ボンネットに傷がつく原因は意外に多い!修理方法も2つ紹介

・車を買うとき、そのまま販売店で車を売ると100%カモられます。

私の場合、直接ディーラーで下取りしたら9万円だったのが
買取査定では55万に。なんと46万も得しました。

断言します。
複数の会社から買取査定の比較をしないと損しますよ。

一括査定すると、買取会社同士が競り合ってくれて
買取額がつり上がっていくからです。

車の査定は、一社だけで見積もると損します。
比較する業者がいないと、必ず最安値の金額を提示されます。

それを知らないまま契約してしまうと、相手の思うつぼですよ。

そんな悲惨な目に合わないために、賢く一括査定を使いましょう。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でスマホでたった45秒で、今スグ愛車の最高額がわかります!

愛車を無料で査定する

いつもきれいに使っている愛車。

洗車していると、知らないうちにボンネットに傷が!?

なんてことはありませんか。

大事に使っている車なのに、傷があるとショックですよね。

しかし、思い返しても原因が分からないと思うこともあるでしょう。

この記事では、ボンネットに傷がつく原因や修理方法について解説していきます。

ボンネットに傷がつく原因とは?

えりか

ある日自分の車を見たら、ボンネットに傷がついていたのよ。

身に覚えがないんだけど。

ここあちゃん
気をつけていても、ボンネットに傷がつく原因はたくさんあるんだ。

飛び石

車が走る道には、大小多くの石が散在しています。

数十キロで走る車がその上を走ると、思っているよりも勢いよく石があらゆる方向に飛んでいきます。

そのため、走行している車の後ろにいると、自分の車のボンネットにめがけて石が飛び、傷がついてしまいます。

ポイント
走行中、気付かないうちに傷がついてしまう!

イタズラ

少しおしゃれだったり、高級な車になると、イタズラに遭うケースもあります。

ボンネットに傷をつけることであれば、車の窓を割るなどよりも手軽にできます。

悲しいことですが、このように故意にボンネットを狙われることについても考えておかないといけません。

ポイント
駐車している間にも、ボンネットを傷つけられている可能性がある!

動物

車を保管する場所の環境によっても、ボンネットに傷がつく恐れがあります。

鳩や野良猫がよくいる地域だと、ボンネットの上にその動物たちが集まることがあります。

ボンネットの上は熱を集めやすく、猫にとって居心地のいい場所になります。

また、鳩もその上に乗ったり、糞を落としたりします。

動物に人気なのは良いですが、それがボンネットだとたまったもんじゃないですね。

ポイント
人以外にも要注意!

ボンネットの傷を修理するには?

えりか
まあ、傷がついても走れなくなるわけじゃないし。そのままにしておこうかしら。
ここあちゃん
それは良くないよ!放っておくと傷口からどんどん腐敗していくこともあるんだ。
えりか
そうなのね。それなら修理した方がいいわね。

小さい傷なら自分で修理

業者に修理してもらっても、ボンネットだとまたすぐに傷つくことがあります。

いちいち持ち込むのが手間で、お金もかけたくないという場合は自分で修理してしまうのも一つの手段です。

挑戦する方は、以下の手順で修理してみましょう。

  1. 傷の部分の汚れを落とす。
  2. コンパウンドで傷口を磨く。
  3. 傷を囲むようにして、テープを貼る。
  4. 傷口に沿って、タッチアップペンで色を塗る。これを複数回繰り返す。
  5. 乾かした後にワックスをかける。

大きい傷は業者に持ち込んで修理

安くで済ませたいと思っても、自分で修理するには限度があります。

ボンネットの大きい傷に関しては、業者に任せるようにしましょう。

金額は傷の程度によって変わりますが、10センチ以内だと約4万円、へこみだと5万円近くです。

軽い傷でも1万円以上はかかると認識しておきましょう。

補足

傷の修復では直せない、傷口からボンネットが腐敗してきているなどの場合はボンネット交換になります。

そうなると、6万円から、高いものだと10万円以上になることもあります。

ボンネットの傷の修理を起こさないための対策法

もうお分かりですね。

ボンネットの傷は、大きいものでも小さいものでもとても面倒です。

えりか
気をつけて使っていても、ボンネットの傷は防ぎようがないじゃない。

そんな声も多く聞こえてきます。

しかし、為す術がないというわけではありません。

今後の車の利用方法を変えることで、改善される可能性もあります。

もし、ボンネットの傷に悩んでいるのなら、以下の3点を心がけてみましょう。

  • 前方との車間距離を開けて車を走行する。
  • ゆっくり車を走行する。
  • 駐車している時は、ボンネットの上に布などをかぶせておく。

前の車との車間距離が短く、なおかつスピードも出して走行すると、勢いよく石が飛んできます。

また、駐車時の目についていない間に何かあってもどうすることもできません。

ボンネットの上に何か被せておくだけでも、効果はあることでしょう。

ポイント
以前までの車の利用方法を振り返って、改善してみよう。

まとめ・ボンネットに傷がつく原因は意外に多い!修理方法も2つ紹介

ボンネットは車の中でも一番傷がつきやすいパーツです。

原因は様々ありますが、走行中だと飛び石によって傷ができる場合があります。

駐車している間でも、猫などの動物がボンネットの上に乗って傷が付いたり、イタズラで傷つけられることもあります。

ボンネットに傷がついた場合は、小さい傷だと自分で修理、大きい傷だと業者に修理依頼のいずれかになります。

しかし、いずれにしても時間とお金はかかります。

このような面倒ごとを少なくするためにも、以下の3つの対策をしましょう。

  • 前方との車間距離を開けて車を走行する。
  • ゆっくり車を走行する。
  • 駐車している時は、ボンネットの上に布などをかぶせておく。

ボンネットは一番目立つ箇所なので、傷がつくと気分も下がります。

修理の原因を作らないためにも、以前までの車の使い方を振り返ってみましょう。

お得に車を買い換えたい方必見のマル秘テクニック(買取額46万UP)

あなたは車を買い換えるとき、愛車の下取りはどこに出しますか?
もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?
それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に、
一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ(笑)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが、一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。
無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!
愛車を無料で査定する

自動車保険を安くする裏技とは?

自動車保険を見直して、最大5万円トクした人も!?

あなたが今入っている自動車保険
「これが一番オトクなプランだ!」
と胸を張って言えますか?

気づかず損をしているかも知れませんよ?

本当に得する保険会社をチェックする↓
自動車保険ランキング