フリードとヴォクシーを徹底比較!ライバル同士のミニバンの違いは?

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する

えりか
ん~。

ここあちゃん
えりか。どうしたの?

えりか
ミニバンって人気なんでしょ?

最近フリードとヴォクシーに乗せてもらう機会があったの。

そしたら、乗り心地がよくて、いろいろ気になっちゃって。

ここあちゃん
ミニバンはたしかに人気だね!

なにが気になるの?

えりか

フリードもヴォクシーって見た目はもちろん違うんだけど、

他にも違いがあるのかなって。

ここあちゃん
色々あるよ!

じゃあ今から紹介しよう!

フリードとヴォクシーの基本情報

フリード

引用:HONDA公式HPより

フリードは、HONDAから販売されている6~7人乗り用ミニバンです。

2008年に販売が開始されています。

2008年の下半期には、ミニバンの販売台数1位になりました。

従来の常識や定石にとらわれないどこまでも自由な発想を追い求めたクルマで、フリードという名前はfreedom(自由)からの造語が由来しています。

free(自由な)+do(行動する)という意味も込められています。

ヴォクシー

引用:TOYOTA公式HPより

ヴォクシーは、TOYOTAから販売されている7~8人乗り用のミニバンです。

2001年に販売が開始されました。

2018年には、ミニバンの販売台数1位になりました。

ヴォクシーという名前の語源はVOX(言葉・声)で「箱型」の意味をもつBOXYを連想させています。

若々しい響きの語感から命名されました。

えりか
へぇ~。両方とも販売台数1位になった事があるんだね!

ここあちゃん
そうだよ!どっちも人気のミニバンなんだよ!

さぁ、次はこの2台を比較してみよう!

 

フリードとヴォクシーの値段を比較する

ここあちゃん
まずは、それぞれの主要グレードの値段についてみてみよう。

車種詳細値段(税込み)
フリードB

(ガソリン)

2WD/6人乗り199万7,600円~
フリードG

HYBRID CROSSTAR

2WD/6人乗り278万1,900円~
車種詳細値段
ヴォクシー ZS

(ガソリン)

2WD/7人乗り281万3,800円~
ヴォクシー

HYBRID ZS

2WD/7人乗り334万7,300円~
えりか
フリードの方が少し安い印象だね。

ここあちゃん
そうだね。

でも、グレードの違いやオプションによっても値段は変わってくるよ

フリードとヴォクシーの燃費を比較する

ここあちゃん
燃費についても比較してみよう。
車種詳細燃費
フリード ハイブリッド2WD18.52km/L
4WD17,95km/L
      ガソリン2WD13、85km/L
4WD15,38km/L
車種詳細燃費
ヴォクシー ハイブリッド16,76~16,91km/L
      ガソリン2WD11,24~12,15km/L
4WD10,15km/L

えりか
燃費は、フリードの方が若干いいんだね~。

フリードとヴォクシーの室内を比較する

ここあちゃん
次は室内を比較してみよう!

魅力的な部分が両車沢山あるよ。

フリードの室内

ここあちゃん
フリードの室内はHONDAの「人のためのスペースは最大に、メカスペースは最小に」という考えを反映していて、ゆったりと快適に過ごせる室内になっているよ。
  • 足元にも、広いスペースを確保

引用:HONDA公式HPより

ここあちゃん
1列目のシートの背面部分の形が工夫されているんだ。
えりか
足元が広いことで、長距離の移動でも、足の辛さが軽減されるね。

ここあちゃん
2列目のシートもスライドできる幅が36cmと広くなっているよ。
  • 移動が楽なシート配置

引用:HONDA公式HPより

ここあちゃん
6人乗りシートは2列目がキャプテンシートとなっていて1づつ席が独立しているんだ。

真ん中に通路ができているから、1回1回外にでなくても、1列目から3列目まで移動ができるようになっているよ。

えりか
そういえば、私が乗った時は2列目にチャイルドシートがつんであったんだけど、シートをたたまなくてもそのまま3列目に乗り込めたよ!。
ここあちゃん
7人乗りはキャプテンシートではなくベンチシートタイプになるから注意してね。

 

  • 2列目以降も振り向かずに確認できる室内確認用ミラー

引用:HONDA公式HPより

ここあちゃん
このミラーがあれば、後ろの席の様子をいちいち振り向いて確認しなくていいんだよ。
えりか
後ろに座っている子どもや家族の様子をすぐに確認できて便利だね。
オプション設定やグレード設定次第で次の項目も追加できます

