スペーシアは自転車もラクラク積載できる?トランポに最適?

車を買い換える時に、そのまま愛車を下取りに出すと100%カモられます。

私がお得に買い替えた一括査定を知らない人は一生損しつづけますよ。
えりか
私も早くこの方法で買い替えていたらなぁ、と思いました。

一括査定はスマホでたった45秒でできますし、何より無料で査定してもらえるんですよ!

しかも複数の買取業車が勝手に競ってくれるので、あれよあれよと買取額が吊り上がり・・・結果的には何の交渉もしなくても最高額で売ることができました(笑)

ディーラー下取りより18万お得に買い替えられましたよ。
あなたも私と同じようにお得に買い替えてみませんか?私が利用したサイトはこちらになります。

《車買取》無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪

えりか
ここあちゃん、私が車に詳しいからって、友達からスズキのスペーシアに自転車やバイクが積めるのか質問されたんだけど、教えてくれる?

ここあちゃん
えりかってば人任せなんだから。

仕方ないなぁ、スペーシアに自転車が積めるか?トランポとして使えるか?だね、じゃあ検証していこう‼

えりか
・・・トランポって何?

ここあちゃん
OK!!じゃあ、そこから説明していくね。

トランポって何?

ここあちゃん
トランポはトランスポーターの別称の事でバイクを乗せて走る事が出来る車のことをいうんだよ。

1BOXタイプの車などが使われることが多いが、バイクが積めればどんな小さい車でもトランスポーター(トランポ)と呼べる。

スペーシアという車

引用:スズキHPより

スペーシアは実質的『パレット』の後継車。

大きな進歩があったことから車名を変えることを踏み切った、スズキが生産・販売する軽トールワゴン※1です。

※1軽トールワゴン=軽自動車のミニバン

ここあちゃん
スペーシアの魅力を紹介するね。

えりか
うん!!よろしく!!

ワクワクの外装とデザイン

引用:スズキ公式HPより

えりか
シンプルなデザインで飽きがこなそうだね。

ここあちゃん
一目見ただけで広さを感じるスクエアデザインでスーツケースをモチーフにしているんだよ。

引用:スズキ公式HPより

えりか
わぁ、こんなにたくさんの色があるんだ!!

ここあちゃん
13種類のカラーバリエーションがあるんだよ。

軽とは思えない快適な室内環境

ここあちゃん
夏に後ろの席まで涼しくしようとすると前の席が寒くなったり、車内の温度差を感じたことない?

えりか
あるある‼あれ困るんだよね。

ここあちゃん
スペーシアは空気を循環させて室内全体を適温に保ってくれるし、エアコンの風が直接当たらない工夫もされているんだよ。

さらに、UV&IRカットガラスで日差し対策もばっちりなんだよ。

えりか
こんなに快適な軽って今までなかったかも。

自転車もラクラク積める

引用:スズキ公式HPより

ここあちゃん
スペーシアは毎日の積み降ろしのしやすさを考えた低めの床設計大きな開口部には自転車の積み降ろしをサポートするガイドも設置されていているから、27インチの自転車もラクに乗せることが出来るんだよ。

引用:スズキ公式HPより

えりか
女性でもラクに積めそうだね。

スペーシアにSUV※1搭載のスペーシアギア

※1:SUV=スポーツ・ユーティリティー・ビークル(Sport Utility Vehicle)の略で「スポーツ用多目的車」と訳される。

引用:スズキ公式HPより

ここあちゃん
スペーシアよりも車高が高くてよりアウトドア向けのSUV機能が搭載されたスペーシアギアっていう車もあるんだよ。

えりか
わぁ、おしゃれなデザインが遊び心をくすぐられるね。

ここあちゃん
遊び心と機能性が融合したスタイリングになっているんだよ。

ありそうでなかった一台だね。

スペーシアはトランポになるの?

ここあちゃん
さぁ、スペーシアについて分かった所でスペーシアはトランポになるか検証してみよう‼

スペーシアの大きさ
  • 全長:3,395mm
  • 全幅:1,475mm
  • 全高:1,785㎜

スペーシアギアの大きさ
  • 全長:3,395㎜
  • 全幅:1,475㎜
  • 全高:1,800㎜

ここあちゃん
一般的なバイクのサイズは大体

  • 全長1,570㎜~2,000㎜
  • 全幅600㎜~800㎜
  • 全高1,000㎜~2,000㎜

程度だから十分積める計算になるね。

えりか
そうだね!!でも積む前にきちんと大きさを確認するのは大事だね。

注意しておきたいこと

ここあちゃん
スペーシアをトランポとして使うときに、注意してほしいことがあるんだ。

注意点
  • 軽乗用車の最大積載量は350㎏と法律で決められている
  • タイダウンベルトなどで必ず固定する

ここあちゃん
バイクの他に乗せ降ろしする為のラダレールなどの機材も必要になると思うから過積載にならないように気を付けてね。

ここあちゃん
スペーシアは自転車の積載を想定した造りになっているから、固定用のアンカーフックが設置されているんだ。だからタイダウンベルトなど固定するものを用意するようにしてね。


スペーシアは自転車もラクラク積載できる?トランポに最適?まとめ

 

  • トランポはトランスポーターの別称の事でバイクを乗せて走る事が出来る車のことをいう
  • スペーシアはスズキが生産・販売する軽トールワゴンである
  • スペーシアは一目見ただけで広さを感じるスクエアデザインでスーツケースをモチーフにしたデザイン
  • 13種類のカラーバリエーションがある
  • 低床設計と大きな開口部で自転車の積み降ろしをサポート
  • よりアウトドア向けの機能が搭載されたスペーシアギアがある
  • スペーシアの大きさは全長:3,395mm・全幅:1,475mm・全高:1,785㎜
  • スペーシアギアの大きさは全長:3,395㎜・全幅:1,475㎜・全高:1,800㎜
  • トランポとして使用する場合は最大積載量350㎏を超えないようにする
  • タイダウンベルトなどできちんと固定する

ここあちゃん
えりか、答えになったかな?

えりか
いつもありがとう!!

今から友達に伝えてくるね。

ここあちゃん
いってらっしゃい♪

「車を買い換えよう!」

と思った時に、多くの人はディーラーや販売店に向かいますよね。
えりか
この時、あなたも「できるだけ安く買いたい!」と思いますよね?
私もそうでした。

ちょうどその頃、私も車の買い替えを検討していました。

ですが、私の妹が大切にしていた愛車がタダ同然で引き取られたのを聞いたり、私が以前買い替えた時、自分で中古車販売店を回っていたのがかなり疲れた経験があります。

そういった妹の失敗や自身の経験を教訓にして、今回はできるだけお得に車を買い換える方法を徹底的に調べ、偶然友人から教えてもらったマル秘テクニックも実践した結果、非常に満足する買い替えができました。

えりか
販売員に言われるままに契約したら絶対に損します。

ほんの少しの工夫で、私は18万円もお得に買い替えられました。

ここまで見てくれたあなたにだけ、こっそり私のテクニックを公開しちゃいます!


私が実践したマル秘テクニックについてはこちらで詳しく紹介しております。

ディーラー下取りは損!?お得に車を買い換えるマル秘テクニックとは?

2020年2月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です