【絶対王者】ベンツSクラスの乗り心地や後部座席・内装!安全性能も最強⁉︎

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する

えりか
ねえねえここあちゃん。

ここあちゃん
どうしたのえりか?

えりか
世界一の「プレミアムメーカー(高級車部門)」ってどこの会社か知ってる?

ここあちゃん
うん、知ってるよ。メルセデス・ベンツでしょ?

えりか
なぜそんなに売れてるのかな?

ここあちゃん
分かった!!

今日はメルセデス・ベンツが売れている理由の話をするね。

2020年を迎えてから早数ヶ月・・・

今年の始めに2019年のプレミアムカー(高級車部門)の売り上げが発表されました。

  • 1位.メルセデス・ベンツ=約234万台
  • 2位.BMW=約217万台
  • 3位.アウディ=185万台

レクサス=76.5万台(ちなみに前年比110%で順調)

この結果でも分かるように、ロールスロイス、ベントレー、など世の中には度肝を抜かれるような高級車が存在します。

しかし、「ベンツ」っと言えば、パートのおばちゃん、主婦、サラリーマンなど、誰でも分かる高級車ですね。

そのなかでも絶対王者に君臨するのが「メルセデス・ベンツSクラス」です。

Sクラスはダイムラー社のフラグシップモデルになっています。

(私は車好きなのにベンツが会社名っと勘違いしてました。

「日本ではメルセデス・ベンツ日本株式会社」)

自分のガレージに「ベンツ(グレードは関係無く)」が置いてあるだけで、インテリアを変えてなくてもガラッと雰囲気を変えてしまいます

想像しただけでもゾクゾクしませんか?

Sクラスはパワーがあり、遠出でかっ飛ばそうっと思えばできます。

でも、それはフェラーリ、ランボルギーニなどを買えるならそちらに任せておきましょう…

街中を余裕をもって堂々と走る

そんな一台です。

今日はSクラスの魅力一度でも乗ってみたいという方の為にお話ししていきます。

メルセデス・ベンツのクラス

引用:メルセデス・ベンツ公式HP

メルセデス・ベンツのクラスは、セダンやハッチバックタイプですと

  • Sクラス
  • Eクラス
  • Cクラス
  • Bクラス
  • Aクラス

の5種類となります。

価格の順番で言えばSクラスが一番高価

S→E→C→B→A

の順番にAクラスがリーズナブルになるのですが、このクラスの中にAMG仕様などが加わる形です。

  • オープンカータイプ(SL.SLK)
  • クーペ(CL.CLS.CLS)
  • SUV(GLK.GLA)

などが加わります。

名前やクラスが結構細かく変わるのでかなりややこしいです。

ちなみにクラスの価格帯だけいえば

  • Sクラス=約1130万~2330万
  • Eクラス=約734万~1094万
  • Cクラス=約484万~745万
  • Bクラス=約396万~426万
  • Aクラス=約337万~410万

このような違いになります。

リーズナブルって言ってもAクラスでもそれなりにいい車が買えます

余談ですがSクラスは『special』と言う意味らしいです。

基本のSクラスとサブブランドの違い

引用:メルセデス・ベンツ公式HP

値段的には「メルセデス」のサブブランド

  • マイバッハS=約2253万~2761万円
  • メルセデスS・AMG=約2575万~2899万
  • メルセデス・ベンツS=約1130万~2330万円

と、メルセデス・ベンツSクラスは、ベンツの中では比較的リーズナブルな位置にあります。

違いから言えば…

  • マイバッハ=ショーファーカー(運転手付き)
  • AMG=スポーティーな走りをハンドル握って楽しむ
  • メルセデス・ベンツ=街乗り(ロングはショーファーカー)

という感じで、競合することのない作りですね。

次に、サブブランドについて詳しくお話していきます。

1.メルセデス・AMGとは?

AMGラインアップ

引用:メルセデス・ベンツ公式HP

メルセデスのサブブランドの1つで、ラインナップの中でも最もスポーティーなブランドで、スポーツやレース系のブランドに当たります。

基本モデルよりもよりスポーティーな走りができるように、エンジンや車体全体(見た目もスポーティーになってます)を強化されています。

その分値段も基本よりも格段に高額になってます。

2.メルセデス・マイバッハとは?

