自動車保険を節約するには?おすすめ人気ランキング2021

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する
えりか
ここあちゃん。

自動車の保険会社っていっぱいあって、どれが良いのかさっぱりだよ。

ここあちゃん
確かにたくさんあるよね。

評判がいいか悪いかだけじゃなく、自分にどの自動車保険が合っているかも重要だよ。

えりか
うーん、しっかり補償は欲しいけど、できるだけ安く済ませられると助かるなあ。
ここあちゃん
色々な会社を一度に比べられる一括見積もりをすると、自分に合った保険が見つけやすいよ!

ちなみに自動車保険には、自動車を持つと必ず加入しなくてはならない「自賠責保険」と、自分や他人の車や物に損害を与えたときに役立つ「任意保険」があるんだよ。

今回のランキングは「任意保険」についてだよ!

えりか
事故を起こしちゃったときに、自賠責保険だと車や物への損害賠償が十分じゃないんだね。
ここあちゃん
車所有者の8割程が、任意保険にも加入しているよ。

早速それぞれのランキングをみてみよう!

たくさんある自動車保険の中から、自分のスタイルに合うものを見つけるのはなかなか大変です。

今回は、

  1. 保険料満足度
  2. 事故対応
  3. ロードサービス
  4. 総合評価

の4つの視点から、ネット上の評価や加入者の口コミを調査して、ランキングにしてみました。

保険料の相場の違いや、お得な選び方などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【保険料満足度】ランキングTOP3

 

自動車保険料の全国平均は、年間約7万円だそうです。

保険料の安さ満足度が高いのはどの保険会社でしょうか?

第1位 SBI損保

引用:SBI損保より

保険料満足度部門で12年連続1位ということで、SBI損害保険といえば保険料の節約ができるというイメージが定着しているようです。

節約ポイントの例なども載せているので、ユーザーが検討時にとてもわかりやすくなっています。

保険名SBI損保の自動車保険
保険会社SBI損害保険株式会社
契約型ダイレクト
補償内容対人・対物賠償保険
被害者救済費用
人身傷害保険      など
付随可能な特約全損時諸費用保険金特約
対物差額修理費用補償特約
自宅・車庫等修理費用補償特約
車両無過失事故による特約
個人賠償責任危険補償特約
車内外身の回り品補償  など
24時間受付

【加入者の口コミ】

  • 補償と価格のバランスを考慮すると一番優れていると感じる
  • 継続契約により、保険料が年々低く抑えられることに魅力を感じる
  • 他社と一括見積もりで比べた時に、補償内容は一緒でも一番保険料が安かった

無料でSBI損保の見積もりをする

第2位 セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)

引用:大人の自動車保険公式HPより

SOMPOグループの損害保険会社「セゾン自動車火災保険」が販売する、40代・50代の方に人気のダイレクト型保険です。

新規でも継続でもネット割引10,000円や、事故受付&ロードアシスタンス24時間365日対応など顧客満足度も高いようです。

保険名おとなの自動車保険
保険会社セゾン自動車火災保険株式会社
契約型ダイレクト
補償内容対人・対物賠償保険
被害者救済費用
無保険車傷害
人身傷害保険      など
付随可能な特約対物全損時修理差額費用特約
ロードアシスタンス
弁護士費用特約
車両無過失事故による特約
個人賠償責任特約
車両身の回り品補償特約 など
24時間受付

【加入者の口コミ】

  • 丁寧な接客とスピーディーな対応に好感
  • 事故発生率が低い年齢層だと、基本的な保険料がリーズナブル
  • 自分のニーズに合った選択をしながらも保険料を抑えることができる

おとなの自動車保険の無料見積もりをする

第3位 ソニー損害保険

引用:ソニー損保公式HPより

割引制度がダントツで豊富にあり、分かりやすい保険料が掲示されています。

一番の特徴は、走行距離に応じた保険料体系を採用している点です。

保険料は走る分だけというように、年間走行距離が少ない人ほどお得に契約できる仕組みとなっています。

保険名ソニー損保の自動車保険
保険会社ソニー損害保険株式会社
契約型ダイレクト
補償内容対人・対物賠償保険
搭乗者障害
対物超過修理費用
人身傷害保険
事故時レンタカー費用  など
付随可能な特約弁護士費用特約
おりても特約
個人賠償特約
ファミリーバイク特約  など
24時間受付

【加入者の口コミ】

  • 以前使っていた自動車保険と比べても保険料が格段に安かった
  • 知識が乏しい自分でもいろいろなケースに対応することができる補償内容になった
  • 一括見積サイトを利用して数社から価格と補償内容を検討し、最もバランスのよさそうだった

