ミラトコットをグレード別に徹底比較!!分かった事とは!?

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する

えりか
ここあちゃん!

友達が、ミラトコットを買うらしいの!

ここあちゃん
そうなんだ~。

ミラトコットは、コンパクトで、小回りも利くから乗りやすいもんね。

えりか
でも、どのグレードを買うか迷ってるみたい…。

実際どれがいいんだろう?

ここあちゃん
グレードによって装備されている機能が違うからね。

よし!

比較してみようか!

えりか
うん!

ミラトコットはどんな車?

引用:ダイハツ公式HPより

ミラトコットは、ダイハツから販売されている車です。

ハッチバック型の軽自動車で、「トコット(TOCOT)」と呼ばれる事もあります。

TOCOTの由来

自分らしさの表現:To Character

安心安全、運転しやすさ:To Comfortableness

使いやすさ:To Convenience

この3つのワードの頭文字からつくられました。

ここあちゃん
シンプルなスタイルで、おしゃれだね。

ミラトコットのグレード

G“SA Ⅲ”

引用:ダイハツ公式HPより

引用:ダイハツ公式HPより

G“リミテッド SA Ⅲ”

 

引用:ダイハツ公式HPより

引用:ダイハツ公式HPより

X “SA Ⅲ”

引用:ダイハツ公式HPより

引用:ダイハツ公式HPより

L “SA Ⅲ”

引用:ダイハツ公式HPより

引用:ダイハツ公式HPより

L

引用:ダイハツ公式HPより

引用:ダイハツ公式HPより

ここあちゃん
これが、ミラトコットのグレードだよ!

今回は、この5つのグレードを比較してみよう!

ミラトコット グレードを価格で比較!!

ここあちゃん
まずは、価格を表にしてみたよ!

表の上にいく程、上位グレードになっているよ!

2WD4WD
G“SA Ⅲ”132万円~    145万2000円~
G“リミテッド SA Ⅲ”125万4000円~138万6000円~
X “SA Ⅲ”124万3000円~137万5000円~
L “SA Ⅲ”116万500円~  129万2500円~
L109万4500円~122万6500円~

メーカー希望小売価格 (税込価格)

えりか
上位グレードになる程、価格があがっているね!

ここあちゃん
G“SA Ⅲ”」と「L」では約23万円の差があるよ。

ミラトコット グレードをカタログ燃費で比較!!

2WD4WD
G“SA Ⅲ”29.8㎞/L27.0㎞/L
G“リミテッド SA Ⅲ”29.8㎞/L27.0㎞/L
X “SA Ⅲ”29.8㎞/L27.0㎞/L
L “SA Ⅲ”29.8㎞/L27.0㎞/L
L29.8㎞/L27.0㎞/L

えりか
燃費は全グレード一緒なんだね!

ここあちゃん
そうだよ!

燃費で迷う事はないね!

でも2WDと4WDでは燃費は変わってくるよ。

ミラトコット グレードをボディカラーで比較!!

ここあちゃん
ボディカラーは全12種類あるよ。

でも、グレードによっては無いカラーもあるから、見てみよう。

セラミックグリーンメタリック

引用:ダイハツ公式HPより

すべてのグレードにあるカラーです。

サニーデイブルーメタリック

引用:ダイハツ公式HPより

すべてのグレードにあるカラーです。

パールホワイトⅢ

引用:ダイハツ公式HPより

すべてのグレードにあるカラーです。

ブラックマイカメタリック

引用:ダイハツ公式HPより

すべてのグレードにあるカラーです。

プラムブラウンクリスタルマイカ

引用:ダイハツ公式HPより

すべてのグレードにあるカラーです。

レモンスカッシュクリスタルメタリック

引用:ダイハツ公式HPより

すべてのグレードにあるカラーです。

ファイヤークォーツレッドメタリック

引用:ダイハツ公式HPより

すべてのグレードにあるカラーです。

ライトローズマイカメタリック

引用:ダイハツ公式HPより

すべてのグレードにあるカラーです。

ブライトシルバーメタリック

引用:ダイハツ公式HPより

すべてのグレードにあるカラーです。

セラミックグリーンメタリック+デザインフィルムトップ

引用:ダイハツ公式HPより

  • G“SA Ⅲ”
  • X “SA Ⅲ”

で、メーカーオプションで選択できるカラーです。

サニーデイブルーメタリック+デザインフィルムトップ

引用:ダイハツ公式HPより

  • G“SA Ⅲ”
  • X “SA Ⅲ”

で、メーカーオプションで選択できるカラーです。

パールホワイトⅢ+デザインフィルムトップ

引用:ダイハツ公式HPより

  • G“SA Ⅲ”
  • X “SA Ⅲ”

で、メーカーオプションで選択できるカラーです。

えりか
沢山カラーバリエーションがあるんだね!

