけないと行けない場所

市街地の停止線付近

降り積もった雪がブレーキや発進が繰り返しにさらされているために、路面がつるつるになって滑りやすくなっていることがあります。

この場合は停止線の標識よりも手前で停止して、車間距離は多めに開けましょう。

滑って止まりきれない車も横からすっ飛んで来る場合もあるので

仮に青になっても一節おいてから、発進するようにしましょう。

坂道

お気づきの人はお気づきでしょう。坂道です。

上り坂では、車の荷重がタイヤに均等にかからなくなるために前輪が軽くなり、ハンドル操作に影響を及ぼします。

下り坂では後輪の負荷が軽くなってしまうので、車両お後部が振られやすくなります

上り坂は止まらずに一気に登り下り坂は細心のハンドル操作とブレーキ操作を心がけて下ってください

もし、車の多いときにハンドルを取られて事故を起こした場合に坂道は【大惨事】を招きやすいので気をつけて運転しましょう。

トンネル

トンネルは路面状況ががらりと変わるので、雪の降り積もっていないトンネル内で

スピードを出しすぎてしまい、トンネルから出た時にハンドル操作ができなくなった末の事故が多発しています。

速度を出し過ぎてしまわないように自制して運転するようにしましょう。

えりか
うん、だから私は冬運転したくないんだよね・・・。

これじゃ無いけど、前に運転しているときにね。

雪で水路が見えなくてタイヤがハマっちゃって泣きながら携帯で助け呼んだよ。

雪道ってこれ以外にも充分危険な場所があるから、気をつけないとね。

ここあちゃん
それも、後続車とかが居たら惨事になるかも知れなかったね・・・。

まぁ、これをきっかけに改めて安全意識を持ってくれればいいよ。

じゃあ、早速ミニクーパーとミニクロスオーバーの雪道性能を見ていこうか!

ミニクーパーとミニクロスオーバー雪道性能は?

ミニクーパー(5ドア)雪道性能

ミニクーパーの雪道走行性能は高く、圧雪(圧縮されて滑りやすくなった雪道)と氷結された雪道でも

スタッドレスやキャリアなど付けずに純正のタイヤで難なく走ることができます。

現在のミニを販売しているドイツは日本よりも格段と寒い地域で作られているために

普通通常の走行性能が高く仕上がっているからこそ、そのままでも比較的安定して走ることができます。

さらには、横滑り防止装置が備えられていますので、見た目の可愛さに似合わず安定感のある走りができます。

路面凍結やブラックアイスバーン(一見濡れてるだけに見える薄い氷の張った道)での走行では、国産の車よりも安定感があります。

ただ、春の雪解け頃の水と雪が混ざった状態の時は、タイヤから中に水が浸入してしまったり

ホイールハウスとタイヤの間が狭く雪が貯まりやすいので、こまめに取り除く必要があります。

流石の安定感でも結した上り坂は、少し気をつけないといけません。

あと、10㎝を越える積雪の場合にお腹の車体をゴリゴリこすってしまいます。

内部は運転席と助手席にはシートヒーターが備えられています。

この内部のシートヒーターは主に女性などに好評で、車のエアコンの風(の中にある塵や埃)が顔に当たって肌が荒れることがないなどのお肌の利点もございます。

えりか
日本でも死にそうなのに、私冬にドイツ行ったら一秒で雪だるまに生まれ変われそう・・・。

まぁ、そんな寒い地域だから通常でも走れるような工夫が必要だったんだね!

それと、風が当たらないで暖まるっていいね~。

車のエアコンって、いつのまにか凄い臭い時があるから、シートヒータだったら嬉しいなぁー・・・えへへ。

ここあちゃん
なにがえへへなの・・・それ掃除サボってるからだよ。

それと、ミニクーパーは地上高から低くて、前輪駆動なところから雪道性能が低いと思われがちだけど、本当に拍子抜けするほどに、滑らないでいけるよ!

