日産ノートで車中泊!後部座席と荷室の使い方で乗り心地抜群?

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する

こんにちは、えりかです。

皆さん、車中泊ってしたことがありますか?

「ミニバンみたいな大きい車じゃないと、車中泊なんて出来ないんじゃないの?」なんて方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたに朗報です!

日産ノートは、後部座席と荷室を上手く使うと快適な車中泊ができちゃうんです!

そこで、今回は、私の大好きな車の一つでもある日産ノートで、車中泊を快適にする方法をここあちゃんに解説してもらおうと思います。

日産・ノートについて

Vehicle Stage

引用:日産公式HPより

えりか
じゃあ、ここあちゃんまず、ノートについてもう一回教えてくれる?
ここあちゃん
オッケー、じゃあ簡単に説明するね。

ノートは、日産自動車が製造するコンパクトカーのことで、2005年の1月に初代が販売され、2012年9月に現行モデルの2代目が登場。

老若男女幅広い世代から支持され続けている人気車だね。

さて、車の説明はこれくらいにしておいて、早速ノートで快適に車中泊をする方法を紹介するよ!

えりか
よーし、待ってましたー!

車中泊の極意!フラットスペースの作り方は?

ここあちゃん
快適に車中泊するためには、寝るスペースを確保することが絶対条件!

そのためにフラットスペースを作る必要があるんだ。

なので、まずはフラットスペースの作り方を、荷室と後部座席に分けて解説するね。

後部座席

ここあちゃん
最初は、後部座席について解説するよ。

えりか
どうせ後部座席なんて、シートを倒すだけでしょ?

ここあちゃん
後部座席をただ倒すだけだと、少し狭くてゆっくりと休むのは、難しいよ。

えりか
それじゃあ、やっぱりノートで車中泊は無理なの?

ここあちゃん
そんなことはないよ!

後部座席を広く使うためには、まず前列のシートを一番前まで出して、空いた足元のスペースに、コンテナボックスなんかを置くと、より広くフラットスペースを確保出来るんだよ!

えりか
そうなんだ、それならただシートを倒すだけより広いし、コンテナボックスの中に荷物も入れられて、一石二鳥だね!

荷室

ここあちゃん
次は、荷室についてだね。

えりか
荷室ってそのままじゃダメなの?

ここあちゃん
E11型の場合はそのままでいいんだけど、E12型は荷室と後部座席とで10センチくらいの段差が出来てしまうんだ。

えりか
10センチもの段差はおおきいね!

どうにかならないの?

ここあちゃん
そんな時は、ディーラーオプションのマルチラゲッジボード!

これがあれば、簡単に段差を消せて、下に10センチくらいの収納スペースまで作れちゃうんだよ!

えりか
凄い簡単だし、荷物も置けるなんて便利だね!

ここあちゃん
けど、マルチラゲッチボードは25,980円(2020年4月1日現在)とちょっと高いんだけどね。

えりか
それは、確かに高いね!

ここあちゃん
確かに高いけど凄く便利だからね。

それに、器用な人だと割と簡単に自作もできるし、何か箱を置けばその中に荷物も入れられるから、それでも良いかもね。

えりか
私には自作は難しいけど、箱くらいなら簡単に用意できるね。

日射し対策

真夏日の日差しと青空
ここあちゃん
フラットスペースが出来たら、次は日射し対策だね

えりか
せっかく寝てるのに、眩しくて起こされるなんて、嫌だからね。

ここあちゃん
それじゃあ、簡単にできる日射し対策を解説するね。

フロントウィンドウ用サンシェード

ここあちゃん
フロントウィンドウには、フロントウィンドウ用のサンシェードが売っているから、それが一番いいね。

えりか
よく自動車用品店とかに売っているのをよく見るよね!

