新型ハリアーのフルモデルチェンジを画像付きで紹介! 気になる価格は?

車を買い換える時に、そのまま愛車を下取りに出すと100%カモられます。

私がお得に買い替えた一括査定を知らない人は一生損しつづけますよ。
えりか
私も早くこの方法で買い替えていたらなぁ、と思いました。

一括査定はスマホでたった45秒でできますし、何より無料で査定してもらえるんですよ!

しかも複数の買取業車が勝手に競ってくれるので、あれよあれよと買取額が吊り上がり・・・結果的には何の交渉もしなくても最高額で売ることができました(笑)

ディーラー下取りより18万お得に買い替えられましたよ。
あなたも私と同じようにお得に買い替えてみませんか?私が利用したサイトはこちらになります。

《車買取》無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪
えりか
ここあちゃん!

新しいハリアーがまもなく発売されるって知ってた?

ここあちゃん
もちろん知ってるよ!

新型ハリアーは現行モデルのフルモデルチェンジなんだよ。

えりか
うわー、すっごく気になる!
ここあちゃん
じゃあ新型ハリアーについて、一緒に画像付きで見てみよう!
えりか
はーい!

今日もよろしくね、ここあちゃん。

トヨタ ハリアーってどんな車?

引用:トヨタ公式HPより

ハリアーの歴史をさかのぼると、

初代ハリアーは1997年にトヨタからSUVの先駆けとして発売されました。

その後、2003年にV6 3.3Lエンジンを搭載したハイブリットモデルである、

2代目ハリアーが登場。

さらに、2013年には国内専用モデルとして、

国内の道路事情に合ったサイズの3代目ハリアーが発売。

そして2020年6月、新型ハリアーである4代目ハリアーが登場します。

3代目ハリアーから、7年ぶりに登場する4代目ハリアーは、

フルモデルチェンジであり、エクステリアやインテリアだけでなく、

安全性や快適性においてもパワーアップしました。

今回は4代目新型ハリアーについて、画像付きで紹介します。

スタイリッシュなエクステリア

引用:トヨタ公式HPより

引用:トヨタ公式HPより

正面から見ると、シンプルだけど美しいですね。

トヨタの伝統的なフロントグリルや、エンブレムを採用していて、キープコンセプトです。

ハリアーと言ったら、鷹のエンブレムである、

「チュウヒ(宙飛)」エンブレムがとても有名ですが、

今回はトヨタエンブレムを採用しています。

しかし、ヘッドライトの形はより鋭いものへと進化していて、

L字型のLED式ヘッドライト(デイタイムランニングライト)を採用しています。

後ろには、リアコンビネーションランプと

LED杯マウントストップランプ(Z“Leather Package”、Zに標準装備)を採用していて、

存在感が抜群ですね!

引用:トヨタ公式HPより

タイヤとホイールは、多軸スポーク構成である225/55R19タイヤ、

19インチアルミホイールが採用されています。

上品な光沢感が美しいですね。

新型ハリアーのボディカラーは現時点で7色と発表されています。

4代目ハリアーのボディカラー
  • プレシャスブラックパール
  • スレートグレーメタリック
  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • ブラック
  • センシュアルレッドマイカ
  • スティールブロンドメタリック
  • ダークブルーマイカ

洗練されたインテリア

引用:トヨタ公式HPより

洗練されたデザインが大人の落ち着きを醸し出し、上質な空間を作り上げています。

引用:トヨタ公式HPより

8インチディスプレイオーディオと6スピーカー、

また12.3インチのタッチスクリーン付きパネルを標準装備。

Apple CarPlayAndroid AutoTMによってスマートフォンとの連携も可能になります。

インテリアカラーには、ブラック、グレー、ブラウンの3色を採用します。

最先端のテクノロジー

Toyota Safety Sence

予防安全パッケージである「Toyota Safety Scence」

標準装備として全車に採用されています。

Toyota Safety Senseの特徴
  • プリクラッシュセーフティ
  • レーントレーシングアシスト
  • レーダークルーズコントロール
  • アダプティブハイビームシステム
  • オートマチックハイビーム
  • ロードサインアシスト