ミニクロスオーバー雪道性能

四輪駆動のミニクロスオーバーは元々悪路などの走行性能が高いと言われていました。

ミニクロスオーバーに搭載されている4WDシステムのALL4は、DSC(ダイナミックスタビリティコントロール)と電子制御クラッチが連携して

走行状態に合わせて滑りやすい雪道から山道の悪路まで、安定した走りができるようになっています。

過酷な状況下でも走ることを想定した、細かなオプションや装備が備え付けられており。

こちらにも運転席と助手席にはシートヒーターが備えられています。

冬に厄介なフロントガラスの曇り&凍結もミニクロスオーバーはフロントガラスを暖める【ヒーテッド・ウインドスクリーン】装備で解決してくてくれます。

このように雪に走る性能を存分に備えていることから、雪道走行を楽しむならばミニの中ではミニクロスオーバーが一番の性能を誇っています。

そして、四輪駆動のクロスオーバーは、東北や北海道など積雪に悩まされる地域の方々からに好評かつ人気であることから、クロスオーバーの雪道性能が高いことが窺えます。

えりか
あー、東北に行った友達もたしかクロスオーバーだったな!

走りやすいし、確か秋田あたりだったかな? 秋田あたりだとほとんどのクロスオーバーに雪道走行性能に関する機能がほとんど最初から付いてるって言ってたよ!

ここあちゃん
秋田あたりなら、流石に必須だから最初から付いてるんじゃないかな?

雪道を走行するさいのオススメアイテムはなに?

スタッドレスタイヤ【ホイール一覧】

ミニクーパー(5ドア) サイズ リム幅 PCD 穴数 タイヤ幅 扁平率
15インチ 5.5J 112 5 175 65
16インチ 6.5J 112 5 195 55
17インチ 7J 112 5 205 45
18インチ 7J 112 5 205 40

 

ミニクロスオーバー サイズ リム幅 PCD 穴数 タイヤ幅 扁平率
16インチ 6.5J 120 5 205 60
17インチ 7J 120 5 205 55
18インチ 7.5J 120 5 225 45
19インチ 7.5J 120 5 225 40
ここあちゃん
スタッドレスタイヤは、雪道を走るのに特化したタイヤで、今回オススメアイテムとしてサイズを乗せてみたよ!
えりか
私が知る冬用のタイヤはスパイクが付いていたような・・・。
スタッドレスタイヤの特徴《検索ここあ》
  • 深い溝
  • 細かい横溝
  • 細かい素材のブロック
  • 柔らかいゴム
ここあちゃん
これが、スタッドレスの特徴だよ・・・えりかが言ってるそれは、一昔前のスパイクタイヤね。

今はそのスパイクがないところから、スパイクスタッドがない(レス)でスタッドレスと呼ばれるようになって。

今はえりかが言ったスパイクはもう見ないね。

役立つアイテム一覧

スコップ 雪の溝にはまったときに雪を掻き出す用
ブースターケーブル バッテリー上が上がったさいの処置のため
解氷剤 パーキングエリアで買い物している間に鍵穴が凍ることがあるため、あとワイパー
ブランケット 雪での渋滞にはまった時の車中泊用
予備電源 数万円するけれど、渋滞にはまった場合にガソリンの残量に怯えることがなくなる
冷却水 凍ることがあるために予備として
ワイパー 寒冷地用ワイパーにすれば、固まって雪を払うときに、うっかりへし折る可能性が減ります
チェーン 簡単装着チェーンを持っていればどの車でも安心
牽引ロープ 雪で脱輪した場合に引っ張って貰うため
ここあちゃん
あとは細かいのが多かったから一気にまとめちゃったよ?