デザインフィルムトップだけメーカーオプションなのか~!

迷っちゃうな~。

ミラトコット グレードをインテリアで比較!!

ここあちゃん
次はミラトコットの内装をグレードごとに比較してみよう!

単眼メーター(盤面発光)

文字も大きくて、見やすい単眼メーターです。

  • L SA Ⅲ”
  • L

引用:ダイハツ公式HPより

 

ホワイトメーターリング付

  • X“SA Ⅲ”

引用:ダイハツ公式HPより

メッキメーターリング付

  • G“SA Ⅲ”
  • G“リミテッドSA Ⅲ”

引用:ダイハツ公式HPより

インパネガーニッシュ

布目調ベージュ

  • L SA Ⅲ”
  • L

引用:ダイハツ公式HPより

セラミックホワイト

陶器のような質感になっています。

  • G“SA Ⅲ”
  • G“リミテッドSA Ⅲ”
  • X“SA Ⅲ”

引用:ダイハツ公式HPより

ステアリング

メッキオーナメント付

  • L SA Ⅲ”
  • L

引用:ダイハツ公式HP WEBカタログより

メッキオーナメント/シルバー加飾付

  • X“SA Ⅲ”
  • G“SA Ⅲ”
  • G“リミテッドSA Ⅲ”

引用:ダイハツ公式HP WEBカタログより

シート

ヘッドレスト一体型-フルファブリックシート表皮

  • L SA Ⅲ”
  • L

    引用:ダイハツ公式HP WEBカタログより

     

ヘッドレスト別型-フルファブリックシート表皮

  • X“SA Ⅲ”

引用:ダイハツ公式HP WEBカタログより

ヘッドレスト別型-フルファブリックシート表皮・バイビング付

  • G“SA Ⅲ”
  • G“リミテッドSA Ⅲ”

引用:ダイハツ公式HP WEBカタログより

 

センターコンソールトレイ(カップホルダー2個)

引用:ダイハツ公式HPより

小物や飲み物もすぐに取り出せて、収納に便利です。

全グレードに装備されています。

ここあちゃん

とりあえず、今紹介したものをまとめてみよう!

G“SA Ⅲ”
  • 単眼メーター(盤面発光メッキメーターリング付
  • インパネガーニッシュ(セラミックホワイト)
  • ステアリング(メッキオーナメント/シルバー加飾付)
  • シート(ヘッドレスト別型-フルファブリックシート表皮・バイビング付
  • センターコンソールトレイ(カップホルダー2個)
  • 14インチ2トーンカラードフルホイールキャップ(『TOCOT』アルファベットエンブレム付)
  • Bi-Angle LEDヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)
G“リミテッド SA Ⅲ”
  • 単眼メーター(盤面発光メッキメーターリング付
  • インパネガーニッシュ(セラミックホワイト)
  • センターコンソールトレイ(カップホルダー2個)
  • ステアリング(メッキオーナメント/シルバー加飾付)
  • シート(ヘッドレスト別型-フルファブリックシート表皮・バイビング付
X “SA Ⅲ”
  • 単眼メーター(盤面発光ホワイトメーターリング付
  • インパネガーニッシュ(セラミックホワイト)
  • ステアリング(メッキオーナメント/シルバー加飾付)
  • シート(ヘッドレスト別型-フルファブリックシート表皮
  • センターコンソールトレイ(カップホルダー2個)
L “SA Ⅲ”
  • 単眼メーター(盤面発光)
  • インパネガーニッシュ(布目調ベージュ)
  • ステアリング(メッキオーナメント付)
  • シート(ヘッドレスト一体型-フルファブリックシート表皮
  • センターコンソールトレイ(カップホルダー2個)
L
  • 単眼メーター(盤面発光)
  • インパネガーニッシュ(布目調ベージュ)
  • ステアリング(メッキオーナメント付)
  • シート(ヘッドレスト一体型-フルファブリックシート表皮
  • センターコンソールトレイ(カップホルダー2個)
えりか
上位グレードは装飾がインパネガーニッシュがセラミックだったり、メーターやハンドルにメッキ装飾があってカッコイイね!
ここあちゃん
シートもグレードが上がるとヘッドレスト別型になっていたり、バイビング付きになったりと差別化されているよ。

ミラトコット グレードを外装で比較!!

