1時間以上の通勤で使う車ならこれ!おすすめ3選を紹介

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する

朝の通勤方法で多いのが、電車ではないでしょうか。

電車はとても便利な手段ですが

  • 満員電車に揺られ
  • 人混みの中をかき分けて改札口を出ていく

そんなスタイルを毎日繰り返すことになるので、快適とは言えません。

そして、なぜか電車の中で揺られていると通常と比べて強い睡魔に襲われることが多いかと思います。

えりか
そうそう。電車の中だと急に眠くなるのよね。

電車内で睡魔に襲われると、降りるはずの駅を通過して遅刻しまうなど、電車通勤は予測できないアクシデントもよくあります。

そこでおすすめする通勤方法がです。

車は自分だけの空間での中で移動することができますし、人混みを気にすることがありません。

しかし、車を買うと言ってもどのような所に着目すべきなのか難しいですよね。

今回は、1時間以上の距離を走る場合の車の選び方と、最適な車を3つご紹介させていただきます。

1時間以上の通勤ならハイブリッド車がおすすめ

長距離走行で使うのであれば、低燃費の車を選ぶのが使いやすいですし、家計にも優しいです。

車を持つようになり乗りだしていくと、懐をつついてくるのがガソリン代

そのため、燃費の良し悪しは車を選ぶことにおいて、とても重要な点になります。

この問題を解決するのに最適なのがハイブリッド車です。

ハイブリッド車とは、動力源にガソリンエンジンに加えて、電気で稼働するモーターバッテリーが搭載されている車のことです。

ガソリンだけで動くのではないので、一度満タンまで補充してからだとかなり長持ちします。

注意点としては、電気のバッテリーが積まれているので、これの交換が定期的に必要になることです。

5年が交換の目安になっており、車によりますが、費用は4万円ほどかかります。

通常の車より高くはなりますが、ガソリン代のことを加味すると、ハイブリッド車を選ぶのが長距離通勤では最善と言えます。

軽自動車だとデメリットも

「でもハイブリッドって高いし、軽自動車じゃだめなの?」

そう思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

一理ありますが、安くで抑えたいからと言って軽自動車を選択するのはおすすめしません。

10分や20分など短距離通勤であれば、あまり実感することはないかもしれませんが、1時間以上を毎日乗るとなると妥協してはいけない点もあります。

その点は以下の3つになります。

軽自動車では馬力不足

長距離を走った時に、馬力の差というのは如実に表れてきます。

1時間通勤となると、一般道ではなく高速道路で通勤する場合も考えられます。

コロナの影響もあり、会社が東京で住まいが山梨など、遠くに引っ越した方もおられるかと思います。

そのような場合、高速道路を利用するとなると、進みが悪くてストレスもたまり、快適な通勤ができなくなります。

軽自動車は車体が軽い

名前の通り、軽自動車は車体重量が軽くなっているので、風が強い時に煽られやすくなります

これも高速道路を利用する場合、気になってしまう点の一つでしょう。

軽自動車の車内は窮屈

コンパクトに作られているため、車内はとても狭くできています。

軽量のために内装も簡素です。運転座席も窮屈に感じるので疲れも出て、肝心な仕事のパフォーマンスが下がってしまいます。

軽自動車で長距離通勤は、たとてコストが良くてもパフォーマンスが悪いため、コスパの悪い選択だと言えます。

えりか
うーん、安いのにしようと思ったけど、ダメなのね。。。。

1時間通勤でおすすめの車3選

えりか
そうは言っても、どんな車がいいのか分からないわ。

環境問題改善策が進んでいることもあり、今では多くのハイブリッド車が開発されるようになりました。

今回はおすすめの車種を3つに絞って、ご紹介いたします。

トヨタ アクア

 

業界全体的に見ても燃費がかなり良く、ハイブリッド車の中では低価格の、税込み約200万円からの車種です。

コンパクトカーなので、見た目がスタイリッシュであり、運転や駐車に慣れていない方でもすぐに扱えます。

トヨタ プリウス

ハイブリッド車の先駆けとも言われるのがプリウスです。

低燃費はもちろんですが、E-Four(電気式4WDシステム)という走行性能にこだわった機能も搭載されています。

スムーズな乗り心地が実現でき、雪の多い地域でも変わることなくそうこうすることができる車種です

車内もゆったりと広々して、ストレスフリーで通勤できるでしょう。価格は税込みで約260万円からです。

日産 ノートe-POWER

日産の中でも燃費の良さはトップクラスで、電気自動車に分類されます。

駆動の源になるのはガソリンですが、この使用量を最小限に抑えられた状態で、電気モーターを動かしてくれるようになっています。

そのため、ガソリン代の節約にもぴったりと言える車種です。

独自で開発されたe-POWERが搭載されていることで、ガソリン特有の音もなく静かです。それに加えて、馬力もあり滑らかな走行を実現しているので、気持ちも楽に通勤することができるでしょう。

価格は税込み約200万円からです。

1時間以上の通勤で使う車ならこれ!おすすめ3選を紹介 まとめ

  • 1時間以上の通勤ではハイブリッド車がおすすめ
  • 軽自動車だと「馬力不足」「車体が軽い」「車内が窮屈」でコスパが悪い
  • おすすめの車は「アクア」「プリウス」「ノート e-POWER」

 

朝の通勤を快適なものにするのなら、車は一つの手段になります。

しかし、軽自動車のように馬力不足で車体が軽いと、高速道路を走る際の進みの悪さ、走りにくさが気になってストレスが溜まりますし、車内も狭くて窮屈なので、長距離走行の場合は疲れやすくなります。

そのため、1時間以上の通勤で最適なのは、車内が広めのハイブリッド車です。

動力源のガソリンエンジンと電気のモーターバッテリーが同時に搭載されている車のことで、負担が大きいガソリン代を抑えることができます

ハイブリッド車の種類も多いですが、人気が高いのはトヨタのアクアプリウス。日産のノートe-POWERです。

通勤方法に車を選ぶなら、運転のしやすさと社内の快適さは必須です。

正しく車を選び、今までと違った快適な通勤を手に入れましょう。

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

本当に得する保険会社をチェックする↓
自動車保険ランキング