ソニー損保の無料見積もりをする

【事故対応】ランキングTOP3

 

事故を起こしてしまった、または巻き込まれてしまった時には一刻も早い対応力が求められます。

事故対応ランキング上位の会社は、特にコールセンターでの受付の評価が高い保険会社が多いです。

第1位 AIG損保

外資系の代理店型自動車保険の一角として、日本市場でも一定の地位を築いているAIG損保。

事故対応の際の対応に関しては、非常に高い評価を得ています。

保険名AIG損害保険
保険会社AIG損害保険株式会社
契約型代理店
補償内容対人・対物賠償保険
搭乗者障害
人身傷害保険
車両保険  など
付随可能な特約弁護士費用特約
相手車全損時臨時費用特約
車両搬送費用特約
介護費用特約
地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約
携行品特約  など
24時間受付

【加入者の口コミ】

  • サービスが豊富ですごく充実した補償内容だと感じた
  • 対人・対物の補償が無制限になっていたり、様々な状況に応じて保険金が支払われる安心感がある
  • 自動車の補償なので対物なのにも関わらず、所有者のことまでも配慮したサービス内容が揃っている

AIG損保は代理店型の保険会社です。

Web上での見積もり、契約に対応していないので、資料請求後、販売代理店を通して契約を行う必要があります。

自己対応も万全な保険会社の無料見積もりをする

第2位 ソニー損害保険

事故対応時などの迅速で丁寧な対応が評判です。

商品やオペレーターの案内のわかりやすさなど、ユーザー目線のサービスが評価に繋がったようです。

【加入者の口コミ】

  • 事故発生時、現場にセコムの緊急帯署員が素早く駆けつけてくれた
  • 相手方の状況や交渉経過、中途報告など、こちらが気になる時間の経過を鑑みて連絡をもらえた
  • 加害者とのやりとりなど全て保険会社でして頂き、こちらでやることはほぼなく、担当者並びに保険会社さんに非常に感謝している

自己対応も万全な保険会社の無料見積もりをする

第3位 イーデザイン損害保険

引用:イーデザイン損保公式HPより

イーデザイン損害保険は、長く安全に運転してきた20等級のドライバーにも優しい無事故割引を設けています。

万が一もらい事故が起きてしまってもプロに納得するまで示談交渉を行ってもらうことができます。

保険名イーデザイン損害保険
保険会社東京海上ホールディングス株式会社
契約型ダイレクト
補償内容対人・対物賠償保険
搭乗者障害
人身傷害保険
無保険車事故傷害保険
弁護士費用等保険
車両保険  など
付随可能な特約入院時諸費用特約
対物超過修理費用
女性のお顔手術費用特約
車内身の回り品特約
事故時レンタカー費用特約  など
24時間受付

【加入者の口コミ】

  • 車両保険適用の際、修理会社とのやり取りや保険金の支払いも含め、スピーディーに随時進捗状況の連絡があり安心できた
  • 必要となる情報をしっかり提供する仕組みがあるようで、事故対応の担当の方の対応が満足できた
  • 事故対応のみならず、更新後の保険料の説明もありかゆいところに手が届いていた

自己対応も万全な保険会社の無料見積もりをする

【ロードサービス】ランキングTOP3

 

事故対応と同様、ロードサービスの満足度も、特にコールセンターでの受付の評価が高い保険会社がランクインしています。

第1位 ソニー損保

3度目の登場です!

ソニー損保はロードサービスが無料付帯です。

保険契約一件あたりの拠点数も多く、指定の修理工場なら距離無制限、ドライバー指定の工場は100Kmまで無料でレッカーしてくれるなど、サービスが充実しています。

【加入者の口コミ】

  • パンクしたタイヤの交換時に利用した際、オペレーターの対応が親切で、交換業者の手配も迅速に行なってもらった
  • 旅先や旅行先で事故を起こしても、ホテル代や電車代、バス代が人数分の宿出るので安心できる
  • 電話が非常につながりやすく、長時間待たされる会社がほとんどなので、安心したしありがたかった

ロードサービスに優れた保険会社の無料見積もりをする

第2位 損保ジャパン

すべての契約者にカーナビアプリを提供したり、安全運転診断などの結果によって保険料が割り引かれるといったシステムです。

ドラレコを用いた先進的なサービスの提供も特徴的です。

保険名損害保険ジャパン
保険会社損害保険ジャパン株式会社
契約型代理店
補償内容対人・対物賠償保険
人身傷害保険
車両保険  など
付随可能な特約対物全損時修理差額費用特約
無保険車傷害特約
人身傷害入院時諸費用特約
弁護士費用特約
代車等諸費用特約  など
24時間受付