  • フロントドアガラスとフロントウインドウガラスは、紫外線と暑さをカットしてくれるガラス

どうしても運転席に座っていると、紫外線や日光を浴びてしまうけれども、これだと日焼け止めを塗らなくても、紫外線からガラスで肌を守れますね。

  • エアコンをプラズマクラスター搭載のエアコン

引用:HONDA公式HPより

よくエアコンの送風口につける消臭剤がありますが、それをつけなくても、エアコン自体に脱臭、空気洗浄の機能がついています。

  • 運転席と助手席のシートは、ヒーターを装備

引用:HONDA公式HPより

えりか
寒い日はエアコンの暖房が効くまで時間がかかったりするから背中から身体を暖めてくれるって嬉しいね。

ここあちゃん
フリードには、室内を快適に過ごす工夫が沢山あるんだよ!

ヴォクシーの室内

ここあちゃん
ヴォクシーも魅力的な機能が沢山あるから、今から紹介するね!
  • 乗り降りしやすい、ゆったりとした室内

引用:TOYOTA公式HPより

  1. 床が地面から36cmに設計されていて、低いから乗り降りがしやすくなっている。
  2. レバー1つで、シートを動かせ、最大81cmも後ろにスライドできる。
  3. 室内の高さは140cmで圧迫感のない室内になっている。

えりか
そういえば、ヴォクシーに乗ったとき、すごく天井が高かったのを覚えてるよ!

乗り降りするときも地面が近くて安心だったよ!

  • 真ん中の通路で、移動も楽々

引用:TOYOTA公式HPより

ここあちゃん
フリードと同様に2列目が、1席づつ独立したタイプなら、真ん中に通路ができているから、1回1回外にでなくても、1列目から3列目まで移動ができるようになっているよ。
えりか
私が乗ったヴォクシーはベンチシートタイプだったけれど、ヴォクシーも1席づつ独立したタイプがあるんだね!
  • 広い荷室

引用:TOYOTA公式HPより

ここあちゃん
2列目のシートは58cmも前にスライドできるんだ。

3列目のシートもたたむと、広い荷室を確保できるよ。

えりか
沢山荷物を乗せたりする人には、もってこいだね!

ここあちゃん
さらに、荷室の床の下にも収納があるから大きな荷物を収納できるよ!
  • 収納スペースの多さ

引用:TOYOTA公式HPより

 

えりか
すご~い!こんなに収納があれば、色々車内に持ち込めるね。
オプション設定やグレード設定次第で次の項目も追加できます

  • エアコンから肌や髪に良いイオン「ナノイー」がでる

引用:TOYOTA公式HPより

運転席側のエアコンから「ナノイー」がでてきて空気を綺麗にしてくれるよ。運転しながら髪も肌も潤いケアができます。

  • 紫外線を99%もカット、暑さもカットしてくれるガラス

引用:TOYOTA公式HPより

フロントドア、スライドドア、リヤクォーターのガラスは、紫外線を99%カットします。

フロントガラスは、暑さも軽減してくれます。

  • 運転席と助手席は、シートにヒーターがついている。

引用:TOYOTA公式HPより

シートにヒーターがついていて背中から体を温めてくれます。

HIモードとLOモードがあり、暖かさを調節できます

えりか
うわぁ~。

なんだか、フリードもヴォクシーも魅力的な機能がいっぱいでびっくり!

ここあちゃん
そうだよ!両方室内で快適に過ごせる工夫がいっぱいなんだ!
えりか
フリードは広々乗れる室内が快適そうだし、ヴォクシー収納の多さが魅力的だね!
ここあちゃん
でも、グレードごとに標準装備の内容も違うから、グレードを選ぶときに欲しい装備がきちんとついているか確認してね。

 

フリードとヴォクシーの安全機能を比較する

ここあちゃん
車に乗るうえで、安全機能は重要な部分だね!

フリードとヴォクシーの安全機能について見てみよう!

