トヨタ新型SUV RAV4で車中泊キャンプはできるのか?

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する
えりか
ねえ、ここあちゃん?

トヨタのRAV4って車中泊に適していると思う?

ここあちゃん
うん、全然大丈夫だと思うよ!

それにしてもいきなりRAV4だなんて、何かあったのえりか?

えりか
そっかそっか、よかった〜!

いや実はね、今度の週末モコとRAV4をレンタルしてキャンプしようかと思ってるんだ。

ここあちゃん
そうだったんだー!

それなら、RAV4について少し知っておいた方がいいんじゃない?

えりか
それもそうだね、ここあちゃん手伝って〜!(汗)
ここあちゃん
おっけい!

じゃあとりあえずRAV4が車中泊に適してるか見る前に基本情報をみていこう!

RAV4ってどんな車・・・?

引用:トヨタ公式HP

トヨタの新型SUVとして打ち出されたRAV4は、全体的にバランスの取れた性能の車です。

もちろん室内スペースの広さや収納の多さなどSUVとしての魅力もあります。

以下はRAV4の基本スペックです。

RAV4の基本スペック(引用:トヨタ公式HP)
ガソリン ハイブリッド
価格 2,656,500(円) 3,261,500(円)
乗車定員 5名 5名
燃費 15.8km/ℓ 21.4km/ℓ
エンジン 2.0ℓ 2.5ℓ+モーター

また、RAV4の大まかな特徴を以下に整理しました。

特徴① 力強く迫力あるエクステリアデザイン

引用:トヨタ公式HP

エクステリアのフロントデザインは、大きく二種類用意されています。

1つは、オフロードを意識した「Adventure」デザインです。

迫力あるスポーティな見た目なので、アウトドア派の方に特におすすめです。

もう一つは、街で乗ることを意識した「G・Xグレード」デザインです。

個々人の用途に合わせてエクステリアデザインを選ぶことができるという魅力があります。

特徴② 充実した収納スペース

引用:トヨタ公式HP

RAV4のもう一つの大きな魅力は、充実した広い収納スペースだと言えます。

その広さは、ミディアムSUVクラスの中でトップレベルです。

リヤシートを使用した状態でもラゲージの奥行きは1,015mm、ラゲッジ容量は580ℓもあります。

ゴルフバッグ程度の大きさの荷物であれば4個ほどラクラク積むことができます。

特徴③ 充実した室内ユーティリティ

引用:トヨタ公式HP

上記でご紹介したラゲージ以外にも、室内にはちょっとした荷物を置くためのスペースがあります。

使いやすさが追求された収納スペースは大きく12種類あります。

12種類の収納スペース
  1. 助手席オープントレイ
  2. グローブボックス
  3. センターオープントレイ
  4. フロントカップホルダー
  5. センターコンソールボックス
  6. 運転席オープントレイ
  7. カードホルダー
  8. フロントドアポケット
  9. リヤドアポケット
  10. 助手席シートバックポケット
  11. リヤカップホルダー
  12. デッキサイドポケット
えりか
RAV4って、外面も内面も充実してるんだね!

広さもあるし、車中泊キャンプにすごく適してそうだね!

ここあちゃん

そうだね、じゃあ次はいよいよ車中泊ができるかどうかをみていこう!

RAV4で車中泊ってできるの・・・?

 

RAV4はアウトドア向きという印象が強いですが、

結論から申し上げると車中泊にもかなり適している車種だと言えます。

みんなが快適に過ごせる室内設計

引用:トヨタ公式HP

シートに使われている材質や座面形状が優れているという点もですが、

座席周りを中心としてスペースが十分に確保されている点からも車中泊に適しています。

後席においてゆったりとした前後席間の距離をキープすることで膝周りにゆとりが生まれます。

また、フロントシート下の足入れスペースが大きいのでゆったりと足を伸ばすことができます

シートアレンジをすればさらに広い室内スペースを確保できるので、

成人でも数人であればかなり快適に車中泊をすることができます。

RAV4での車中泊におすすめのグッズは・・・?

 

シートアレンジをしてフルフラットにしても、

やはり車中泊する際には小さな段差その他細々したことが気になってしまいますよね。

そこで、以下ではRAV4でより快適な車中泊キャンプをするためのおすすめグッズをご紹介します。

① 社外品のベッドキット

フルフラットにした上で段差が気になる場合やより快適な車中泊を楽しみたい方には、

Levolvaの50系RAV4専用ラゲッジルームカバー/ラゲッジマットがおすすめです。


こちらを使うことによって、ほぼ完全なフラット状態にすることができます。

価格も1万円前後でありお手頃なので、快適な睡眠を確保したい方はぜひ購入してみてください。

②セミダブルのマットレス

RAV4での車中泊には、セミダブルサイズのマットレスもおすすめです。

SUV車であるRAV4に、一般的なセミダブルサイズのマットレスはかなりフィットします。

少し硬めのベッドキットでは寝心地が・・・という方には普通のマットレスでも代用できます。

トヨタ新型SUV RAV4で車中泊キャンプができるのかまとめ

 

  • 充実した室内スペースで快適な車中泊を確保。
  • アウトドアに適した豊富な収納スペース
  • シートアレンジしだいではかなりスペースが広がる
  • 社外品のベッドキットや市販のセミダブルマットレスでより快適な車中泊へ。
えりか
RAV4がこんなに車中泊にぴったりなんてびっくり!!

今度の週末が楽しみだわ♪

ここあちゃん
ふふ、そうだね♪

しっかり楽しんできてね!

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

憧れの車を買うため、限界値引きの体験談を無料公開!

「車を買い換えよう!」

と思った時に、多くの人はディーラーや販売店に向かいますよね。
えりか
この時、あなたも「できるだけ安く買いたい!」と思いますよね?
私もそうでした。

ちょうどその頃、私も車の買い替えを検討していました。

ですが、私の妹が大切にしていた愛車がタダ同然で引き取られたのを聞いたり、私が以前買い替えた時、自分で中古車販売店を回っていたのがかなり疲れた経験があります。

そういった妹の失敗や自身の経験を教訓にして、
今回はできるだけお得に車を買い換える方法を徹底的に調べ、偶然友人から教えてもらったマル秘テクニックも実践した結果、非常に満足する買い替えができました。

えりか
販売員に言われるままに契約したら絶対に損します。

ほんの少しの工夫で、私は46万円もお得に買い替えられました。

ここまで見てくれたあなたにだけ、こっそり私のテクニックを公開しちゃいます!


私が実践したマル秘テクニックについてはこちらで詳しく紹介しております。

ディーラー下取りは損!?お得に車を買い換えるマル秘テクニックとは?

2020年2月13日


自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

→本当に得する保険会社をチェックする
自動車保険ランキング