【加入者の口コミ】

  • レッカー車が来るまでが速かったことに驚き、その後の対応もすぐ連絡が来たので助かった
  • 休日でも迅速な対応で、レンタカーの手配などもとても素早い
  • タクシー代やレンタカー代金も負担してくれて助かった

損保ジャパンは代理店型の保険会社です。

Web上での見積もり、契約に対応していないので、資料請求後、販売代理店を通して契約を行う必要があります。

ロードサービスに優れた保険会社の無料見積もりをする

第3位 東京海上日動火災保険

全国に236カ所の拠点、約1万名以上のスタッフを持つ業界大手の保険会社です。

ドラレコを活用した先進的なサービスや、初期対応のスムーズさなどでも高い評価となりました。

保険名東京海上日動火災保険
保険会社東京海上ホールディングス株式会社
契約型代理店
補償内容対人・対物賠償保険
搭乗者傷害特約
人身傷害保険
無保険車事故傷害特約
自損事故傷害特約
車両保険  など
付随可能な特約対物超過修理費用特約
入院時選べるアシスト特約
弁護士費用特約
レンタカー費用等補償特約  など
24時間受付

【加入者の口コミ】

  • 働いているスタッフの対応、サポート、支払い全てがさすが大手だなという感じ
  • タクシー代などが手当てされる「後から選べる」は非常に良かったです。
  • レッカーサービスとガソリン配達の待遇がよかった

東京海上日動火災保険は代理店型の保険会社です。

Web上での見積もり、契約に対応していないので、資料請求後、販売代理店を通して契約を行う必要があります。

ロードサービスに優れた保険会社の無料見積もりをする

【総合評価】ランキングTOP3

 

それでは、ランキングの最後に、総合評価の高かった保険会社をチェックしていきましょう。

第1位 ソニー損害保険

堂々の1位はソニー損保です。

万一の事故の際のサポートと迅速な対応、保険金のスピーディーな支払いなど、全てにおいてバランスよくカバーされていて、高い評価を得ていました。

安心感とお得感、両方満足度の高いクチコミが多かったです。

今から自動車保険を検討する人はもちろん、自動車保険の見直しを検討している人にもおすすめできる自動車保険の一つです。

ソニー損保の無料見積もりをする

第2位 セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)

第2位はおとなの自動車保険です。

SOMPOグループという強みを活かしたロードアシスタンスや、事故対応が充実していて、メインターゲットの40・50代からの支持が厚いです。

40代、50代のユーザーであれば、加入を最もおすすめできる自動車保険の一つです。

おとなの自動車保険の無料見積もりをする

第3位 イーデザイン損害保険

第3位はイーデザイン損保です。

東京海上グループの経験と実績を活かし、事故解決力の高さや、その他充実したサービスの提供で定評があります。

補償と保険料のバランスもよく。自動付帯の弁護士弁護士費用負担など、満足度が高いことが決め手のようです。

イーデザイン損保の無料見積もりをする

ランキングはお役に立ったでしょうか?

ご自身の重視するポイントによっても選び方は変わってきます。

また、保険料は個人の状況に応じて大きな差があります。

同じ補償でも、人によっては他社の方が安いなんてこともよくあります。

一括見積もりで各社比べると、お得な会社が簡単に見つかりおすすめです。

ここあちゃん
ランキングを見てみてどうだったかな?

えりかに合う自動車保険は見つかりそうかな?

えりか
ランキングはすごく参考になるよ!

けど、自分の保険料の相場がわからないから、まだどれにすればいいか決められないなあ。

ここあちゃん
じゃあ、保険料の算出の仕方についても確認してみよう!

見積もりが無料でできるサイトもあるから、要チェックだよ。

自動車保険を無料で一括見積もりをする

自動車保険料算出の仕組みは?

 

