えっ?トヨタ タンクの特別仕様車? 気になる特徴や装備も紹介!

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する
ここあちゃん
えりか~、トヨタからタンクの特別仕様車が出てるって知ってる?
えりか
What?

トヨタって車だけじゃなくて、水槽も出してるの?

ここあちゃん
違うよえりか! 車の話!!

確かにタンクの名前の由来は、物をたくさん積み込めるような空間をイメージしてついた名前なんだけど…

っていうかなぜ英語でとらえた…?

えりか
ごめ~ん。今英会話にはまってて(笑)

それで、何だっけ?

あ、特別仕様車が出てるって話か! 詳しく知りたいな。

ここあちゃん
そう来なくっちゃ!

今日はタンクの特別仕様車について紹介するね。

タンクってどんな車?

引用:トヨタ公式HPより

タンクとは2016年にトヨタから発売された、小型乗用車です。

実はダイハツから発売されている「トール」をベースとしています。

これがOEM供給され、トヨタからタント、またデザイン違いのルーミーが同時発売されました。

また、トールはスバルにもOEM供給していて、スバルからは「ジャスティ」として発売されています。

これらはすべて基本的な性能はそのままで、

各社のカラーをエクステリアやインテリアに取り入れて発売しています。

ここあちゃん
ちなみにOEMとは、

オリジナル・イクイプメント・マニュファクチャリングという意味で、

製造メーカーが他社の製品の製造をすることを言うんだ。

そんなユニークな生い立ちのタンクから、

特別仕様車である「G”Cozy Edition”」が2018年に発売されました。

今回は特別仕様車である「G”Cozy Edition”」について紹介します。

特別仕様車 G”Cozy Edition”のインテリアは?

引用:トヨタ公式HPより

タンクの特別仕様車には、運転席と助手席にシートヒーターがついています。(comfort package)

女性には嬉しい機能ですし、寒い日でも安心ですね。

引用:トヨタ公式HPより

シートは撥水機能付きのファブリックで作られています。

お子さんが飲み物をこぼしてしまっても、サッと吹くことができるので簡単です。

また、助手席の背面にシートポケットがついているので、

小物や本を収納できるようになっています。

買い物フック、ドリンクホルダーが2つついたシートバックテーブル

運転席と助手席の背面に装備されているので、ランチも楽しめますし、

車内でも快適に過ごせます。(comfort package)

その他にも

  • センタークラスターパネル
  • オートエアコン
  • メッキレジスターノブ
  • ドアアームレスト
  • メッキフロントインサイドドアハンドル

これらが、ベース車Gと比較するとパネルの色や塗装の部分で違います。

特別仕様車 G”Cozy Edition”のエクステリアは?

引用:トヨタ公式HPより

エクステリアの違いは、メッキバックドアガーニッシュです

ベース車Gはボディカラーはと同じ色ですが特別仕様車はメッキが施されています。

特別仕様車 G”Cozy Edition”の特別装備は?

 

G”Cozy Edition”には特別装備としてバックカメラ、ステアリングスイッチ(オーディオ操作)、コーナーセンサーがついています。

しかし、ナビ本体は含まれていないので、別途オプションとして装着する必要があります。

ステアリングスイッチ(オーディオ操作)はナビゲーションシステムを装着したときに、操作が可能になるみたいです。

特別仕様車 G”Cozy Edition”の標準装備は?

 

G”Cozy Edition”には標準装備として、安全機能がとても充実しています。

先進安全機能
  • サポカーS<ワイド>
  • 衝突回避支援システム
  • 衝突警報機能
  • 衝突回避支援ブレーキ機能
  • 誤発進抑制制御機能
  • 車線逸脱警報機能
  • オートハイビーム
  • 先行車発進お知らせ機能

タンクの主要装備を比較

装備名称特別仕様車
G”Cozy Edition”
ベース車 G
価 格2wd1,762,200円1,716,000円
4wd1,938,200円,892,000円
外 装メッキバックドア
ガーニッシュ
     〇      ー
内 装シート表皮
(ファブリック)
特別装備カスタム専用
(撥水機能付)
標準装備
メッキフロント
インサイドドアハンドル
     〇     ー
メッキレジスターノブ     〇     ー
センタークラスター
パネル
特別装備
ピアノブラック塗装
(シルバー加飾付)
標準装備
ピアノブラック調
ドアアームレスト特別装備
ブラック
(シルバー加飾)
ブラウン
助手席
シートバックポケット
     〇     ー
オートエアコン
(プッシュ式)
特別装備
ピアノブラックパネル
標準装備
シルバーパネル
フロアマット販売店装着オプション
特別仕様車用
販売店装着オプション

メーカーパッケージオプション

装備名称特別仕様車
G”Cozy Edition”
ベース車 G
ナビレディパッケージバックカメラメーカー
パッケージオプション
29,700円(27,000円)
ステアリングスイッチ

[オーディオ操作]

コンフォートパッケージ運転席・助手席
シートヒーター
メーカー
パッケージオプション
23,100円(21,000円)
シートバックテーブル

[買い物フック・

ドリンクホルダー2個付]

(運転席・助手席)

えっ?トヨタ タンクの特別仕様車? 気になる特徴や装備も紹介!まとめ

 

  • ユニークな生い立ちのタンクの特別仕様車であるG”Cozy Edition”
  • インテリアが充実
  • メッキバックドアガーニッシュのエクステリア
  • バックカメラ、ステアリングスイッチ、コーナーセンサーが特別装備
  • 標準装備は安全機能が充実

 

今回はタンクの特別仕様車であるG”Cozy Edition”を紹介し、ベース車Gと装備や価格などの比較もしてみました。

価格差は46,200円なので、特別仕様車であるG”Cozy Edition”のほうがオトクかもしれないですね。

リセールまで考えるとやはり、特別仕様車であるG”Cozy Edition”のほうが高く売れると思いますよ♪

えりか
G”Cozy Edition”のお得感がすごい!

私もこっちをおススメしま~す!

ここあちゃん
おススメしてくれてありがとう、えりか!

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

本当に得する保険会社をチェックする↓
自動車保険ランキング