ここあちゃん
そうだね。

他にも、各車専用の物もあるから、余裕があるならそっちでもいいかな。

サイドウィンドウとリアウィンドウ用サンシェード

ここあちゃん
次は、サイドとリアウィンドウだね。

えりか
こっちもよく、自動車用品店に、カーテンやサンシェードが売ってるよね。

ここあちゃん
カーテンやサンシェードもいいけど、私のおすすめは100均に売っているアルミシートだね。

これなら、日射しは遮れるし、保温効果もあるからね。

えりか
確かに、それなら安いし簡単に各窓の大きさに加工できるしよさそうだね。

車中泊で役立つもの

ここあちゃん
ここでは、車中泊で役立つものを紹介するよ。

マット

ここあちゃん
まず一番重要なのが、マットについてだね。

えりか
せっかく広くなっても、固いところに寝ると疲れちゃうからね。

ここあちゃん
僕のおすすめは、キャンプ用の枕付きのエアーマットだね。

やっぱり枕があると眠りやすいし、使わないときは小さく出来るから、場所も取らないし車中泊には最適だよ。

えりか
確かに、枕がないと寝づらいよね。

それに、エアーマットだと多少段差あっても気にならないから、いいね。

インバーター


ここあちゃん
インバーターはコンセントの使う場合に必要になるから、あると便利だね。

えりか
携帯電話やデジカメの充電なんかに役立ちそうだね。

ここあちゃん
インバーターにも用途によって色々あるから、大きいものだと掃除機やトースターなんかも使えるものもあるから、用途に合わせて選んでね。

寝具


ここあちゃん
寒い時なんかは、布団必要になることもあるね。

えりか
エンジンをつけてればいいんじゃないの?

ここあちゃん
それだと、エンジン音が周りの人の迷惑になる場合し、雪が多い地域だと、一酸化中毒の危険性もあるからなるべくならエンジンはとめたほうがいいね。

えりか
一酸化中毒は怖いし、周りの迷惑になるなら、しっかり寝具は持ったほうがいいよね。

日産ノートで車中泊!後部座席と荷室の使い方で乗り心地抜群 まとめ

 

最後に日産ノートでの車中泊についてまとめます。

  • ノートは日産自動車が製造する大人気のコンパクトカー
  • 快適に車中泊するためには、車内にフラットスペースを確保する必要がある
  • マルチラゲッチボードやコンテナボックスを利用して、フラットスペースを確保する
  • 車用サンシェードやアルミシートを使用して、日射し対策をする
  • マットやインバーターなどの使用して自分が快適に過ごせるよう工夫する

 

車中泊は、ホテルなどの予約が不要で気軽に旅行に行けることが利点ですが、駐車場所やごみの捨て方などルールを守って、楽しい旅行にしましょう。

それでは皆さん、良きカーライフを!

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

憧れの車を買うため、限界値引きの体験談を無料公開!

「車を買い換えよう!」

と思った時に、多くの人はディーラーや販売店に向かいますよね。
えりか
この時、あなたも「できるだけ安く買いたい!」と思いますよね?
私もそうでした。

ちょうどその頃、私も車の買い替えを検討していました。

ですが、私の妹が大切にしていた愛車がタダ同然で引き取られたのを聞いたり、私が以前買い替えた時、自分で中古車販売店を回っていたのがかなり疲れた経験があります。

そういった妹の失敗や自身の経験を教訓にして、
今回はできるだけお得に車を買い換える方法を徹底的に調べ、偶然友人から教えてもらったマル秘テクニックも実践した結果、非常に満足する買い替えができました。

えりか
販売員に言われるままに契約したら絶対に損します。

ほんの少しの工夫で、私は46万円もお得に買い替えられました。

ここまで見てくれたあなたにだけ、こっそり私のテクニックを公開しちゃいます!


私が実践したマル秘テクニックについてはこちらで詳しく紹介しております。

ディーラー下取りは損!?お得に車を買い換えるマル秘テクニックとは?

2020年2月13日


自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

→本当に得する保険会社をチェックする
自動車保険ランキング