実際に自分の状況に当てはめた場合どのように保険料は変わるのでしょうか。

保険料の算出される仕組みを知っておきましょう。

ダイレクト型(通販型)と代理店型

自動車保険には、ダイレクト型(通販型)と代理店型があります。

ダイレクト型は、契約者が直接保険会社と契約して、代理店を挟まないので、中間コストがかかりません。

代理店型は、事故発生時に必要となる相手側との示談交渉において、経験豊富な代理店の担当者がサポートしてくれてとても心強いです。

双方メリットがありますが、保険料をオトクにしたいと考えるなら、ダイレクト型の保険会社を検討することをオススメします。

保険料算出の仕組み

まず前提条件として、自動車保険は事故を起こすリスクが高い人が保険料を多く支払う仕組みとなっています。

主に9つの要素から算出されます。

等級

等級とは、 ドライバーが安全運転を続けているかを示す指標のことで、等級が高くなるほど保険料の割引が受けられる仕組みとなります。

1級から20級まであり、20級が一番高い等級となります。

事故を起こさずに等級を上げていくことが、保険料を安くするためのポイントです。

 ②事故有係数適用期間

等級で保険料が決定する仕組みを、より忠実に再現するための要素です。

同等級でも、最近事故を起こしていた場合、リスクが高いと考えられて保険料が割高になります。

 ③車種・型式

車の型式ごとの事故実績にもとづき保険料が区分されています。

1~9の9段階に分かれていて、数値が大きいほど保険料は高くなります。

高級車やスポーツカーは盗難リスクが高く、さらに事故を起こした際の修理費が高額になる傾向がある為、高めに設定されています。

 ④運転免許証の色

免許を取得したてのグリーンは保険料が一番高く、ブルー、ゴールドになると保険料が割安になります。

 ⑤運転者の年齢

統計データにより、運転者の年齢が若い、または70歳以上のドライバーの保険料は高くなります。

 ⑥運転者の範囲

契約車を運転する人の範囲によって、保険料が変わります。

一般的には以下の4種類で、運転者の範囲が狭いほど保険料は割安となり、運転者限定なしの場合、保険料が高くなります。

  • 運転者本人限定
  • 運転者本人と配偶者限定
  • 運転者の家族限定
  • 運転者限定なし

 ⑦使用目的

契約自動車の使用目的も、保険料を決定する要素となります。

用途としては、

  • 業務使用
  • 通勤・通学使用
  • 日常・レジャー使用

などで分けられます。

車の使用頻度が多い業務使用での契約は保険料が高くなります。

 ⑧年間走行距離

走行距離が長ければ乗車時間が長くなり、事故に合う確率も高いので、保険料金も割高になります。

「保険料は走った分だけ!」なんてCMがもよく見かけますね。

⑨住んでいる都道府県

  • 気候
  • 事故率
  • 人口
  • 保険会社の戦略

など、その地方それぞれの相場が設けられていたりします。

保険料を抑えるポイントは?

 

  • 必要な補償(例:対人・対物賠償、搭乗者傷害など)は十分な金額に設定
  • 加入する人や車によっては必要のない補償(例:車両保険など)を減らす
  • 自分しか運転しないのであれば、「本人限定特約」をつけると安くなる
  • ダイレクト型の保険会社を選ぶ

なるべく節約したい方には、先ほどのダイレクト型をおすすめしましたが、理由は保険料だけではありません。

ダイレクト型はネットで簡単に、ご自身の状況に当てはめて一括見積もりができる点でもおすすめです。

ここあちゃん
次は一括見積もりについて紹介するよ。

ダイレクト型で無料一括見積もりをする

一括見積もりサイトで相場を比較しなければ絶対【損】をする?

 

一括見積もりとは、必要事項を一回入力するだけで、気になる自動車保険会社の見積もりをすべて取得することができるサービスです。

様々な保険会社から比較でき、自分の保険料の相場を知ることができるので、損することも回避できます。

本来、各会社の見積もりを取るのは手間がかかるので、比較したいけど時間がない忙しい方にもおすすめです。

一括見積もりのなかで気に入った保険会社があればそのまま登録でき、さらに時間短縮することができます。

時間をかけず、自分にピッタリ&最安値の保険を見つけられる頼もしいサービスですね。

無料でできる見積もりのメリット

  1. 無料でできる
  2. 早くて3分で完了
  3. 大手保険会社も見積もりできる
  4. 見積もり結果がすぐわかる
  5. スマホからでも見積もりできる
  6. 独自の特典やキャンペーンを行ったりしていてお得

無料でできる見積もりのデメリット

  1. 長期契約の場合は一括見積もりができない
  2. 細かな条件が反映されていないことがある
  3. 数が多すぎて迷いやすい
  4. 比較サイトによって登録されている保険会社が違う

デメリットも理解した上で、うまく一括見積もりサイトを使いましょう。

ここあちゃん
お得に選ぶには、比較が大事だね。
えりか
色々な会社の資料を取り寄せるのは面倒だけど、これならできるかも!

自動車保険を無料で一括見積もりをする

自動車保険を節約するには?おすすめ人気ランキング2021 まとめ

 

  • 保険料を抑えるには自分の保険料の相場を知って、自分に合った補償を取捨選択することが大事
  • ランキングで評判をチェックしてみる
  • 一括見積もりで各社の比較がネットで簡単にできる

自分の保険料の相場は分かりましたか?

まだ分からない、知りたいというあなたは、ぜひ無料一括見積もりを試してみてくださいね。

自動車保険を無料で一括見積もりをする

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

本当に得する保険会社をチェックする↓
自動車保険ランキング