最上級車「シトエロン XM」を紹介!

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する
えりか
ここあちゃん、他人に自慢できるようなレア感のある車って何かないかな?
ここあちゃん
レア感か……特別販売期間が短かいわけではないけど、約20年前に販売が終了した車ならあるよ。

「シトロエンのXM」個性的な車だからすぐに覚えられると思うよ。

えりか
シトロエンのXMね…早くレアな車知りたい!

シトロエンXMとは?

シトロエンXMとは?

フランスの自動車会社シトロエンが1989年に開発し、販売されていたシトロエンの最上級車で、

フラッグシップとしてCXの後を継いで誕生しました。

またシトロエンとしてGS、CXに続き3度目の1990年に欧州カーオブサイヤーを受賞しています。

シトロエン伝統の「ハイドラクティブ サスペンション」も搭載し、販売終了から20年経った今でも多くのファンを抱えています。

ここあちゃん
あとは大統領の専用車として採用されたことも有名だね。

近未来風の角ばった外見が素直にカッコいい。

えりか
確かに大統領が乗ってそうな雰囲気ある…。

サスペンション

シトロエンXMにはハイドロニューマチックを進化させ電子制御化した「ハイドラクティブ」が搭載されています。

前後サスペンションの頭頂部に備えられた4個のスフェアに前後1個ずつスフェアを足して(合計6個のスフェアを持っています)それらを電子制御でコントロールするという機能です。

えりか
はいどらくてぃぶ?それは以前のサスペンションと何が違うの?
ここあちゃん
以前のハイドロニューマチックは乗り心地の良さとタイヤの接地性の両立ができてたんだ。

でも、横方向のロールでは意味がなくなってしまうから、ハイドロシトロエンの特徴ともいえる「コーナーで大きくうねりながらクリアしていく」という走行性しか得られなかったんだ。

えりか
高速道路にあるコーナーのうねりとかだよね。
ここあちゃん
スフェアライト内のガスを少なくすればうねりを抑えられるけど、同時に乗り心地の悪化に繋がるという…。
ここあちゃん
そこで4個のスフェアライトの前後に1個ずつスフェアライトを足して、それを電子制御でコントロールすることができるハイドラクティブが誕生したんだ。
えりか
つまり合計6個のライトがあるってことね。
ここあちゃん
さっきいった高速道路のうねりもそうだし、直進性と強力なストロークの無いブレーキが、より高速道路での走行にマッチしてるんだ。

アディッショナルスフェア

アディッショナルスフェアはオイルラインで繋がっています。

通常走行だと6個のスフェアによる良好な乗り心地を生み、急加速、急ブレーキや高速コーナリング時には「アディッショナルスフェア」「ホィールスフェア」よりのオイルが遮断され、ハードモードとなりノーズダイブやロールを抑える働きをし、乗り心地と走行性の両立を達成しています。

ここあちゃん
初期型にはシート間に「ノーマル」「スポーツ」のモード切り替えスイッチがあって、

ノーマルを選択すればアディッショナルスフェアは走行条件により接続して、スポーツを選択すればアディッショナルスフェアは常に遮断されて、ロール等を抑えたハードな乗り心地に固定されるんだ。

えりか
なんかレトロな感じの車で素敵ね!

だからこそ、現代で走っていたらレア感があるんだろうなぁ。

ここあちゃん
(・・・あれ?気のせいか話が噛み合っていない気がするなぁ)

日本でのシトロエンXM

ここあちゃん
西武自動車販売とユーノスから、1990年から3.0L水冷V型6気筒SOHCで、ガソリンエンジンのXMと至れり尽くせりな豪華装備でサンルーフ付きのXM-Xが輸入されたんだよ。
えりか
うわーそんなに昔から販売されてるんだね。

私がまだ赤ちゃんの時だ…。当時はバブルだったんでしょ?

ここあちゃん
うん、そうだね!(当時を知らないけど)

でもバブルな1990年当時でも爆発的に売れたクルマではなかったんだ。

えりか
なんでだろ…外国車だし高かったから?
ここあちゃん
540万だからそれもあるし何よりBMVやメルセデスベンツなどの他の高級車のライバルが多かったからかな。

一部のマニアではあえてシトロエンXMを選んだりしてたらしいね。

えりか
540万かぁ…。高いけどこういうレアな車に乗ってたらカッコいいよね!

バブルから現代まで販売されてるって相当人気な車種よね。

ここあちゃん
(えりか、完全に勘違いしてるなぁ)

シトロエンXMについてのまとめ

まとめ
  • 大統領の専用車として採用されたこともある
  • ハイドロニューマチックを進化させ電子制御化した「ハイドラクティブ」が搭載されている
  • 初期型にはシート間に「ノーマル」と「スポーツ」のモード切り替えスイッチがあり、簡単に切り替えられる
  • サンルーフ付きの豪華装備で日本でも販売されたが他の高級外国車に敵わなかった
ここあちゃん
やっぱりXMは外観や性能から高速GTの後継として作られていることが分かるね。
えりか
あれ…待って!

確かに超激レアだけど、そもそも販売終了してるから買えないじゃん!

もーう何で言わなかったの!

ここあちゃん
僕はちゃんと販売終了したって言ったよ。(あー聞き逃してるな〜っとは思ってたけど)
えりか
あはは、ごめん。

まぁでも知識が増えたしよかったよ。

ありがとうここあちゃん

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

本当に得する保険会社をチェックする↓
自動車保険ランキング