引用:メルセデス・ベンツ公式HP

メルセデス・マイバッハはAMGとは、真逆のコンセプトを持ったサブブランドです。

AMGが自分でハンドルを持ち走りを楽しむなら、マイバッハは後部座席に乗り、くつろぎながら目的地に到着します。

特徴はやはり後部座席の快適さを追求した室内ですね。

値段はAMGほど高額ではありませんが、マイバッハには「プルマン」っと言うグレードがあります。

いわゆるリムジン

  • ノーマルプルマンで8800万~
  • プルマンガード(防弾使用)で1億5000万~

という感じです。

買うだけで一等の宝くじが飛びそうなものものも存在します。

メルセデス・ベンツSクラスの乗り心地は?

引用:メルセデス・ベンツ公式HP

ベンツのSクラスは様々な種類がありますが、僕のおすすめはあくまでも「街乗り」と言う前提で「S450」をオススメします。

  • S560やS600の上位グレードは排気量も高く、パワーも申し分はありませんが、価格は200万(S560)~1000万(S600)程の差があること
  • 街乗りで日本みたいな狭い場所ならS450と比べてもさほど差が感じられない
  • S400モデルはディーゼルエンジンを搭載されていますが、今の時代、ディーゼルっと言ってもアイドリング、加速、始動での音などの弱点はほぼ無くなり、ガソリンに比べても違和感が無くなりましたが、ただ、街乗りを想定した場合、短距離走行を繰り返すとやはりガソリン車に比べて故障のリスクが高くなる

以上の理由でS450での前提で魅力をお伝えしていきます

1.振動が少ない

S450が話題になってるのはなんと言っても、直列6気筒エンジンを積んでること

直列気筒はV型気筒に比べて、エンジンの回転がスムーズになるために振動が少ないので、疲れにくいっと言うメリットがあります

また、加速時のレスポンスが優れているためアクセルを踏んだらすぐに動き出すメリットがあります。

直列エンジンは、日本でもマニアには物凄く人気のエンジンですが、現在あまり使われていないのは、どうしても長くなるために、エンジンルームの融通が聞かない為、フロントが長くなるデメリットがありました。

しかし、ダイムラー社の「M256」はそこを改善されてます。

※詳しく知りたい人はホームページなどを読んでください。

S450は他のグレードに比べても、人気、評価が高いのが頷けます。

2.内装は第二のプライベートルーム

S450のシートには本革が標準装備されています。

何よりも私たちの庶民車には装備されていない、首もとから暖かい空気が送られてくる「エアスカーフ」までも標準装備。

これは車速や気温などにあわせて最適な温度を保ってくれる優れもの…

更には空気清浄機フレグランスなども完備。

また、後席に座る人の為に広々としたスペースが用意されていて、longタイプショーファーカーパッケージ(運転手付き)を用意されているのでリクライニングも可能

ベンツはなんと言っても安全性

 

昔、ベンツに乗っていた人が

ベンツは乗り心地や快適さももちろん優れてるけど、乗員を意地でも守ることに本当の価値がある

と言っていました。

今こそ安全性はどの会社も言うようになりました。

当時の国産車にも高級車は存在してましたが。

ベンツはその時にはすでに安全性は優れてました。

それは、現在も世界一です。

ダイムラー(メルセデス・ベンツ)は一台の安全な車を作るのに15000回のシミュレーションと150回もの実車の衝突実験を行うそうです

60年間で合計で約14000回クラッシュ実験を行いそこから生み出された世界一だと言っても過言ではないと思います

もちろん、他の会社も今では衝突を未然に防ぐ運転支援システムは普及してますが…

約130年の歴史が生み出した、乗員を意地でも守るシステムは世界一安全な車と言っても良いでしょう。

Sクラスには衝突回避運動衝突軽減運動はもちろん。

一定時間ステアリングの操作がないと警告音をならし

それでも状況が変わらなければ強制的に車を停止させる機能。

渋滞で停止中に後方から高速で突っ込んでくる車にハザードランプをフラッシュさせブレーキ圧を高め二次災害を防ぐシステム

オートクルーズシステムも現在では珍しい物では無いですが、Sクラスのものは少し違います

レーンキーピーング前車との車間距離を保ってのクルーズ走行などひと味違う。

衝撃から乗員をドアから遠ざけるプリセーフ機能、衝撃音から耳を守るプリセーフサウンドなど書き出したらきりがないくらいありますね。

いまだに最先端を走るベンツの安全性能はやはり世界の王者です

Sクラスの条件、維持費は?