ホイール

14インチ2トーンカラードフルホイールキャップ(『TOCOT』アルファベットエンブレム付)

シルバーがベースのホイールです。

真ん中には、TOCOTのエンブレムが付いています。

  • G“SA Ⅲ”

 

引用:ダイハツ公式HPより

14インチ フルホイールキャップ(『TOCOT』アルファベットエンブレム付)

 

真ん中に、TOCOTのエンブレムが付いています。

引用:ダイハツ公式HPより

  • G“リミテッドSA Ⅲ”
  • X“SA Ⅲ”

14インチフルホイールキャップ

引用:ダイハツ公式HPより

  • L SA Ⅲ” 
  • L
Bi-Angle LEDヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)

引用:ダイハツ公式HPより

全グレードに装備されています。

ここあちゃん
他にも色々あるけど、主な外装の差別化ポイントはホイールだよ!

えりか
ホイールの、TOCOTのエンブレム可愛いね!

ここあちゃん
そうだね。

なかなか可愛いよね!

機能を比較してみたら分かった事とは!?

ここあちゃん
次は、機能を比較してみよう!

シートヒーター

引用:ダイハツ公式HPより

冬場の寒い時期でも、座面と背もたれから、身体を暖めてくれます

  • G“SA Ⅲ”
  • G“リミテッドSA Ⅲ”

に標準装備されています。

USB電源ソケット(2口)

引用:ダイハツ公式HPより

2口ついているので、2台のスマホなどを同時に充電できます。

  • G“SA Ⅲ” 
  • G“リミテッドSA Ⅲ”
  • X“SA Ⅲ”

に、標準装備されています。

スーパークリーンエアフィルター

引用:ダイハツ公式HPより

花粉や、PM2.5も集塵してくれるフィルターが装備されています。

  • G“SA Ⅲ”

に装備されています。

少し性能は落ちますが、クリーンエアフィルターは、

  • G“リミテッドSA Ⅲ”
  • X“SA Ⅲ”
  • L SA Ⅲ”
  • L

に装備されています。

オートエアコン(プッシュ式)

引用:ダイハツ公式HPより

使いやすい操作パネルで、便利です。

  • G“SA Ⅲ”
  • G“リミテッドSA Ⅲ” 

に装備されています。

スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)

引用:ダイハツ公式HPより

日焼けの原因となる、紫外線を約99%カットしてくれて、暑さの原因になる赤外線もカットしてくれるので、車内を快適に過ごせます。

  • G“SA Ⅲ”

に装備されています。

スイッチ式バックドアオープナー

引用:ダイハツ公式HPより

電気スイッチ式なので、開け閉めが楽々です。

  • G“SA Ⅲ” 
  • G“リミテッドSA Ⅲ” 
  • X“SA Ⅲ” 
  • L SA Ⅲ” 
  • L

に装備されています。

TFT マルチインフォメーションディスプレイ

引用:ダイハツ公式HPより

スピードメーターの右に、大きな液晶画面があり、燃費やメンテナンス時期を文字やイメージで表示してくれます。

燃費スコア、アイドリングストップ時間、ガソリン節約量、発電状態表示、平均燃費、航続可能距離、外気温、メンテナンス情報 などを表示してくれます。

  • G“SA Ⅲ”
  • G“リミテッドSA Ⅲ”
  • X“SA Ⅲ”

に装備されています。

マルチインフォメーションディスプレイ

アイドリングストップ時間、アイドリングストップ積算時間、平均燃費、航続可能距離、外気温、スマートアシスト故障/停止警告を液晶画面に、表示してくれます。

スマートアシスト故障/停止警告は、スマートアシストⅢ装着車の場合に、表示されます。

  • L SA Ⅲ” 
  • L

に装備されています。

ここあちゃん
他にもいろいろあるけど、大体の機能を比較してみたよ!

じゃあまとめてみよう!

G“SA Ⅲ”
  • シートヒーター
  • USB電源ソケット(2口)
  • スーパークリーンエアフィルター
  • オートエアコン(プッシュ式)
  • スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)
  • スイッチ式バックドアオープナー
  • TFT マルチインフォメーションディスプレイ
G“リミテッド SA Ⅲ”
  • シートヒーター
  • USB電源ソケット(2口)
  • センターコンソールトレイ(カップホルダー2個)
  • クリーンエアフィルター
  • オートエアコン(プッシュ式)
  • スイッチ式バックドアオープナー
  • TFT マルチインフォメーションディスプレイ
X “SA Ⅲ”
  • センターコンソールトレイ(カップホルダー2個)
  • USB電源ソケット(2口)
  • クリーンエアフィルター
  • スイッチ式バックドアオープナー
  • TFT マルチインフォメーションディスプレイ
L “SA Ⅲ”
  • クリーンエアフィルター
  • スイッチ式バックドアオープナー
  • マルチインフォメーションディスプレイ
L
  • クリーンエアフィルター
  • スイッチ式バックドアオープナー
  • マルチインフォメーションディスプレイ

えりか
G“SA Ⅲ”やG“リミテッド SA Ⅲ”が多く機能がついているんだね!