Toyota Safety Scenceの特徴について簡単に解説しますね。

・プリクラッシュセーフティ

衝突の危険がある場合に自動でブレーキをかけてくれるシステムです。

広い範囲で認識できる単眼カメラと、

雨や夜間環境の影響を受けにくいミリ波レーダーによって遠くの距離まで感知してくれます。

ブザーと表示でドライバーに衝突の可能性を知らせ、

プリクラッシュブレーキを作動することにより、被害の軽減や衝突回避をサポートします。

・レーントレーシングアシスト

車線をはみ出さないようにサポート。

・レーダークルーズコントロール

車間距離を一定に保つことをサポート。

速度が低い時でも、先行者を検知し自ら速度を調整、自動で停止します。

・アダプティブハイビームシステムとオートマチックハイビーム

先行車や対向車の状況に応じて、ヘッドライトを自動的に調整。

・ロードサインアシスト

カメラが道路標識を認識し、標識の見逃しをサポート。

・インテリジェントクリアランスソナー

アクセルの踏み間違えをによる衝突を緩和。

・ブラインドスポットモニター

ドアミラーでは認識しにくい車両を検知し知らせてくれる。

・リヤクロストラフィックオートブレーキ

駐車の際に、左右後方から接近してくる車を検知し、サポートしてくれる。

紹介したのは一部の装備ですが、

これだけの安全装備がついているのはスゴイですね!

デジタルインナーミラー

引用:トヨタ公式HPより

後方のカメラの映像を社内のバックミラーに表示してくれます。

切り替え操作によって、視界を遮ることなく後方確認できることが特徴です。

SDカードに走行中の前方、後方の映像を録画できる機能が新しく採用されました。

えりか
インテリアやエクステリアだけじゃなくて、安全面にも力を入れている車なんだね
ここあちゃん
高速道路の渋滞による追突事故が減りそうだね。

ドライバーも安心して運転できるね。

4代目ハリアーのグレードは?

 

4代目ハリアーのにはハイブリット車とガソリン車があります。

2.5Lハイブリット車と2.0Lガソリン車があり、

それぞれ一番低いグレードの「S」、真ん中のグレードの「G」、最上級の「Z」の3グレードです。

「G」、「Z」では “Leather Package”に変更でき、本革シートなどを選択できます。

現グレードで言うと「ELEGANCE」=「S」、「PREMIUM」=「G」、「PROGRESS」=「Z」となるようです。

新型ハリアーのフルモデルチェンジを画像付きで紹介! 気になる価格は?まとめ

 

  • 4代目となるフルモデルチェンジの新型ハリアー
  • キープコンセプトのエクステリア
  • 豪華な標準装備のインテリア
  • 安全面は最先端のテクノロジーを採用
  • 「S」、「G」、「Z」の3種類

 

発売時期は2020年6月と予定されています。まもなくですね!

現時点では価格は

2.0Lガソリン車
Sグレード 315万円
Gグレード 335万円
Zグレード 385万円
GグレードLeather Package 360万円
ZグレードLeather Package 410万円

※(4WD車は20万円高くなります)

2.5Lハイブリット車
Sグレード 400万円
Gグレード 420万円
Zグレード 465万円
GグレードLeather Package 445万円
ZグレードLeather Package 495万円

と言われています。

エクステリアだけではなく、インテリア装備にもかなりこだわっている印象を受けます。

あなたも是非ご購入を検討してみてはいかがですか♪

えりか
新型ハリアーすごくかっこいいね!

実物を見てみたいなぁ♪

ここあちゃん
えりかはSUV好きだもんね。

また最新情報がでたときは知らせるね♪

「車を買い換えよう!」

と思った時に、多くの人はディーラーや販売店に向かいますよね。
えりか
この時、あなたも「できるだけ安く買いたい!」と思いますよね?
私もそうでした。

ちょうどその頃、私も車の買い替えを検討していました。

ですが、私の妹が大切にしていた愛車がタダ同然で引き取られたのを聞いたり、私が以前買い替えた時、自分で中古車販売店を回っていたのがかなり疲れた経験があります。

そういった妹の失敗や自身の経験を教訓にして、今回はできるだけお得に車を買い換える方法を徹底的に調べ、偶然友人から教えてもらったマル秘テクニックも実践した結果、非常に満足する買い替えができました。

えりか
販売員に言われるままに契約したら絶対に損します。

ほんの少しの工夫で、私は18万円もお得に買い替えられました。

ここまで見てくれたあなたにだけ、こっそり私のテクニックを公開しちゃいます!


私が実践したマル秘テクニックについてはこちらで詳しく紹介しております。

ディーラー下取りは損!?お得に車を買い換えるマル秘テクニックとは?

2020年2月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です