1.条件、買える場所(中古の相場は?)

ベンツSクラスは全国のディーラーで購入可能ですね。

以外と中古でもリーズナブルなお値段であります。

ただ、品質が保証できないのと、維持費がかなりかかることが予想されます。

僕が調べた範囲では、中古車の価格帯は以下のようになります。

  • 新車=約1130万~2330万円
  • 中古=18万~1700万

18万は、中古車として少し心配になりますので、現実的には真ん中あたりの価格だと思うと安全でしょう。

2.維持費

(1)税金

現行モデルのグレードは、排気量が2924~5980ccです。

なのでグレード別に自動車税も変わって来ます

51000円~88000円/年となってます。

(2)重量税

車の重量によって加算されます。

Sクラスのグレード別に2000kg~2330kgですが…

2000kg~2500kgまで税金は変わりません

ですので年間20500円ですね。

2.保険

(1)自賠責

自賠責は高級車に乗ろうが庶民車に乗ろうが法律で義務化されているので、必ず入る必要があります

自賠責に関してはどこの保険屋も取り扱いしてます。

しかし、何処と契約しても値段は変わりません

自家用車の加入月事の保険料

  • 12ヶ月=15520円
  • 13ヶ月=16380円
  • 24ヶ月=25830円
  • 25ヶ月=26680円
  • 36ヶ月=35950円
  • 37ヶ月=36780円

(2)任意保険

任意保険は会社ごとによって違いますが…

  • 年齢
  • 車種
  • 用途
  • グレード
  • 事故歴
  • 安全性能
  • 保健範囲

など、いろいろな条件のもと決まります。

Sクラスだから値段が高くなるわけでは無く、車が豪華になればなるほど、任意保険は高くなります。

また、車の乗り始めの年齢が若ければ高くなります。

おおよそ250000円/年(25歳)となります。

3.その他

(1)燃料

Sクラスには、ディーゼル車や排気量の多いグレードもあります。

排気量が多い→燃料を多く使う→燃費が悪くなります。

しかし、近年燃料効率が向上し燃費が良くなって来ています

走る距離やその時の価格がありますが

年間10000m走ると想定すると以下の通りになります。

  • ガソリンがリッター9.4~12.5=約110000~160000円
  • ディーゼルがリッター13.3~14.2=約80000~90000円

もちろん、条件や地域差はあります。

(2)駐車場

ベンツSクラスは盗難が非常に多い車ですね。

人気車の宿命ですが、自宅に置く場合はセキュリティをしっかりしないといけません

ベンツを月極に預けるのは正直おすすめできません。

預けるなら防犯のしっかりしたところに預けるのが良いでしょう。

ちなみに月極の全国平均はおよそ100000円ほどかかります。

(3)車検

車検は一回で何事もなければ80000円くらいです。

もちろん受ける場所によって変動します。

しかし、Sクラスはかなりデリケートな作りになっているのと、部品代が物凄く高価なものが多いです

部品交換などで200万以上(ディーラー)かかった事例もありました

【絶対王者】ベンツSクラスの乗り心地や後部座席・内装!安全性能も最強⁉︎ まとめ

 

今日はメルセデス・ベンツの絶対王者Sクラスの魅力をお話しました。

  • メルセデス・ベンツは世界最高クラスの安全性。
  • 直列6気筒のスムーズな加速と低振動で疲れにくい。
  • 街乗りで余裕のある走行。
  • ゲストをもてなすリアシート

 

マイバッハやAMGなどのサブブランドは、価格が基本のSクラスより遥かに高価で豪華です。

ただ、やはりSクラスがメルセデス・ベンツの絶対王者の風格があります

一度ディーラーで試乗してみたいですね、夢が広がります。

メルセデス・ベンツ本当にカッコいいですね。

「※メルセデス・ベンツ好きに朗報です。

2020/4.メルセデス・ベンツSクラスの次世代が、高速テストを開始しました。

デビューは当初より遅れているみたいですが、来年初頭(予定?)と言われています」

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

本当に得する保険会社をチェックする↓
自動車保険ランキング