ここあちゃん
価格も高いもんね!

安全機能を比較してみたら分かった事とは!?

ここあちゃん
安全性能は車にかかせないものだからね!!

最後は安全性能を比較するよ!

スマートアシストⅢ

引用:ダイハツ公式HPより

安全運転を、最新テクノロジーで支援してくれます。

引用:ダイハツ公式HPより

車や歩行者と、衝突しそうになったら、などで知らせてくれます。

さらに危険だと判断したら、緊急ブレーキが作動します。

引用:ダイハツ公式HPより

車線をはみ出しそうになった時、などで知らせてくれます。

引用:ダイハツ公式HPより

間違えて発進したり、バックして、壁などにぶつかる事を防止します。

引用:ダイハツ公式HPより

前の車が発進したのに、気づかなくても、音などで知らせてくれます。

自動で、ハイビームやロービームを切り替えてくれます。

  • G“SA Ⅲ” 
  • G“リミテッドSA Ⅲ”
  • X“SA Ⅲ”
  • L SA Ⅲ” 

に装備されています。

SRSサイドエアバッグ(運転席/助手席)、SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)

引用:ダイハツ公式HPより

乗っている人をみんな守れるようになっています。

ついているエアバックはすべてで6つです。

  • G“SA Ⅲ”
  • G“リミテッドSA Ⅲ”
  • X“SA Ⅲ”
  • L SA Ⅲ”
  • L

に装備されています。 

コーナーセンサー

引用:ダイハツ公式HPより

障害物にぶつからないように、音などで知らせてくれます。

  • G“SA Ⅲ”
  • G“リミテッドSA Ⅲ”
  • X“SA Ⅲ”
  • L SA Ⅲ

に装備されています。

ここあちゃん
他にも色々あるけど、これが主な安全機能だよ!

じゃあ、まとめてみよう!

G“SA Ⅲ”
  • スマートアシストⅢ
  • SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグ
  • コーナーセンサー
G“リミテッド SA Ⅲ”
  • スマートアシストⅢ
  • SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグ
  • コーナーセンサー
X “SA Ⅲ”
  • スマートアシストⅢ
  • SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグ
  • コーナーセンサー
L “SA Ⅲ”
  • スマートアシストⅢ
  • SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグ
  • コーナーセンサー
L
  • SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグ

えりか
G“SA Ⅲ”G“リミテッド SA Ⅲ”X “SA Ⅲ”L “SA Ⅲ”はほぼ一緒だね。

ここあちゃん
そうだね。

特に、スマートアシストⅢは魅力的だね。

ミラトコットをグレード別に徹底比較してみると、分かった事とは!? まとめ

まとめ
  • ミラトコットとはダイハツが製造・販売しているハッチバック型の軽自動車
  • 価格は、G“SA Ⅲ”が1番最高値で、Lが1番最安値。
  • 燃費は、どのグレードも一緒。
  • ボディカラーは大体一緒だが、G“SA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”には、メーカーオプションのカラーがある。
  • インテリアの装備は、G“SA Ⅲ”が多い。
  • 機能面の装備は、G“SA Ⅲ”、G“リミテッドSA Ⅲ”が多い。
  • 安全性能の機能は、G“SA Ⅲ”、G“リミテッドSA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”、L“SA Ⅲ”が多い。

えりか
機能面で選ぶならG“SA Ⅲ”で、価格で選ぶならLだね。

ここあちゃん
自分が何を重視するかで決めるといいね。

えりか
そうだね!

さっそく友達に教えてあげよっと!

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

憧れの車を買うため、限界値引きの体験談を無料公開!

「車を買い換えよう!」

と思った時に、多くの人はディーラーや販売店に向かいますよね。
えりか
この時、あなたも「できるだけ安く買いたい!」と思いますよね?
私もそうでした。

ちょうどその頃、私も車の買い替えを検討していました。

ですが、私の妹が大切にしていた愛車がタダ同然で引き取られたのを聞いたり、私が以前買い替えた時、自分で中古車販売店を回っていたのがかなり疲れた経験があります。

そういった妹の失敗や自身の経験を教訓にして、
今回はできるだけお得に車を買い換える方法を徹底的に調べ、偶然友人から教えてもらったマル秘テクニックも実践した結果、非常に満足する買い替えができました。

えりか
販売員に言われるままに契約したら絶対に損します。

ほんの少しの工夫で、私は46万円もお得に買い替えられました。

ここまで見てくれたあなたにだけ、こっそり私のテクニックを公開しちゃいます!


私が実践したマル秘テクニックについてはこちらで詳しく紹介しております。

ディーラー下取りは損!?お得に車を買い換えるマル秘テクニックとは?

2020年2月13日


自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

→本当に得する保険会社をチェックする
自動車保険ランキング