2020年現行インプレッサのグレードは?種類別に値段を比較!

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する
えりか
おはよう、ここあちゃん!

今日は、車の「グレード」についてお話しましょ!

ここあちゃん
おはよう、えりか!

えりかからそんな話をしてくれるなんて、何かいい情報を仕入れたのかい?

えりか
バレたか(笑)

友達と「インプレッサ」の話をしてたんだけど、やっぱりクルマ選びの大事なポイントとして、「グレード」は外せないねって盛り上がっちゃったのよね。

ここあちゃん
なるほど、確かにね!

「グレード」、車の階級とか段階って意味だけど、確かに大事だよね!

それじゃあ、今回はその「スバル インプレッサスポーツ」のグレードについて、一緒に見ていこうか!

1.インプレッサとは?

引用:スバル公式HPより

 

「インプレッサ」とは、金言・紋章などの意味を持つimpresaからの造語で、4WD、水平対向エンジンなど、スポーティなイメージを原点に、スバルから1992年に初代モデルが発売された車です。

現行モデルでは、当時人気を集めた「WRX」とは枝分かれしており、「アイサイト・ツーリングアシスト」を全車に標準搭載することによって、安全性能をさらに高めることに成功しています。

スポーティーなイメージは残しつつも、運転にあまり自信がない女性層からの支持も高くなりつつある車種です。

ここあちゃん
それじゃあ、スバル インプレッサで用意されている、各グレードを順番に紹介していこうか!

2.「1.6i-L EyeSight」

引用:スバル公式HPより カラーはクォーツブルー・パール

  • 2WD         2,002,000円(税込)
  • AWD         2,222,000円(税込)
ここあちゃん
まずは、現行インプレッサを語る上で外せないのが、「アイサイト コアテクノロジー」だよね。
えりか
名前は聞いたことあるんだけど、具体的にどんな機能なの?
ここあちゃん
「アイサイト」は、スバルの乗用車に搭載されている安全運転支援システムで、次の5つの機能が用意されているんだ。

  1. 「ぶつからない技術」プリクラッシュブレーキ
  2. 「ついていく技術」クルーズコントロール
  3. 「はみ出さない技術」アクティブレーンキープ
  4. 「飛び出さない技術」AT誤発進抑制制御
  5. 「注意してくれる技術」警報&お知らせ機能

アイサイト搭載車は、自動車事故対策機構(NASVA)が2018年度に行った安全性能評価試験「予防安全性能アセスメント」で、最高ランクを獲得しているんだよ!

えりか
わぁ!それはすごいわね!その「アイサイト」が、全部のグレードに標準装備されているのね!
ここあちゃん
さらに、この「1.6i-L EyeSight」は、ベースグレードとは思えないくらい装備が充実しているんだ。

信号待ちでブレーキを踏まなくても、停止を保持してくれるオートビークルホールド、マルチファンクションディスプレイや電動パーキングブレーキも採用されているんだよ!

えりか
足元のタイヤホールは、アルミ製のダークメタリック塗装に切削輝光の16インチのものが使われていて、上質感をさらに引き上げているわね。

3.「1.6i-S EyeSight」

引用:スバル公式HPより カラーはアイスシルバー・メタリック

  • 2WD         2,244,000円(税込)
  • AWD         2,464,000円(税込)
えりか
2020年に新しく追加されたグレードみたいだけど、さっきの「1.6i-L EyeSight」と、名前が似ているわね。

具体的にどんな違いがあるのかしら?

  1. キーレスアクセス&プッシュスタートが標準装備
  2. 撥水加工フロントドアガラス
  3. フロントワイパーデアイサー(ワイパーブレードの凍結防止)
  4. ヒーテッドドアミラー
  5. リアのフォグランプ
  6. LED製のヘッドランプ
  7. フロントのフォグランプカバー
  8. アルミホイールが17インチに変更
ここあちゃん
これらの装備が追加されていることと、もともとフロント側にあったスタビライザーがリア側にも装備されて、より走りの質感が向上しているんだ。
えりか
名前は似ているけど、装備の充実さは全くの別物になっているのね!

4.「2.0i-L EyeSight」

引用:スバル公式HPより カラーはピュアレッド

  • 2WD  2,244,000円(税込)
  • AWD  2,464,000円(税込)
えりか
あれ?今まで「1.6」だった数字が、「2.0」に変わっているわ。
ここあちゃん
そう、いいところに気づいたね。

この「2.0」は、エンジンの大きさで「2.0Lの直噴エンジンを搭載する」という意味なんだ。

それによって、さらに豪快な走りを可能にしていて、対応するリアのスタビライザーと、17インチのアルミホイールが追加されている。

でも、容量が大きいエンジンは燃費の面が心配になってくるから、「インテリジェントモード(燃費優先)」と、「スポーツモード(走行性優先)」の2種類の走行モードが切り替えれるようになっているんだ。

他の基本的な装備は、「1.6i-L EyeSight」と同じになっているけど、キーレスアクセス&プッシュスタートが標準装備されているのに加えて、エアコンの左右独立調整機能が追加されたりと、ドライバーへの配慮も充実したグレードになっているね。

5.「2.0i-S EyeSight」

引用:スバル公式HPより カラーはクリスタルホワイト・パール

  • 2WD  2,486,000円(税込)
  • AWD  2,706,000円(税込)
えりか
さて、いよいよ最上級グレードの紹介ね。

ここあちゃん、ここは私に紹介させて!

ここあちゃん
おっと、気合が入ってるね、えりか!

じゃあ、最後はお願いしようかな?

えりか
まず特徴としては、「アクティブ・トルク・ベクタリング」というシステムが搭載されていることね。

これは、車の旋回性能を高めるシステムで、コーナリングの時に内輪側だけにブレーキをかけることによって、相対的に外輪側の力を大きくすることができるのよ。

コーナリング性能だけじゃなくて、危険回避の時にも役立ってくれるに違いないわ。

さらに全グレードの中で、唯一18インチのアルミホールを採用していて、足元の豪華さは他のグレードの1歩先を行っている感じね。

視界確保のための装備は「1.6i-S EyeSight」がベースになっていて、走行性能、安全性能ともに申し分ない、まさに最上級のグレードに仕上がっているわね!

ここあちゃん
うん、ナイスなレビューだね!

インプレッサスポーツの魅力が、バッチリ伝わってきたよ!

2020年現行インプレッサのグレードは?種類別に値段を比較!まとめ

 

  1. 「インプレッサ」は、スバルから発売されている歴史あるスポーツタイプの車。
  2. 現行で販売されているグレードは、全部で4種類。
  3. 「アイサイト コアテクノロジー」は、全グレードに標準装備されている。
  4. スポーティーなイメージが強いが、安全性能の向上により女性にも人気がある。
えりか
今回のレビューは、どうだったかしら?

「グレードがよくなれば、価格が上がってくる」っていうのは仕方のないことだけど、これから車を選ぶ人には、ぜひお気に入りの1台を見つけてほしいわよね!

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

本当に得する保険会社をチェックする↓
自動車保険ランキング