まもなく新型ムーヴ誕生!2020年フルモデルチェンジ徹底予想!

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する
えりか
ここあちゃん、大変!
ここあちゃん
どうしたの、えりか?

そんなに興奮して。

えりか
ダイハツムーヴがいよいよフルモデルチェンジするんだって!!

車に詳しい先輩が言ってたのよ。

ここあちゃん
そうそう、2020年の夏頃には新型ムーヴの誕生が予想されているみたいだね♪
えりか
ムーヴの新型ってどんなのだろう!
ここあちゃん
さっそく、ムーヴのフルモデルチェンジ、一緒に予想してみよう!!
えりか
いいね~!

わくわくしちゃう♪

ここあちゃん
まずは、ムーヴがこれまでたどってきた進化を見てみよう。

ムーヴ これまでの進化

 

  • 1995年、ムーヴ誕生
  • 1997年、スポーティな”ムーヴカスタム”登場
  • 2002年、3代目ムーヴ新装備で登場
  • 2006年、ホイールベース(タイヤの前輪から後輪までの幅)を長くして、室内空間のゆとりを実現、ワンモーションフォルムという段差のないフロントデザインへ
  • 2010年、5代目ムーヴ、35kgの軽量化
  • 2014年、6代目、フルモデルチェンジ
ここあちゃん
これまでムーヴは、5回にわたってモデルチェンジを繰り返してきたんだよ。
えりか
へぇ~、ずいぶん長い歴史があるのね。

そういえば、初期のムーヴは角張ったデザインだったけれど、丸みのあるデザインに変わってきたわよね。

ここあちゃん
そう!

デザインもさることながら室内空間の広さや、エンジン性能、安全装備も少しずつ進化してきたんだよ。

えりか
7代目はどんな進化が期待できるのかなぁ?
ここあちゃん
そうだね。

ムーヴのフルモデルチェンジをするにあたって、これまでのムーヴの弱みを解消したものになると思われるんだよ。

えりか
ムーヴの弱みって?

ライバルに押され気味のムーヴ

ここあちゃん
1995年にムーヴが登場した時は、人気モデルとして勢いがあったんだよ。

その後、スズキワゴンRというライバル対決のみならず、ダイハツタントを始めとしたスーパーハイトワゴンの人気に押され気味になってしまったんだ。

えりか
スーパーハイトワゴンって?
ここあちゃん
ムーヴやスズキのワゴンRはハイトワゴンと言うんだけれど、それより車高が高めのタイプをスーパーハイトワゴンと言うんだよ。
えりか
ああ、確かにタントは背が高くて室内も広いから、自転車とかも積めるわよね。
ここあちゃん
そうそう、スーパーハイトワゴンは、車高がハイトワゴンタイプより80~100mm高くて、スライドドア。

値段も少し高めの設定なんだよ。

えりか
ふぅ~ん。

大きい荷物をたくさん積みたい人は、スーパーハイトワゴンを選ぶってことね。

でも私は、ムーヴくらいの車高の高さが無難だと思うけれど・・・。

ここあちゃん
そう!

そのえりかが言うまさに”無難”なところがムーヴの弱みになってしまったんだよ。

えりか
“無難”って…悪くないけれど、良くもないってことか・・・。
ここあちゃん
そうなんだよ。

もちろん”無難”路線を選ぶ人もいるけれど、多くの人は、”無難”なムーヴより、キラッと光る特色のあるスーパーハイトワゴンへ流れてしまったというわけ!!

えりか
なるほど~。

世間は厳しいわね・・・。

ここあちゃん
そこで、新型ムーヴはその弱みを解消して生まれ変わるのか、というところが見どころなんだよ。

新型ムーヴ予想

ここあちゃん
ダイハツはDNGA(ダイハツ ニュー グローバル アーキテクチャー)という新しい車作りをコンセプトとして、開発を進めているんだよ。

これをいち早く取り入れて開発されたのがダイハツタント。

だから新型ムーヴにもタントに採用した特徴を組み込むだろうという予想が立つんだよ。

えりか
DNGAって具体的にどんなコンセプトなの?
ここあちゃん
高性能の車を低コストで開発し、小型車と軽自動車を同じベースで作ること。

そして先進安全装備の採用だよ。

その点を3つの点からみてみよう!

  1. 新型エンジン  :“マルチスパーク”と言われる新型エンジンの搭載と、“D-CVT”(無段変速ギア)との組み合わせで、従来のエンジンよりパワーが上がり、燃費もよくなります。
  2. 新型プラットホーム :車の基礎となる部分が新しくなり、車高は低く、ホイールベース(タイヤの前輪と後輪の距離)が広くなることで室内空間を広くします。車体の軽量化と高剛性化つまり、カーブや急ブレーキで車体にかかる圧力に対しての安定性を高めます。
  3. 安全装備 :次世代型”スマートアシスト”という、予防安全装備が付きます。
ここあちゃん
その安全機能に含まれるのがこれだよ。
次世代型スマートアシスト
  • 衝突警報機能
  • 衝突回避支援ブレーキ
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報
  • オートハイビーム
  • 先行車の発信お知らせ
ここあちゃん
以上の機能がさらにパワーアップして標準装備になると予想できるんだよ。

そしてさらにオプションで、緊急時にボタンを押すと専門オペレーターにつながるコネクト機能も加わるとか。

えりか
わ~お!

安全機能がとっても充実してる!

ここあちゃん
本当だね!

高齢者の事故防止の為、今や政府も自動ブレーキをなどの安全機能を搭載した車作りを推進している時代だから、安全性は車にとって大切な要素だよね。

えりか
そうよね~。

安心して乗れるのが一番!!

ところで、新型ムーヴの色やマスクはどんな感じなんだろう?

ここあちゃん
そこ、気になるよね!

色展開はそれぞれのグレードに1,2色新色が加わるかもしれないね。

マスクは、キリッとしたシャープなマスクへの変身が予想されているんだよ。

まもなく新型ムーヴ誕生!2020年フルモデルチェンジ徹底予想!まとめ

ここあちゃん
ここまでで、ムーヴの弱みをどのように解消し、新型ムーヴに生まれ変わるのか予想できたね。
  • 新形エンジン搭載で、より効率の良いエンジン回転、燃費の向上。
  • 新形プラットフォーム採用で、軽量化、車体の安定性。
  • 次世代”スマートアシスト”搭載で、安全機能の充実。
ここあちゃん
新形ムーヴは走りも、エンジン効率も、安全性も更にアップして、ムーヴのこれまでの”無難”の壁を打ち破ること間違いなしだね!
えりか
新しいデザインと色にも期待できるわね!!

新形ムーヴの登場、ますます待ち遠しくなってきた!!

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

本当に得する保険会社をチェックする↓
自動車保険ランキング