激レア?シトロエンの最上級車「シトエロン XM」を紹介!

車を買い換える時に、そのまま愛車を下取りに出すと100%カモられます。

私がお得に買い替えた一括査定を知らない人は一生損しつづけますよ。
えりか
私も早くこの方法で買い替えていたらなぁ、と思いました。

一括査定はスマホでたった45秒でできますし、何より無料で査定してもらえるんですよ!

しかも複数の買取業車が勝手に競ってくれるので、あれよあれよと買取額が吊り上がり・・・結果的には何の交渉もしなくても最高額で売ることができました(笑)

ディーラー下取りより18万お得に買い替えられましたよ。
あなたも私と同じようにお得に買い替えてみませんか?私が利用したサイトはこちらになります。

《車買取》無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪
えりか
ここあちゃん、他人に自慢できるようなレア感のある車って何かないかな?
ここあちゃん
レア感か……特別販売期間が短かいわけではないけど、約20年前に販売が終了した車ならあるよ。

「シトロエンのXM」個性的な車だからすぐに覚えられると思うよ。

えりか
シトロエンのXMね…早くレアな車知りたい!

シトロエンXMとは?

シトロエンXMとは?

フランスの自動車会社シトロエンが1989年に開発し、販売されていたシトロエンの最上級車で、

フラッグシップとしてCXの後を継いで誕生しました。

またシトロエンとしてGS、CXに続き3度目の1990年に欧州カーオブサイヤーを受賞しています。

シトロエン伝統の「ハイドラクティブ サスペンション」も搭載し、販売終了から20年経った今でも多くのファンを抱えています。

ここあちゃん
あとは大統領の専用車として採用されたことも有名だね。

近未来風の角ばった外見が素直にカッコいい。

えりか
確かに大統領が乗ってそうな雰囲気ある…。

サスペンション

シトロエンXMにはハイドロニューマチックを進化させ電子制御化した「ハイドラクティブ」が搭載されています。

前後サスペンションの頭頂部に備えられた4個のスフェアに前後1個ずつスフェアを足して(合計6個のスフェアを持っています)それらを電子制御でコントロールするという機能です。

えりか
はいどらくてぃぶ?それは以前のサスペンションと何が違うの?
ここあちゃん
以前のハイドロニューマチックは乗り心地の良さとタイヤの接地性の両立ができてたんだ。

でも、横方向のロールでは意味がなくなってしまうから、ハイドロシトロエンの特徴ともいえる「コーナーで大きくうねりながらクリアしていく」という走行性しか得られなかったんだ。

えりか
高速道路にあるコーナーのうねりとかだよね。
ここあちゃん
スフェアライト内のガスを少なくすればうねりを抑えられるけど、同時に乗り心地の悪化に繋がるという…。
ここあちゃん
そこで4個のスフェアライトの前後に1個ずつスフェアライトを足して、それを電子制御でコントロールすることができるハイドラクティブが誕生したんだ。
えりか
つまり合計6個のライトがあるってことね。
ここあちゃん
さっきいった高速道路のうねりもそうだし、直進性と強力なストロークの無いブレーキが、より高速道路での走行にマッチしてるんだ。

アディッショナルスフェア

アディッショナルスフェアはオイルラインで繋がっています。

通常走行だと6個のスフェアによる良好な乗り心地を生み、急加速、急ブレーキや高速コーナリング時には「アディッショナルスフェア」「ホィールスフェア」よりのオイルが遮断され、ハードモードとなりノーズダイブやロールを抑える働きをし、乗り心地と走行性の両立を達成しています。

ここあちゃん
初期型にはシート間に「ノーマル」「スポーツ」のモード切り替えスイッチがあって、

ノーマルを選択すればアディッショナルスフェアは走行条件により接続して、スポーツを選択すればアディッショナルスフェアは常に遮断されて、ロール等を抑えたハードな乗り心地に固定されるんだ。

えりか
なんかレトロな感じの車で素敵ね!

だからこそ、現代で走っていたらレア感があるんだろうなぁ。

ここあちゃん
(・・・あれ?気のせいか話が噛み合っていない気がするなぁ)

日本でのシトロエンXM

ここあちゃん
西武自動車販売とユーノスから、1990年から3.0L水冷V型6気筒SOHCで、ガソリンエンジンのXMと至れり尽くせりな豪華装備でサンルーフ付きのXM-Xが輸入されたんだよ。
えりか
うわーそんなに昔から販売されてるんだね。

私がまだ赤ちゃんの時だ…。当時はバブルだったんでしょ?

ここあちゃん
うん、そうだね!(当時を知らないけど)

でもバブルな1990年当時でも爆発的に売れたクルマではなかったんだ。

えりか
なんでだろ…外国車だし高かったから?
ここあちゃん
540万だからそれもあるし何よりBMVやメルセデスベンツなどの他の高級車のライバルが多かったからかな。

一部のマニアではあえてシトロエンXMを選んだりしてたらしいね。

えりか
540万かぁ…。高いけどこういうレアな車に乗ってたらカッコいいよね!

バブルから現代まで販売されてるって相当人気な車種よね。

ここあちゃん
(えりか、完全に勘違いしてるなぁ)

シトロエンXMについてのまとめ

まとめ
  • 大統領の専用車として採用されたこともある
  • ハイドロニューマチックを進化させ電子制御化した「ハイドラクティブ」が搭載されている
  • 初期型にはシート間に「ノーマル」と「スポーツ」のモード切り替えスイッチがあり、簡単に切り替えられる
  • サンルーフ付きの豪華装備で日本でも販売されたが他の高級外国車に敵わなかった
ここあちゃん
やっぱりXMは外観や性能から高速GTの後継として作られていることが分かるね。
えりか
あれ…待って!

確かに超激レアだけど、そもそも販売終了してるから買えないじゃん!

もーう何で言わなかったの!

ここあちゃん
僕はちゃんと販売終了したって言ったよ。(あー聞き逃してるな〜っとは思ってたけど)
えりか
あはは、ごめん。

まぁでも知識が増えたしよかったよ。

ありがとうここあちゃん

「車を買い換えよう!」

と思った時に、多くの人はディーラーや販売店に向かいますよね。
えりか
この時、あなたも「できるだけ安く買いたい!」と思いますよね?
私もそうでした。

ちょうどその頃、私も車の買い替えを検討していました。

ですが、私の妹が大切にしていた愛車がタダ同然で引き取られたのを聞いたり、私が以前買い替えた時、自分で中古車販売店を回っていたのがかなり疲れた経験があります。

そういった妹の失敗や自身の経験を教訓にして、今回はできるだけお得に車を買い換える方法を徹底的に調べ、偶然友人から教えてもらったマル秘テクニックも実践した結果、非常に満足する買い替えができました。

えりか
販売員に言われるままに契約したら絶対に損します。

ほんの少しの工夫で、私は18万円もお得に買い替えられました。

ここまで見てくれたあなたにだけ、こっそり私のテクニックを公開しちゃいます!


私が実践したマル秘テクニックについてはこちらで詳しく紹介しております。

ディーラー下取りは損!?お得に車を買い換えるマル秘テクニックとは?

2020年2月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です