フリードの安全機能

引用:HONDA公式HP

ここあちゃん
平成28年に予防安全評価で高い評価を得ているんだ。
えりか
安全性について高い評価があるのは安心だね。

引用:HONDA公式HPより

ここあちゃん
すべてのタイプがサポカー補助金の対象にもなっているから安全性に対するモチベーションアップにもなるね。
サポカー補助金とは

65歳以上の人が、安全運転サポート車を買うときに10万円を交付してくれる補助金制度です。

ただし、条件があるので事前に確認しましょう。

ここあちゃん
どんな予防安全機能があるのか詳しくみてみよう。
  • HONDAsensing事故回避システムを搭載

引用:HONDA公式HPより

  1. ぶつかりそうになったら音でお知らせしてくれ、衝突軽減ブレーキが作動する。
  2. 間違ってアクセルをふんで、前の車にぶつかりそうになったら、誤抑制機能が作動する。
  3. 歩行者車の近くにいたら音でお知らせしてくれる
  4. 前の車の発進にきづかなかったとき音でお知らせしてくれる。
  5. 標識の認識機能がある。
  6. 車線からはみ出さないように、自動で調節してくれる。
  7. 適切な車間距離を保ってくれる。
  8. ふらつかないようにしてくれる。
  9. 間違えてバックをしたときなど、音で知らせてくれる。
  • 周りの明るさを感知して、自動でヘッドライトを点灯

引用:HONDA公式HP

えりか
昼間のトンネルに入った時などでも、つけ忘れを防げるね。
  • 急ブレーキ時のハザードランプも自動で高速点灯

引用:HONDA公式HP

ここあちゃん
走っているときに、急ブレーキをふんでしまう事もあるよね。

そんな時に、ブレーキランプの点灯だけではなく、ハザードランプも自動で高速点灯するよ。

えりか
後ろからの追突予防になるね。

ここあちゃん
HONDAsensingっていうのが、特徴だね!

ヴォクシーの安全機能

ここあちゃん
ヴォクシーにはToyota Safety Senseという衝突回避支援パッケージがついているよ。
  1. 衝突しそうになったら、音で知らせてくれる。
  2. ブレーキを踏む力が弱くても、ちゃんとブレーキが効く
  3. 衝突しそうになった時、ブレーキが踏めなかったとしても、自動ブレーキによって衝突を軽減。作動には一定の条件があるので安心。
  4. ウインカーを操作せずに、車線からはみだしそうになった時、音とディスプレイで危険を知らせてくれる
  5. 周囲の明るさを検知して、自動でハイビームにしてくれる。夜の歩行者の早期発見に役立つ。
  6. 前の車が発進した時、音で知らせてくれる。

引用:TOYOTA公式HPより

ここあちゃん
バックで駐車するときなど、後ろの壁を検知して、近づいたら音で知らせてくれるんだよ。

なんとガラスでも検知可能なんだ!

えりか
ガラスって見えづらいときもあるから心強いね。
ここあちゃん
他にも、まだまだ予防安全機能がたくさんあるよ!
  • シートがといって、むちうちにあったとしても被害を軽減してくれる、WILコンセプトシートになっている。
  • エアバッグも7つもついていて、室内の安全を守ってくれる。

引用:TOYOTA公式HPより

  • ボンネット、カウル。フェンダー、バンパーは衝撃吸収構造でできていて、歩行者への傷害も軽減してくれる。

引用:TOYOTA公式HPより

ここあちゃん
ヴォクシーはToyota Safety Senseっていうのが、特徴だね!

えりか
安全機能も両方ばっちりなんだね~。人気のミニバンって言われているだけあるね。

フリードとヴォクシーを徹底比較!ライバル同士のミニバンの違いは?まとめ

  • 値段はタイプやグレードにより異なるがフリードのほうが安く、ヴォクシーのほうが高め。
  • 燃費はフリードの方がやや良い
  • フリードはゆったりとした室内空間、ヴォクシーは収納の多さが印象的
  • 両方の車に、室内を快適に過ごす為の機能が色々備わっている
  • 安全機能はどちらの車も沢山ついていて安心

 

えりか
フリードヴォクシーについて、色々見たけど、どっちも劣らず、やっぱり魅力的だなぁ~。

ここあちゃん
そうだね~。両方販売台数1位を獲得しているだけのことはあるね。

えりか
もし、ミニバンを買うってなったら迷っちゃうね。

ここあちゃん
迷っちゃうよ。両方とも多機能で、快適性バッチリだったね。

まだまだ迷っちゃう人は実際に試乗車に乗ってみるのもいいかもね!

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

本当に得する保険会社をチェックする↓
自動車保険ランキング