こんな感じで、オススメアイテムはこんなに沢山あるよ。

えりか
わー沢山ある~。これ運が良ければ全部必要ないから、全部ひっくるめて必要なのは【運】にしようよー。
ここあちゃん
それえりかが面倒くさいだけでしょうが・・・。

運があればそりゃ出番がないけど、運に頼るより確実に役に立つアイテム達をそろえてよ・・・。

ミニクーパーとクロスオーバーの雪道性能は?オススメアイテムも紹介!まとめ

ミニクーパーとは?
  • ミニクーパーはドイツの自動車メーアーBMWが設立したブランドの車です
  • 丸く可愛らしいフォルムが特徴的なサイズの小さめな車
  • カラーは全てのグレードで大体10色【ソリッドカラー2色】と【メタリックカラー8色】あります
  • さらには、6種類のグレードがあり。今回は、その中の【MINI 5 DOOR】と【MINI Crossover】の雪道性能をご紹介しました。
ミニクロスオーバーとは?
  • ボディサイズは全長4,105mm×全幅1,790mm×全高1,550mm ホイールベースは2,595mm
  • ミニのグレードの中でも最もサイズが大きい種類です
  • 日本の独自仕様でルーフアンテナがマウント形状の物が搭載されています
  • 小物入れやドリンクホルダー、外部オーディオ機器などを自由に装着可能
  • オプションで3人掛けのベンチシートも付けられるなど、ファミリー層にも嬉しい機能やオプションがある車です。
ミニクーパーの雪道性能
  • ミニクーパーの雪道走行性能は高く、圧雪された雪道でも、スタッドレスやキャリアなど付けずに純正のタイヤで走ることができます
  • 横滑り防止装置が備えられていて、安定感のある走りができます
  • 国産の車よりも安定感のある走りができます
  • ただ、ホイールハウスとタイヤの間が狭く雪がたまりやすく、10㎝を越える積雪は腹の部分の車体をこすってしまいます

ミニクロスオーバーの雪道性能

  • 過酷な状況下でも走ることを想定した、細かなオプションや装備が備え付けられている
  • フロントガラスの曇り&凍結もミニクロスオーバーはフロントガラスを暖める【ヒーテッド・ウインドスクリーン】装備で解決
  • 雪道走行を楽しむならばミニの中ではミニクロスオーバーが一番の性能
  • 東北や北海道など積雪に悩まされる地域の方々からに好評かつ人気
雪道を走行するさいのオススメアイテム
  • スタッドレスタイヤ
  • スコップ
  • ブースターケーブル
  • 解氷剤
  • ブランケット
  • 予備電源
  • 冷却水
  • ワイパー
  • チェーン
  • 牽引ロープ
えりか
なるほどね~。最初からミニクーパーやクロスオーバーって雪道性能に優れてたんだね~。

にしても今日もありがとう、ここあちゃん!

ここあちゃん
うん!

今度は一生のお願いじゃなくて

【一生に一度のお願い】

で動くから、よろしくえりか。

じゃあ、おやすみ。

えりか
そんなー!!

ちょっとまってよここあちゃん! 充電モード入らないでよ~!

ここあちゃーん!!

「車を買い換えよう!」

と思った時に、多くの人はディーラーや販売店に向かいますよね。
えりか
この時、あなたも「できるだけ安く買いたい!」と思いますよね?
私もそうでした。

ちょうどその頃、私も車の買い替えを検討していました。

ですが、私の妹が大切にしていた愛車がタダ同然で引き取られたのを聞いたり、私が以前買い替えた時、自分で中古車販売店を回っていたのがかなり疲れた経験があります。

そういった妹の失敗や自身の経験を教訓にして、今回はできるだけお得に車を買い換える方法を徹底的に調べ、偶然友人から教えてもらったマル秘テクニックも実践した結果、非常に満足する買い替えができました。

えりか
販売員に言われるままに契約したら絶対に損します。

ほんの少しの工夫で、私は18万円もお得に買い替えられました。

ここまで見てくれたあなたにだけ、こっそり私のテクニックを公開しちゃいます!


私が実践したマル秘テクニックについてはこちらで詳しく紹介しております。

ディーラー下取りは損!?お得に車を買い換えるマル秘テクニックとは?

2020年2月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です